平松譲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

平松 譲(ひらまつ ゆずる、1914年4月13日 - 2013年7月21日)は、日本の洋画家

人物[編集]

東京都三宅島出身。白日会会員として白日会展において中沢賞、内閣総理大臣賞を受賞。日展文部大臣賞を受賞。

1992年に『TOKYO』で日本芸術院賞を受賞し[1]、1995年に日本芸術院会員となる。元日展顧問[1]

三宅島出身ということもあり、風景画を得意としていた。

2013年7月21日、急性肺炎により死去[1]。99歳没。

脚注[編集]

  1. ^ a b c “平松譲氏が死去 洋画家、日本芸術院会員”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2013年7月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2701Y_X20C13A7CC1000/ 2016年11月8日閲覧。