平賀聡彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

平賀聡彦(ひらが としひこ、1973年12月12日 - )は、日本プロ雀士山梨県出身[1]慶應義塾大学中退

来歴・人物[編集]

  • 30歳まで役者として活動した後[2]、2004年に最高位戦日本プロ麻雀協会に加入[1]
  • 2016年には101競技連盟順位戦にも参加し、第一回麻雀プロ団体日本一決定戦に最高位戦日本プロ麻雀協会から選手間投票で選抜され出場[3]。個人成績で1位となった[4][2]
  • 2017年RTDリーグ2017で優勝、これが初のタイトルとなった[2]
  • 2019年から2020年放送の第20回モンド杯で優勝。

雀風・エピソード[編集]

  • 攻撃重視の雀風で、麻雀最強戦におけるキャッチフレーズは「マッコウ侍」。
  • 好きな役は、リーチ一発ツモ
  • 普段はまったく理牌をしない選手だと、RTDリーグで小林剛が解説していた(放送対局では、理牌をするよう心掛けている)。

タイトル[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平賀 聡彦 - 最高位戦日本プロ麻雀協会, 最高位戦日本プロ麻雀協会, https://saikouisen.com/members/hiraga-toshihiko/ 2018年2月17日閲覧。 
  2. ^ a b c “麻雀RTDリーグ覇者・平賀聡彦「元役者なので切り替え得意」2年連続“主演男優賞”狙う”, Abema 麻雀 TIMES (AbemaTV), (2018-01-12), http://mahjong.abematimes.com/posts/3525325/ 2018年2月17日閲覧。 
  3. ^ 平賀聡彦選手インタビュー:「第一回麻雀プロ団体日本一決定戦」, 最高位戦日本プロ麻雀協会, https://saikouisen.com/news/%E5%B9%B3%E8%B3%80%E8%81%A1%E5%BD%A6%E9%81%B8%E6%89%8B%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%8C%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%9B%9E%E9%BA%BB%E9%9B%80%E3%83%97%E3%83%AD%E5%9B%A3%E4%BD%93/ 2018年2月17日閲覧。 
  4. ^ “【最終成績】:第一回麻雀プロ団体日本一決定戦”, 麻雀プロ団体日本一決定戦, (2016-09-26), https://ketteisen.amebaownd.com/posts/1358327 2018年2月17日閲覧。