平野城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
logo
平野城
兵庫県
別名 御影村城
城郭構造 平山城
天守構造 -
築城主 平野忠勝
築城年 正平元年(南朝)貞和2年(北朝)(1346年
主な改修者 なし
主な城主 平野忠勝
廃城年 -
遺構 なし
指定文化財 なし
再建造物 -

平野城(ひらのじょう)は神戸市東灘区の御影山手にあった日本の城。別名、御影村城。

概要[編集]

1346年赤松氏の家臣であった平野忠勝によって建てられた。推定地は現在の阪急御影駅から神戸市立御影北小学校付近一帯。城の東は湿地帯(現在は埋め立てと開発が進み深田池が残るのみである)、西は谷川、北は山という地の利を生かした城であったことがうかがえる。観応の擾乱により平野忠勝が敗れ帰農するまで忠勝の居城となっていた。

周辺[編集]

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]