平成2年梅雨前線豪雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
平成2年梅雨前線豪雨
発災日時 1990年6月2日 - 7月22日
災害の気象要因 梅雨前線
気象記録
最多雨量 日降水量が阿蘇乙姫(熊本県阿蘇町)で448mm
人的被害
死者
32人
負傷者
109人
建物等被害
全壊
219棟
半壊
290棟
床上浸水
10,186棟
床下浸水
39,419棟
出典: [1]
テンプレートを表示

平成2年梅雨前線豪雨(へいせい2ねんばいうぜんせんごうう)は、1990年6月から7月にかけて、梅雨前線の影響で発生した豪雨である。

概要[編集]

1990年の梅雨は、梅雨入り・梅雨明けは一部を除いてほぼ平年並みであり、期間全体で見れば、降水量は九州東北地方で多かったほかは、平年の70%程度で、関東甲信では50%と少なかったが、九州・東北地方を中心にしばしば大雨が発生した[1]

6月27日には、北陸地方から東北地方南部にあった前線上を低気圧が東進したため、山形県遊佐町鳥海山で日降水量392mmとなったほか、山形秋田宮城の各県で日降水量100~200mmとなり、浸水などの被害が発生した[1]

6月28日から7月3日にかけては、前線が停滞した九州地方で大雨となった。特に7月2日には、阿蘇乙姫(熊本県阿蘇町)で日降水量448mmを観測したほか、熊本県と佐賀県、長崎県の一部で日降水量が300mmを超えた。このため、土砂崩れや浸水等により大きな被害となった[1]

被害[編集]

九州を中心に大きな被害を受けた。一連の豪雨により、全国で死者32人・109人の人的被害が出たほか、建物等被害は全壊219棟・半壊290棟・床上浸水10,186棟・床下浸水39,419棟となった[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 梅雨前線 平成2年(1990年) 6月2日~7月22日”. 災害をもたらした気象事例. 気象庁. 2020年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月25日閲覧。