平成28年台風第14号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
台風第14号
(Meranti、ムーランティ)
カテゴリー5の スーパー・タイフーンSSHWS
衛星画像(2016年9月13日)
衛星画像(2016年9月13日)
発生期間 2016年(平成28年)9月10日6時(UTC) – 9月15日12時(UTC)
寿命 5日6時間
最低気圧 890 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
120kt
被害総額 47億9,000万ドル (2016 USドル)
平均速度 22.6 km/h
移動距離 2,849 km
上陸地点 中国福建省廈門市の近郊
死傷者数 死者47人
被害地域 フィリピン台湾中国韓国 など
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

平成28年台風第14号(へいせい28ねんたいふうだい14ごう、アジア名:ムーランティ[1][2]、フィリピン名:フェルディー)は、2016年(平成28年)9月に発生し、台湾や華南等に大きな被害を出した台風である。同年に発生した台風の中では最も勢力が強いものであり、2013年台風30号以来3年ぶりに、900hPaを下回る中心気圧を正式に記録した[3]

概要[編集]

進路図

2016年9月7日14時30分(協定世界時9月7日5時30分)、合同台風警報センター(JTWC)は、グアム島の南方海上で発生した低気圧98Wが急速に発達したことから、熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発表して警戒を開始した[4]気象庁は9月8日3時(協定世界時9月7日18時)に、低気圧は熱帯低気圧へ成長したと判断。合同台風警報センターは熱帯低気圧番号16Wを割り当てて、警戒情報を発表した[5]

16Wは9月10日15時(協定世界時9月10日6時)に、フィリピンの東の海上(北緯14度50分・東経139度10分)で台風(14号)となり、アジア名「ムーランティ(Meranti)」と命名された[2][6]。命名国はマレーシアで、の名前に由来する[6]。14号は11日にフィリピンの監視領域に入ったため、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)はフィリピン名「フェルディー(Ferdie)」と命名した[7]

台風14号は、発生当初は中心気圧1,000 hPa、中心付近の最大風速18m/sであったが、その後西北西に進み続け、12日の21時(協定世界時12日12時)になると、最大風速60m/s(120kt)、最大瞬間風速85m/s(170kt)の猛烈な勢力にまで発達[8]。暴風域の半径は13日の時点で130 kmであった[9]。最盛期を迎えた頃の14号の中心気圧は890 hPaにまで低下しており、アメリカの気象当局は「スーパー台風」であると発表した[8][10][11]アメリカ航空宇宙局(NASA)は13日、気象衛星を使って14号のを撮影し、台風に対する警戒を呼びかけた[12]。なお、合同台風警報センターによる解析では、14号の最大瞬間風速は100mに達していたとされる[11]。速報値の時点でもピーク時の中心気圧は890hPaとされていたが、その後の解析でも、ピーク時の中心気圧は890 hPaであったことが判明したため[13]、900hPa未満となる中心気圧の正式記録は、2013年にフィリピンを襲った台風30号以来初めてとなり、2000年代に入ってからは3回目の事例であった[3][14]

台風14号がバシー海峡を通過する際の気象映像

14号はその後バシー海峡を通過し、14日に台湾南部に最接近[15]。15日未明には、中心気圧945 hPa・最大風速約64mの強い勢力を維持したまま、中国本土の福建省廈門市近郊に上陸[16]。過去に福建省南部に上陸した台風の中では、1949年以来最大規模の勢力であったという[17]。そして15日の21時(協定世界時15日12時)、14号は華南の北緯27度00分・東経117度00分の地点で熱帯低気圧へと変わった[18]

被害[編集]

強風に見舞われる高雄市内 台風によって大被害を受けた廈門市内
強風に見舞われる高雄市内
台風によって大被害を受けた廈門市内

9月13日に台風が接近したフィリピン北部(バタネス州など)では、300棟近くの家屋が倒壊し、900棟以上の家屋が被害を受けたと報告されている。

9月14日に台風が接近した台湾では、少なくとも2人の死亡が確認されたほか、100万世帯が停電、72万世帯が断水するといった事態となった[19][20]。各地で暴風や豪雨等が相次いだことにより、台東県では小さな灯台が崩壊し、高雄市西子湾では転覆した漁船も見つかった[21]。現地の中央気象局は、恒春鎮の観測所では120年の観測史上最大の風速を記録したと発表した[21]

