平賀興貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
平賀興貞
時代 戦国時代
生誕 明応7年(1498年
死没 天文21年11月25日1552年12月10日
別名 通称:新四郎
戒名 永珊
官位 蔵人大夫
主君 大内義興義隆尼子経久
氏族 藤姓平賀氏
父母 父:平賀弘保
兄弟 興貞、入野貞景
隆宗広相、梨羽景行、
女(香川元景室)
養子:隆保船木常平の次男)

平賀 興貞(ひらが おきさだ)は、戦国時代武将安芸国人領主、平賀氏当主。平賀弘保の嫡男。

生涯[編集]

明応7年(1498年)、安芸国国人領主である平賀氏当主・平賀弘保の嫡男として生まれる。初めは大内氏に属し、元服時に大内義興偏諱を受けて興貞と名乗る。

大永3年(1523年)の鏡山城の戦い大内方鏡山城が落城すると、同年に父・弘保が防御に優れた頭崎城を築いた。興貞は期待されてこの頭崎城に城主として入ったが、後に大内氏・尼子氏への対応で父・弘保や子の隆宗新九郎(後の広相)兄弟と意見を異にし、ついには親子で度々争うようになったため、やがて興貞は尼子経久に通じるようになる。

天文9年(1540年)、大内義隆の命を受けた毛利元就が高屋保へと進出し、頭崎城を攻略した。敗れた興貞は近隣の篁山山頂付近に竹林寺を再建して出家した。家督は隆宗が継いだ。

天文21年(1552年11月25日に死去。享年55。

参考資料[編集]