平野湟太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

平野 湟太郎(ひらの こうたろう、1959年[1] - )は、日本デザイナー日本グラフィックデザイナー協会、日本サインデザイン協会、東京タイプディレクターズクラブ会員。NGO中国の環境保全支援委員会理事。

経歴[編集]

東京都生まれ、日本橋で育つ[2]。1980年日本デザインセンター入社。同年から猪熊弦一郎に師事。1984年仲畑広告制作所を経て、1987年独立。1990年より平野湟太郎デザイン研究所を主宰。2010年春、活動の場を東京都の代官山から奈良県の吉野に移行[2]

公共施設企業アイデンティティ構築などの領域で、VI・CI計画、サイン計画、建築ディスプレイグラフィックなどを手がける。デザイン事例として、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館豊田市美術館のVI計画、東京都葛西臨海公園展望広場レストハウス、つくば市民交流センター・東京国立博物館法隆寺宝物館・国立国会図書館関西館のサイン計画、八幡ねじのデザインマネージメント・グッドデザイン賞トータルデザイン等がある。

受賞歴[編集]

  • 1991年 東京TDCタイプディレクション金賞[3]
  • 1992年 JAGDA新人賞[4][1]
  • 2001年 グッドデザイン賞 建築・環境デザイン部門(東京国立博物館法隆寺宝物館のサイン計画)[5]
  • 2002年 グッドデザイン賞 コミュニケーションデザイン部門 日本商工会議所会頭賞(八幡ねじのデザインマネージメント)[6]
    第36回SDA賞・SDA大賞=経済産業大臣賞(八幡ねじの展示会ディスプレイサイン)および優秀賞(豊田市美術館企画展グラフィックス・サイン業務)[7]
    DDAディスプレイデザイン優秀賞(八幡ねじの展示会ディスプレイ・サイン)[8]
  • 2003年 第37回SDA賞・奨励賞(国立国会図書館関西館サイン計画)[9]
    ニューヨークADC特別賞(豊田市美術館の館内掲示物や案内表示のデザイン)[10]
  • 2004年 第38回SDA賞・入選(「サインの再生」-MOA美術館サインメンテナンス計画、八幡ねじの展示会ディスプレイ・サイン、豊田市美術館企画展グラフィック・サイン業務)[11]
  • 2005年 第39回SDA賞・入選(グッドデザイン賞(Gマーク)活性化計画)[12]
  • 2008年 第42回SDA賞・入選(染・清流館<畳の展示室>、2007年度グッドデザイン賞 トータルデザイン計画)[13]
  • 2012年 第46回SDA賞・入選(仮設住宅「復興祈願千枚の表札」)[14]
  • 2020年 日本パッケージデザイン大賞2021・銀賞(八幡ねじ 創業70周年記念事業 鈴木会長書籍・ねじ干菓子)[15][16]

エピソード[編集]

  • 2011年、東日本大震災の仮設住宅入居者のため、吉野産ヒノキの表札1000枚を吉野の製材業者らや金峯山寺とともに製作、配付した[17]
  • 2013年、奈良市の交付する母子健康手帳で、同市出身の堂本剛が描いたイラストの着色を担当した[18]
  • 2015年、2020年夏季オリンピック・パラリンピックのエンブレムを巡り、当初発表された佐野案について、平野は「東京・銀座で行われた展示会のヤン・チヒョルトのポスターだと思った」との認識を示した[19]。また、エンブレムの再公募については、平野は自身のデザインを公表しているため「フェアではない」とした[19]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b JAGDA新人賞 1992 - JAGDA(社団法人日本グラフィックデザイナー協会)
  2. ^ a b 朝日新聞奈良版2010年7月15日「「祈り」探求、奈良移住 個展開催・学校設立…夢追う日々」
  3. ^ TDC賞 1991 - TDC(東京タイプディレクターズクラブ)
  4. ^ 朝日新聞1992年7月3日「デザイナーの登竜門 日本グラフィックデザイナー協会新人賞受賞作家作品展」
  5. ^ 建設通信新聞2001年10月3日「2001年度グッドデザイン建築・環境デザイン部門受賞作品」
  6. ^ 八幡ねじのデザインマネージメント - Good Design Award
  7. ^ 第36回SDA賞 - SDA(公益社団法人日本サインデザイン協会)
  8. ^ ディスプレイデザイン優秀賞2002 - DSA(一般社団法人日本空間デザイン協会)
  9. ^ 第37回SDA賞 - SDA
  10. ^ 中日新聞西三河版2003年6月14日「ニューヨークADC賞 ヴァチカン展 コレクション展 館内デザインが特別賞 豊田市美術館」「受賞したのはヴァチカン美術館所蔵品展と、同じ年に開いた「市美術館コレクション展-VISION」の表示類。いずれも東京都渋谷区のデザイナー平野湟太郎さんが手掛けた」
  11. ^ 第38回SDA賞 - SDA
  12. ^ 第39回SDA賞 - SDA
  13. ^ 第42回SDA賞 - SDA
  14. ^ 第46回SDA賞 - SDA
  15. ^ 奈良新聞2020年11月20日「吉野のいいものブランド化を - 日本パッケージデザイン大賞で銀賞/吉野のデザイナー 平野湟太郎さん」
  16. ^ 2021年度受賞作品 日本パッケージデザイン大賞 - JPDA(日本パッケージデザイン協会)
  17. ^ 朝日新聞福島浜通り版2011年11月28日「いわき市中央台の仮設住宅を訪れ、津波に被災した市民に100年ものの吉野ヒノキで作った表札を配った。裏には、建物が世界遺産や国宝になっている町内の金峯山寺による、復興祈願の印が結ばれている。吉野町に住むデザイナー平野湟太郎さんが、吉野木材青壮年経営者協議会へ呼びかけ、1千枚を作った。金峯山寺も「特産の木材をいかした応援がしたい」との趣旨に賛同。僧侶が1枚ずつに「復興祈願」と毛筆で書き、朱印を押した。護摩たきによる祈祷も」
  18. ^ 奈良新聞2013年3月29日「堂本剛さんイラスト 母子手帳 温かいタッチ 来月から交付」
  19. ^ a b ワイド!スクランブル”. 富士ソフト (2015年9月15日). 2017年6月29日閲覧。