平石好伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

平石 好伸(ひらいし よしのぶ)は、日本外交官2014年平成26年)4月15日からジンバブエ駐箚特命全権大使2017年平成29年)2月21日からチリ駐箚特命全権大使。

経歴・人物[編集]

東京都出身。1980年(昭和55年)早稲田大学政治経済学部を卒業して、外務省に入省する。1983年ケンブリッジ大学修士号取得。 参議院事務局国際部副部長、内閣府国際平和協力本部事務局参事官タイ王国公使軍縮会議政府代表部公使を経て、2012年(平成24年)4月、国家公務員共済組合連合会常任監事。2014年平成26年)4月15日からジンバブエ駐箚特命全権大使[1][2]2017年平成29年)2月21日からチリ駐箚特命全権大使[3]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) ブルネイ大使、伊岐氏を起用 平石 好伸氏(ひらいし・よしのぶ=ジンバブエ大使)”. 日本経済新聞 NIKKEI.NET (2014年4月15日). 2014年7月11日閲覧。
  2. ^ [1]
  3. ^ 「チリ大使に平石氏」日本経済新聞2017/2/21
  • (日本語)大使挨拶(在ジンバブエ日本国大使館ホームページ)