平成3年梅雨前線豪雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平成3年梅雨前線豪雨
発災日時 1991年6月2日 - 8月8日
災害の気象要因 梅雨前線
気象記録
人的被害
死者
4人
負傷者
11人
建物等被害
全壊
7棟
半壊
18棟
床上浸水
1,073棟
床下浸水
94,735棟
出典: 梅雨前線 平成3年6月2日〜8月8日 - 気象庁
テンプレートを表示

平成3年梅雨前線豪雨(へいせい3ねんばいうぜんせんごうう)は、1991年6月から8月にかけて、梅雨前線の影響で発生した豪雨である。梅雨前線の活動が長期間活発であったため、各地に被害が出た。

概要[編集]

1991年の梅雨入りは、北陸地方及び東北地方南部で平年並みであったほかは、1週間程度またはそれ以上早かった地域が多かった[1]。 梅雨明けは、九州地方南部では平年より早く、北陸地方及び東北地方では平年より遅く、その他の地方では平年並みであった。 梅雨期間の降水量は、沖縄奄美地方ではかなり少なかったが、その他の地方では平年並みか、あるいは平年より多い所が多く、北陸地方から東北地方にかけては平年の2倍程度の所が多かった[1]。 5月6日に沖縄地方及び奄美地方が海雨入りし、梅雨前線が日本付近に停滞するようになった。 5月下旬からは梅雨前線の活動が日本付近で活発化し、8月中旬の北陸・東北地方北部の梅雨明けまで、梅雨前線は日本付近で北上・南下・盛衰を繰り返し、各地に大雨をもたらした[1]。 梅雨前線の一時的な南下により、梅雨明け後も大雨となった地域が多かった。 また、この間7月27日から30日にかけて、台風9号が沖縄付近から九州西方海上を北上し、日本海へと進んで、西日本各地に大雨と暴風をもたらした。 このように、梅雨前線の活動が長期間活発であったため、各地に大きな被害をもたらした[1]

被害[編集]

一連の豪雨により、全国で死者4人・負傷者11人の人的被害となったほか、建物等被害は全壊7棟・半壊18棟・床上浸水1,073棟・床下浸水94,735棟となった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 梅雨前線 平成3年(1991年) 6月2日~8月8日”. www.data.jma.go.jp. 2020年6月12日閲覧。