平田隆一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

平田 隆一(ひらた りゅういち、1936年11月27日 - )は、日本の西洋史学者、東北大学名誉教授。

宮城県生まれ。東北大学文学部史学科卒、同大学院博士課程中退。1961-64年 ローマ大学留学(イタリア政府給費留学生)。1982年「エトルスキ国制の研究」で文学博士東北学院大学助教授、東北大学教養部助教授、国際文化研究科教授、2000年定年退官、名誉教授、東北学院大学教授、2010年退任。1982年『エトルスキ国制の研究』でマルコ・ポーロ賞受賞[1]

著書[編集]

  • L'Onomastica Falisca e i suoi Rapporti con la Latina e l'Etrusca, Leo S. Olschki, 1967
  • 『エトルスキ国制の研究』南窓社 1982
共編
『支配における正義と不正 ギリシアとローマの場合』松本宣郎共編 南窓社 キリスト教歴史双書 1994

翻訳[編集]

  • ロベルト・カルーシ『カラー版世界の文豪叢書 [13] イプセン評論社 1976
  • エンツォ・オルランディ編『カラー版世界の文豪叢書 [6] マーク・トウェーン』評論社 1976
  • ドーラ・ジェーン・ハンブリン『エトルリアの興亡』タイムライフブックス ライフ人類100万年 1977
  • ドミニク・ブリケル『エトルリア人 ローマの先住民族 起源・文明・言語』斎藤かぐみ訳 監修 白水社 文庫クセジュ 2009

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年