平成23年台風第11号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
台風第11号(Nanmadol、ナンマドル)
カテゴリー5の スーパー・タイフーンSSHWS
台風第11号
台風第11号
発生期間 2011年8月23日 21:00
- 8月31日 15:00(JST)
寿命 7日間18時間
最低気圧 925hPa
最大風速
(日気象庁解析)
50m/s(100kt)
最大風速
米海軍解析)
140kt
死傷者数 フィリピン
 死亡 : 35人 行方不明 : 8人
中国
 死亡 : 2人 行方不明 : 4人
被害地域 フィリピン
台湾
中国
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

平成23年台風第11号(へいせい23ねんたいふうだい11ごう、アジア名:ナンマドル〔Nanmadol、命名国:ミクロネシア、由来:ナンマトル遺跡〕)は、2011年8月23日に発生した台風である。

概要[編集]

2011年11個目の台風である。

8月23日午後9時、フィリピンの東の海上で熱帯低気圧が台風となった。その後急速に発達し26日に非常に強い台風となった。動きが非常に遅いのが特徴である。

進路の経過[編集]

台風の進路
  • 8月23日午後9時、フィリピンの東の海上で発生。
  • 8月26日、フィリピンの東を非常にゆっくりとしたスピードで非常に強い台風になる。
  • 8月29日、台湾台東県大武郷付近に上陸[1]
  • 8月31日午後3時、中国華南で熱帯低気圧に変わる。
  • 9月1日午前3時、熱帯低気圧が消滅し、低圧部となる(天気図上の低気圧は事後解析により温帯低気圧扱いせず)。
  • 9月2日午後6時、熱帯低気圧から変わった低圧部が天気図上より消滅。

影響・被害[編集]

フィリピン[編集]

パンガシナン州では台風による地すべりで2人が死亡するなど[2]、35人が死亡し、8人が行方不明となった[3]

台湾[編集]

中国[編集]

福建省では台風による大雨により、2人が死亡し、4人が行方不明となった[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]