平野区母娘殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

平野区母娘殺害事件(ひらのくおやこさつがいじけん)とは、2011年(平成23年)6月24日大阪府大阪市平野区のマンションで発生した在日韓国人の母娘に対するストーカー殺人事件[1][2][3][4]

事件の概要[編集]

犯人は被害者母娘の娘の元交際相手で以前に勤めていた会社の同僚だった。事件前には娘の顔面を殴打する事件を起こすなど、娘に執拗に付きまとっていた。娘はそのことが原因で仕事を辞めている。知人にストーカーの存在を明らかにしていた[5]。また、娘の携帯電話:には男から大量の嫌がらせメールが送りつけられていた[6]。事件当時には被害者宅の固定電話は元交際相手の男からの着信を拒否する設定がなされていた[6]。事件前日の6月23日には男が娘に接触を図ろうとしたが避けられていた[7]

2011年6月24日、母娘が住むマンションに男が押し入り、執拗に刃物でめった刺しにするとそのまま逃亡し母娘を死に至らしめたとされている。司法解剖によって24日午前中に事件が起きたと推定されている[8]

6月26日韓国政府在大阪韓国総領事館を通じて日本当局に対して「公正かつ迅速な捜査をしてほしい」との要請を行い、日韓両国で広く報道される事件となった[1][9][10]。韓国政府は本事件の直前には、日本人被疑者である別の韓国人殺人事件で日本の司法が被疑者に死刑ではなく傷害致死罪を適用したことについて日本政府に再考するよう要求していた[10]。韓国のマスコミは再び韓国籍の者が殺害された本事件の発生を受けて「また韓国人が殺された」という報道を相次いで行った[11]。また、6月26日の未明から毎日放送は全国放送を含む複数のニュース番組で事件被害者とは別人の写真を被害者として報じる誤報事件を引き起こしていた[12][13]。誤報事件を受けて毎日放送は「報道機関としてあってはならないこと。チェック態勢を強化し、再発防止に努める」とするコメントを出した[12][13]

7月8日大阪府警察本部は娘の元同僚・交際相手だった在日朝鮮人の男の身柄を確保した[2]。警察は容疑者が事件直前に軍手などを購入していることから計画的犯行であったとしている[7]。しかし男は事件への関与を否定。7月29日大阪地検地方検察庁は35歳容疑者を殺人罪住居侵入罪大阪地方裁判所起訴2012年5月23日、大阪地地方裁判所、遠藤邦彦裁判長)は被告に対して求刑通り無期懲役を言い渡した。検察弁護側共に控訴せず判決確定。

脚注[編集]

  1. ^ a b 韓国「大阪の韓国人母娘殺害事件、公正捜査を要請」”. 中央日報 (2011年6月27日). 2011年7月8日閲覧。
  2. ^ a b 母娘殺害:35歳容疑者逮捕 次女の元同僚 大阪府警”. 毎日新聞 (2011年7月8日). 2011年7月8日閲覧。
  3. ^ 「別れるのに数十万かかった」「携帯電池なくなるまでメール」 次女、元交際相手の悩み漏らす”. 産経新聞 (2011年7月8日). 2011年7月8日閲覧。
  4. ^ 次女の元交際相手の30代男を殺人容疑で逮捕へ 復縁迫り凶行?”. 産経新聞 (2011年7月8日). 2011年7月8日閲覧。
  5. ^ 事件直前に次女が友人にメール 平野・母娘殺害1週間”. 朝日新聞 (2011年7月1日). 2011年7月16日閲覧。
  6. ^ a b 次女、元交際相手の着信を拒否 固定電話に執拗にかける?”. 産経新聞 (2011年7月9日). 2011年7月15日閲覧。
  7. ^ a b 容疑者の男、自転車で逃走か 当初から殺害目的?”. 産経新聞 (2011年7月10日). 2011年7月15日閲覧。
  8. ^ 「当日、ベランダに不審人物」住民目撃 平野・母娘殺害”. 朝日新聞 (2011年7月4日). 2011年7月16日閲覧。
  9. ^ 新川悠 (2011年6月27日). “大阪母娘殺害事件、韓国政府が日本の警察に「公正な捜査」を要請”. J-castニュース. 2011年7月15日閲覧。
  10. ^ a b 大阪・韓国籍母娘殺害、外交通商部が公正捜査を要請”. 聯合ニュース (2011年6月26日). 2011年7月16日閲覧。
  11. ^ 2011年6月27日 Serchina 大阪母娘殺害事件、韓国政府が日本の警察に「公正な捜査」を要請
  12. ^ a b 毎日放送が次女の顔写真間違う ニュースで訂正、謝罪”. 産経新聞 (2011年6月26日). 2011年7月16日閲覧。
  13. ^ a b 平川哲也 (2011年6月27日). “大阪・平野の母娘殺害:毎日放送、別人の写真流す”. 毎日新聞 東京版朝刊. 2011年7月16日閲覧。