平 (川崎市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
白幡八幡大神
白幡八幡大神
平の位置(神奈川県内)
平
平の位置
北緯35度36分3.61秒 東経139度34分10.76秒 / 北緯35.6010028度 東経139.5696556度 / 35.6010028; 139.5696556
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kawasaki, Kanagawa.svg 川崎市
宮前区
面積
 • 合計 1.057km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 12,336人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
216-0022[3]
市外局番 044 (川崎MA)[4]
ナンバープレート 川崎

(たいら)は、川崎市宮前区町名。現行行政地名は平一丁目から平六丁目、1985年昭和60年)11月5日住居表示が施行されている[5]郵便番号は216-0022[3]。平一丁目から六丁目の合計で、面積は105.75 ha[1]

地理[編集]

宮前区北部に位置し、北で多摩区長尾、北東で五所塚、東で神木本町、南でけやき平、南西で白幡台、西で初山、北西で多摩区東生田と隣接する。町域内は住宅地として利用されるほか緑地や、大小さまざまな公園が散在する。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、平4-17-45の地点で18万4000円/m2となっている。[6]

歴史[編集]

戦国時代には見える地名[7]。『小田原衆所領役帳』(1559年)にも「稲毛平之村 葛山」と記載されている[8]

江戸時代後期成立の『新編武蔵風土記稿』には、平という地名は「葛山平殿」という人物が領主だったことから来たという伝承を載せているが[8][7][9]、人名が地名になったかは疑わしい[8][7]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
平一丁目 1,246世帯 2,976人
平二丁目 1,655世帯 3,478人
平三丁目 659世帯 1,586人
平四丁目 569世帯 1,401人
平五丁目 655世帯 1,446人
平六丁目 650世帯 1,449人
5,434世帯 12,336人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10][11]

丁目 番地 小学校 中学校
平一丁目 全域 川崎市立向丘小学校 川崎市立平中学校
平二丁目 全域
平三丁目 全域
平四丁目 1~5番
7~21番
その他 川崎市立白幡台小学校 川崎市立犬蔵中学校
平五丁目 全域 川崎市立向丘小学校 川崎市立平中学校
平六丁目 全域 川崎市立平小学校 川崎市立向丘中学校

交通[編集]

町域内に鉄道駅はないが、東急田園都市線宮前平駅、東急田園都市線・JR東日本南武線溝の口駅、小田急小田原線・JR東日本南武線登戸駅へは川崎市営バスが、東急田園都市線・たまプラーザ駅小田急小田原線向ヶ丘遊園駅へは東急バスがそれぞれ利用可能である。

停留所[編集]

川崎市営バスの停留所

  • たいら高山
  • 川崎西部地域療育センター前
  • 原ヶ谷
  • 堰下
  • 向丘出張所
  • 平橋
  • 向丘中学校下
  • 白幡八幡前
  • 白幡八幡前(新道)

白幡八幡前止まりの臨時深夜バスが運行されることがある[12]

堰下からは、登05系統登戸駅(生田緑地口)行きの始発便もわずかながら発着している。

2016年8月1日からは た83系統たまプラーザ駅~向ヶ丘遊園駅間の川崎市営・東急バス路線が新設され、これに伴い、白幡八幡前(新道)バス停が新設された。[13]

施設[編集]

  • 川崎市宮前区役所向丘出張所
  • 川崎向ヶ丘郵便局
  • 川崎市消防署向ヶ丘出張所
  • 川崎市立平中学校
  • 川崎市立平小学校
  • 川崎市立向丘小学校
  • 川崎市立平保育園
  • 平こども文化センター
  • 平風久保公園
  • たいらなか公園
  • 平公園
  • 高山さくら公園
  • 平三丁目公園
  • 白幡台第二公園
  • 平四丁目公園
  • 平緑地
  • 平寺山公園

関連項目[編集]

  • - 曖昧さ回避のためのページ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 町丁別面積(総務省統計局「地図で見る統計(統計GIS)」の数値)”. 川崎市 (2015年10月26日). 2018年2月15日閲覧。
  2. ^ a b 町丁別世帯数・人口”. 川崎市 (2018年1月25日). 2018年2月15日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月15日閲覧。
  5. ^ 区別町名一覧表(宮前区)”. 川崎市 (2016年12月1日). 2016年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月2日閲覧。
  6. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  7. ^ a b c やさしい川崎の地名(下) 宮前区 (pdf)”. 川崎市・日本地名研究所. 2019年4月29日閲覧。
  8. ^ a b c 第6話「平(たいら)」”. 宮前地名さんぽ. 川崎市宮前区. 2019年4月29日閲覧。
  9. ^ 新編武蔵風土記稿 平村.
  10. ^ 川崎市立小学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。
  11. ^ 川崎市立中学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。
  12. ^ 年末の深夜バス増便のお知らせ.
  13. ^ た83たまプラーザ駅~向ヶ丘遊園駅 運行開始のお知らせ

参考文献[編集]