平野隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

平野 隆(ひらの たかし)はTBSテレビ理事・人事労政局エキスパート職(局長待遇)、TBSスパークルエンタテインメント本部ドラマ映画部エグゼクティブクリエイター、映画プロデューサーである。

来歴[編集]

大分県[1]竹田市[要出典]出身。大分県立大分上野丘高等学校[2]一橋大学卒業後[3]1991年TBS入社[4]。同期にはアナウンサーの安東弘樹(現在はフリー)、秋沢淳子が、他職では武田一顯TBSラジオ国会担当記者)、竹内明(報道局記者・キャスター)、大久保竜(制作局プロデューサー)らがいて、TBSが1991年9月までおよそ30年使用していた筆記体ロゴ時代最後の入社組である[要出典]

4年間テレビドラマ制作現場を経験する。この時代のことは小泉すみれ著『プロデューサーになりたい』 (ISBN 978-4-06-364597-2)でも登場する。その後、1996年に事業局映像事業センター映像事業への異動により映画製作に携わるようになる。上司である濱名一哉の指導の元、製作を学び、2人で映画事業部の基礎を築く。映画事業部次長、映画事業部担当部長[4]、映画・アニメ事業部エキスパート職(部長待遇)、エキスパート職(局次長待遇)・企画統括を経て、2021年7月1日付で現職。

主な作品[編集]

プロデューサー[編集]

企画プロデュース[編集]

エグゼクティブプロデューサー[編集]

製作総指揮[編集]

製作[編集]

企画[編集]

共同プロデューサー[編集]

協力プロデューサー[編集]

製作捕[編集]

アソシエイトプロデューサー[編集]

監督[編集]

脚本[編集]

原作[編集]

原案[編集]

制作参加作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「映画作りの原点は「希望」。」ここから本文エリア 朝日新聞デジタル > 転職 > あの人とこんな話
  2. ^ 「7.「トーク&トーク大分・シネマフォーラム Vol.2」の開催(継続)」大分市ホームページ平成20年1月5日
  3. ^ 「映画作りの原点は「希望」。」ここから本文エリア 朝日新聞デジタル > 転職 > あの人とこんな話
  4. ^ a b No.411 2012年10月号「私の新人時代」”. 会報. 一般社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会. 2015年9月19日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai 平野隆 - allcinema
  6. ^ ドリームメーカー - KINENOTE
  7. ^ MOON CHILD - KINENOTE
  8. ^ クレジット”. 映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」公式サイト. 2016年12月26日閲覧。
  9. ^ Movie(松本潤) | Johnny's net” (日本語). ジャニーズ事務所公式サイト「Johnny's net」. 2021年2月21日閲覧。
  10. ^ あずみ - KINENOTE
  11. ^ 大安に仏滅!? - KINENOTE
  12. ^ 「KAPPEI」まさかの実写映画化! 平野隆プロデューサーが初監督(映画.com)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年9月22日閲覧。