年間最優秀力士賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

年間最優秀力士賞(ねんかんさいゆうしゅうりきししょう)は、報知新聞社が制定する、その一年間に最も活躍した力士を顕彰する賞。年6場所制になった1958年(昭和33年)に制定され、報知年間最優秀力士賞(ほうち-)として表彰されている。

12月に行われる選考委員会において、勝星数、優勝回数、相撲内容等を総合的に審査して受賞者を決定する。翌年1月場所初日に表彰式が行われ、受賞者には副賞としてスポーツ報知杯と賞金50万円が贈られる。

なお、「年間最多勝(ねんかんさいたしょう)」と混同される場合もあるが、両者は全く別の表彰である(「年間最多勝」は相撲内容等は考慮せず、一年間の幕内での勝星数のみで受賞者を決定する)。本賞は年間最多勝力士がそのまま受賞することが多く、それ以外の力士が受賞する場合は最多勝力士を幕内での年間勝率(休場を除く)で上回った力士が大半を占めており、いずれにも該当しない力士の受賞は1972年の貴ノ花、1975年の三重ノ海、1977年の輪島、2016年の日馬富士の4例のみである。

歴代受賞者[編集]

四股名 受賞回数 年間成績 備考
1958(昭和33)年 わかのはな かんし/若乃花幹士 初受賞 75勝14敗1分
1959(昭和34)年 とちにしき/栃錦清隆 初受賞 77勝13敗
1960(昭和35)年 わかのはな かんし/若乃花幹士 2年ぶり2度目 59勝13敗18休 1月場所(0勝)と11月場所(5勝)を途中休場。年間最多勝は大鵬幸喜の66勝24敗。
1961(昭和36)年 たいほう/大鵬幸喜 初受賞 71勝19敗
1962(昭和37)年 たいほう/大鵬幸喜 2年連続2度目 77勝13敗
1963(昭和38)年 たいほう/大鵬幸喜 3年連続3度目 81勝9敗 史上初の年間80勝以上を記録。
1964(昭和39)年 たいほう/大鵬幸喜 4年連続4度目 69勝11敗10休 7月場所を途中休場(1勝)。
1965(昭和40)年 さたのやま/佐田の山晋松 初受賞 74勝16敗
1966(昭和41)年 たいほう/大鵬幸喜 2年ぶり5度目 69勝06敗15休 1月場所を全休。年間最多勝は柏戸剛の71勝19敗。
1967(昭和42)年 たいほう/大鵬幸喜 2年連続6度目 70勝06敗14休 7月場所(2勝)と11月場所(11勝)を途中休場。年間最多勝は70勝20敗の柏戸剛と分け合う。
1968(昭和43)年 たまのしま/玉乃島正夫 初受賞 69勝21敗 のち玉の海。
1969(昭和44)年 たいほう/大鵬幸喜 2年ぶり7度目 59勝16敗15休 3月場所(3勝)と11月場所(6勝)を途中休場。年間最多勝は北の富士勝昭の63勝27敗。
1970(昭和45)年 きたのふし/北の富士勝昭 初受賞 75勝15敗 75勝15敗の玉の海正洋と最多勝を分け合う。
1971(昭和46)年 たまのうみ/玉の海正洋 3年ぶり2度目 68勝07敗 9月場所後に死去したため11月場所の成績は含まず、故人として受賞。年間最多勝は北の富士勝昭の73勝17敗。
1972(昭和47)年 たかのはな/貴ノ花満 初受賞 58勝32敗 年間最多勝は輪島大士の63勝27敗。
1973(昭和48)年 わしま/輪島大士 初受賞 77勝12敗1休 11月場所千秋楽を優勝決定後に休場(12勝)。
1974(昭和49)年 きたのうみ/北の湖敏満 初受賞 73勝17敗
1975(昭和50)年 みえのうみ/三重ノ海五郎 初受賞 62勝28敗 年間最多勝は北の湖敏満の71勝19敗。
1976(昭和51)年 わしま/輪島大士 3年ぶり2度目 77勝13敗
1977(昭和52)年 わしま/輪島大士 2年連続3度目 75勝15敗 年間最多勝は北の湖敏満の80勝10敗。
1978(昭和53)年 きたのうみ/北の湖敏満 3年ぶり2度目 82勝8敗 当時の年間最多勝記録。史上初の2年連続年間80勝以上を達成。
1979(昭和54)年 きたのうみ/北の湖敏満 2年連続3度目 77勝13敗
1980(昭和55)年 きたのうみ/北の湖敏満 3年連続4度目 77勝13敗
