平沼専蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平沼専蔵

平沼 専蔵(專藏、ひらぬま せんぞう、1836年2月18日(天保7年1月2日[1])- 1913年大正2年)4月6日[1][2])は、日本の実業家政治家衆議院議員貴族院多額納税者議員

経歴[編集]

武蔵国高麗郡飯能村(のち埼玉県入間郡飯能町、現飯能市)で、平沼安兵衛の三男として生まれる[1][3]。7歳で足袋屋へ奉公に出る[1]安政6年(1859年千住宿の材木商に移り[1]、さらに横浜本町の海産物商明石屋平蔵商店に勤めた[3][4][注 1]

慶応元年(1865年[注 2]に独立し本町4丁目に羅紗唐桟の取引商を始めた[3][4][注 3]1878年、生糸売込問屋芝屋清五郎商店の業務を引き継いで、土地売買、株式投資にも事業を拡大した[3][4]1890年、横浜銀行[注 4]、金叶貯蓄銀行(のち平沼貯蓄銀行、1910年解散)を、1911年に平沼銀行を設立して、各頭取に就任した[3][4]。その他、横浜引取所歩合金取締役、第二十七国立銀行取締役、横浜共同電灯会社取締役、東京瓦斯紡績会社取締役、横浜蚕糸銀行取締役、日本絹綿紡績会社取締役、横浜株式取引所頭取、横浜洋糸織物引取商組合頭取、横浜綿糸織物引取商組合頭取、横浜商業会議所議員などを務めた[2]

政界では、神奈川県会議員、横浜市会議員、同参事会員、横浜市水道事務所長[注 5]などを歴任[2]1900年11月29日、貴族院多額納税者議員に就任[5]したが、華族に対する高利貨としての悪評により華族議員を中心とした同僚議員からの忌避のため[6]1901年9月16日、議員を辞職した[7][8]1902年8月、第7回衆議院議員総選挙で神奈川県横浜市選挙区から立憲政友会所属で出馬して当選し、衆議院議員を一期務めた[2]

また、1911年、武蔵野鉄道(西武鉄道)が池袋と飯能間の鉄道を計画し、その大株主となって初代社長を務めた[1]

逸話[編集]

「強欲非道の高利貸」との批判を受けていたが[4]1898年に私立平沼小学校を創設して貧困層の子弟の教育に尽くすなど慈善事業を行った[4][6]

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『埼玉人物事典』672頁では「石灰商で支配人」、『人物と事業』96頁では「石炭商渡辺治右衛門に雇役」。
  2. ^ 『埼玉人物事典』672頁では元治元年(1864年)。
  3. ^ 『埼玉人物事典』672頁では平専石灰店。
  4. ^ 現在の横浜銀行とは異なる。
  5. ^ 『神奈川県史 別編1』618頁、『神奈川県百科事典』[本編]729頁では横浜市水道局長。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『埼玉人物事典』672頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』537頁。
  3. ^ a b c d e 『神奈川県史 別編1』617-618頁。
  4. ^ a b c d e f 『神奈川県百科事典』[本編]、729頁。
  5. ^ 『官報』第5225号、明治33年11月30日。
  6. ^ a b 『人物と事業』95-99頁。
  7. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』218頁。
  8. ^ 『官報』第5464号、明治34年9月17日。
  9. ^ 『官報』第1694号「彙報」1889年2月25日。

参考文献[編集]

  • 埼玉県教育委員会編『埼玉人物事典』埼玉県、1998年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 神奈川県県民部県史編集室編『神奈川県史 別編1』人物 : 神奈川県歴史人名事典、神奈川県、1983年。
  • 神奈川県百科事典刊行会編『神奈川県百科事典』[本編] 大和書房、1983年。
  • 石尾信太郎編『人物と事業』大日本家業学会、1903年。