平等神話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

平等神話(びょうどうしんわ)とは現代日本では義務教育の普及などで成功者になるための機会は全ての人に平等に与えられているという建前を意味する言葉。

概要[編集]

現代の日本では全国で同様のレベルの教科書を用いた義務教育が施されているため、どのような家庭に生まれようと、個人の努力次第で人生の成功者になれる機会が平等に与えられているとされている。つまり家庭が貧しくて教育に多額がかけられないならば公立中学校公立高校で一生懸命学び、学費の安い国立大学合格入学して奨学金を受けつつ卒業することで人生の成功者になる事は可能なわけである。だが、旧帝国大学、国公立大学医学部などといった安い学費で高度な事柄が学べ卒業者の実績も優れている名門大学への入学者を出している家庭の多くが経済的に裕福であり、幼少時より英才教育を受けさせられ、学習塾予備校私立学校に通うなど教育に多額が投資されている。親の環境では年収職業や社会的地位の違いから既に不平等が発生しているが、子の環境でも同じ公立学校に通っていようとも学習塾に通える子の方が上位大学に進学できて優良企業への就職も有利であることから、現代の日本の実のところは親の代から子の代への不平等の再生産と見て取れる。

参考文献[編集]