平林章仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

平林 章仁(ひらばやし あきひと、1948年4月17日[1][2] - )は、日本史学者、龍谷大学元教授。専門は日本古代史、特に神話・古代宗教・氏族など。

奈良県五條市木ノ原町生まれ[3]。1971年龍谷大学文学部史学科卒業。龍谷大学仏教文化研究所客員研究員、奈良県王寺町史編纂委員を経て、龍谷大学文学部教授[4]。2017年に退官。2002年「古代日本の王家と氏族の研究」で皇學館大学文学博士。編集者の平林緑萌は息子。

著書[編集]

  • 『鹿と鳥の文化史 古代日本の儀礼と呪術』白水社 1992
  • 『橋と遊びの文化史』白水社 1994
  • 蘇我氏の実像と葛城氏』白水社 1996
  • 『七夕と相撲の古代史』白水社 1998
  • 三輪山の古代史』白水社 2000
  • 『七世紀の古代史 王宮・クラ・寺院』白水社 2002
  • 『神々と肉食の古代史』吉川弘文館 2007
  • 『謎の古代豪族葛城氏祥伝社新書 2013
  • 『天皇はいつから天皇になったか?』祥伝社新書 2015
  • 『蘇我氏の研究』雄山閣 2016
  • 『「日の御子」の古代史』塙書房 2015
  • 『蘇我氏と馬飼集団の謎』祥伝社新書 2017

共著・監修[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『文化人名簿』第25版
  2. ^ 龍谷大学教員
  3. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.339
  4. ^ 『現代日本人名録』2002年