平時継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
平時継
時代 鎌倉時代中期
生誕 貞応元年(1222年
死没 永仁2年7月10日1294年8月2日
官位 正二位権大納言
主君 後深草天皇
氏族 桓武平氏高棟
父母 父:平有親
正室:高階経雅娘
忠世、経親
テンプレートを表示

平 時継(たいら の ときつぐ)は、鎌倉時代中期の公卿桓武平氏高棟流、参議平有親の子。官位正二位権大納言

経歴[編集]

建長4年(1252年)に蔵人頭となり、治部卿宮内卿などを歴任後、建長7年(1255年)に参議となる。正嘉元年(1257年)に正三位に叙され、文永3年(1266年)に正二位に叙され、文永6年(1269年)に権中納言となるが同年中に辞任。

亀山天皇への譲位後、不遇であった後深草天皇に仕えた数少ない側近であり、弘安10年(1287年)の伏見天皇の即位に伴う後深草上皇院政開始によって一躍院近臣の筆頭として院執権、伝奏、評定衆を歴任、正応2年(1289年)には彼の家系では異例の権大納言に昇進した。翌年2月11日、辞任して出家する。

系譜[編集]

  • 父:平有親
  • 母:不詳
  • 正室:修理大夫高階経雅の娘
  • 生母不明の子女
    • 男子:平忠世
    • 男子:平経親

参考文献[編集]

  • 本郷和人「平時継」(『朝日日本歴史人物事典』(朝日新聞社、1994年) ISBN 978-4-02-340052-8)
  • 本郷和人「廷臣小伝」(『中世朝廷訴訟の研究』(東京大学出版会、1995年) ISBN 978-4-13-020107-0)