平等文成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

平等 文成(びょうどう ぶんじょう、1907年明治40年)3月17日 - 1970年昭和45年)12月12日))は、衆議院議員日本社会党)、歴史学者。選挙には「びょうどう ぶんせい」の読みで出馬した。

来歴[編集]

神奈川県横浜市出身。東京帝国大学文学部卒業。中国大陸に渡り、興亜院華北連絡部に勤務。新民学院や北京大学教授などを歴任し、東洋史の研究に従事する。第二次世界大戦後、長野県北佐久郡軽井沢町浅間山麓に入植し、農民運動を始め、全日本農民組合中央常任委員、同国際部長、同長野県連合会委員長、日本社会党長野県本部統制委員長、私学新報社長などを歴任した。

昭和42年(1967年)第31回衆議院議員総選挙長野県第2区から出馬し、当選した。

出典[編集]

  • 中村勝実『佐久の代議士』櫟、1989年。
  • 『長野県歴史人物大事典』郷土出版社、1989年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治-昭和』日外アソシエーツ、2003年。