さらに中国では、台風の上陸地点でもある福建省や浙江省など華南での被害が特に著しく、福建省では18人が死亡、11人が行方不明となった。同省にあった「」を題材とした巨大なオブジェが風に煽られ、街中を転がる様子が撮影されると、異様な光景として話題となった[22]。なお、中国国内全体での死者数は45人であった。

台風14号による死者数は合計で47人となり、被害総額は47億9,000万ドル(USドル)に達した。

脚注[編集]

  1. ^ 2016 年(平成 28 年)の台風について(確定)”. 気象庁. 2020年4月7日閲覧。
  2. ^ a b デジタル台風:2016年台風14号(ムーランティ|MERANTI)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年3月24日閲覧。
  3. ^ a b 台風14号は890hPaの記録的勢力に。台風16号は3連休に列島直撃の恐れ。(杉江勇次) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年3月24日閲覧。
  4. ^ Tropical Cyclone Formation Alert WTPN21 Issued at 08/0530Z”. 合同台風警報センター. 2016年9月8日閲覧。
  5. ^ Tropical Depression 16W (Sixteen) Warning #01 Issued at 08/2100Z”. 合同台風警報センター. 2016年9月9日閲覧。
  6. ^ a b 台風14号 ムーランティ発生 〈tenki.jp〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット) (20160910T162726+0900). 2020年3月24日閲覧。
  7. ^ News, ABS-CBN. “Tropical storm 'Ferdie' enters PAR” (英語). ABS-CBN News. 2020年3月24日閲覧。
  8. ^ a b 台湾に接近するスーパー台風14号 後を追うように16号も発達 (2016年9月14日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年4月7日閲覧。
  9. ^ デジタル台風:2016年台風14号(ムーランティ|MERANTI)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月7日閲覧。
  10. ^ スーパー台風14号 台湾で約54万世帯が停電に”. news.tv-asahi.co.jp. テレ朝NEWS. 2020年3月24日閲覧。
  11. ^ a b 台風14号は890hPaの記録的勢力に。台風16号は3連休に列島直撃の恐れ。(杉江勇次) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年3月24日閲覧。
  12. ^ 台湾に接近するスーパー台風14号 後を追うように16号も発達 (2016年9月14日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年4月7日閲覧。
  13. ^ 2016年台風第14号 MERANTI (1614) 位置表”. 気象庁. 2020年3月24日閲覧。
  14. ^ 猛烈な台風14号が台湾を直撃、今後華南へ” (日本語). ウェザーニュース. 2020年3月24日閲覧。
  15. ^ 地球上で今年最強の台風14号が、台湾に接近(森さやか) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年3月24日閲覧。
  16. ^ 台風14号:中国・福建に上陸 27人が死亡・不明の被害” (日本語). 毎日新聞. 2020年4月7日閲覧。
  17. ^ 台風14号「ムーランティ」がアモイを襲う_中国網_日本語”. japanese.china.org.cn. 2020年4月7日閲覧。
  18. ^ 「スーパー台風」14号、中国福建省に上陸 過去67年間で最強” (日本語). www.afpbb.com. 2020年3月24日閲覧。
  19. ^ Typhoon Meranti kills one, destroys historic bridge; thousands without power” (英語). UPI. 2020年3月24日閲覧。
  20. ^ Typhoon Meranti kills one, destroys historic bridge; thousands without power” (英語). UPI. 2020年3月24日閲覧。
  21. ^ a b スーパー台風14号、台湾を直撃 21年で最大の勢力” (日本語). www.afpbb.com. 2020年3月24日閲覧。
  22. ^ 【動画】中秋の中国を襲ったスーパー台風、福建省では“月”が転がる異様な光景も―福州市 (2016年9月16日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年3月24日閲覧。