1981(昭和56)年 ちよのふし/千代の富士貢 初受賞 65勝13敗12休 9月場所を途中休場(1勝)。年間最多勝は北の湖敏満の69勝15敗6休。
1982(昭和57)年 ちよのふし/千代の富士貢 2年連続2度目 74勝16敗
1983(昭和58)年 たかのさと/隆の里俊英 初受賞 78勝12敗
1984(昭和59)年 わかしまつ/若嶋津六夫 初受賞 71勝19敗
1985(昭和60)年 ちよのふし/千代の富士貢 3年ぶり3度目 80勝10敗
1986(昭和61)年 ちよのふし/千代の富士貢 2年連続4度目 68勝10敗12休 3月場所を途中休場(1勝)。
1987(昭和62)年 ちよのふし/千代の富士貢 3年連続5度目 71勝15敗4休 9月場所を途中休場(9勝)。年間最多勝は北勝海信芳の74勝16敗。
1988(昭和63)年 ちよのふし/千代の富士貢 4年連続6度目 70勝05敗15休 3月場所を全休。年間最多勝は旭富士正也の73勝17敗。
1989(平成元)年 ちよのふし/千代の富士貢 5年連続7度目 65勝10敗15休 5月場所を全休。年間最多勝は北勝海信芳の72勝18敗。
1990(平成2)年 あさひふし/旭富士正也 初受賞 70勝20敗
1991(平成3)年 こにしき/小錦八十吉 初受賞 59勝17敗14休 1月場所を途中休場(0勝)。年間最多勝は霧島一博の62勝28敗。
1992(平成4)年 たかはなた/貴花田光司 初受賞 60勝30敗 のち貴乃花。年間最高位が関脇以下での唯一の受賞。
1993(平成5)年 あけほの/曙太郎 初受賞 76勝14敗
1994(平成6)年 たかのはな/貴乃花光司 2年ぶり2度目 80勝10敗
1995(平成7)年 たかのはな/貴乃花光司 2年連続3度目 80勝10敗 2年連続で年間80勝以上を達成(史上2人目)。
1996(平成8)年 たかのはな/貴乃花光司 3年連続4度目 70勝05敗15休 11月場所を全休。
1997(平成9)年 たかのはな/貴乃花光司 4年連続5度目 78勝12敗
1998(平成10)年 わかのはな まさる/若乃花勝 初受賞 67勝23敗
1999(平成11)年 むさしまる/武蔵丸光洋 初受賞 70勝20敗
2000(平成12)年 あけほの/曙太郎 7年ぶり2度目 76勝14敗
2001(平成13)年 むさしまる/武蔵丸光洋 2年ぶり2度目 73勝17敗
2002(平成14)年 あさしようりゆう/朝青龍明徳 初受賞 66勝24敗
2003(平成15)年 あさしようりゆう/朝青龍明徳 2年連続2度目 67勝18敗5休 7月場所を途中休場(5勝)。
2004(平成16)年 あさしようりゆう/朝青龍明徳 3年連続3度目 78勝12敗
2005(平成17)年 あさしようりゆう/朝青龍明徳 4年連続4度目 84勝6敗 当時の年間最多勝記録。
2006(平成18)年 あさしようりゆう/朝青龍明徳 5年連続5度目 67勝11敗12休 5月場所を途中休場(1勝)。
2007(平成19)年 はくほう/白鵬翔 初受賞 74勝16敗
2008(平成20)年 はくほう/白鵬翔 2年連続2度目 79勝11敗
2009(平成21)年 はくほう/白鵬翔 3年連続3度目 86勝4敗 現在の年間最多勝記録。
2010(平成22)年 はくほう/白鵬翔 4年連続4度目 86勝4敗 年間最多勝タイ記録。2年連続で年間80勝以上を達成(史上3人目)。
2011(平成23)年 はくほう/白鵬翔 5年連続5度目 66勝09敗 大相撲八百長問題で3月場所は中止。5月場所は技量審査場所として開催。
2012(平成24)年 はくほう/白鵬翔 6年連続6度目 76勝14敗
2013(平成25)年 はくほう/白鵬翔 7年連続7度目 82勝8敗 年間80勝以上を通算3回達成(史上初)。
2014(平成26)年 はくほう/白鵬翔 8年連続8度目 81勝9敗 単独最多の受賞数(8度)を更新。年間80勝以上を通算4回達成(史上初)。
2015(平成27)年 はくほう/白鵬翔 9年連続9度目 66勝12敗12休 9月場所を途中休場(0勝)。
2016(平成28)年 はるまふし/日馬富士公平 初受賞 67勝23敗 年間最多勝は稀勢の里寛の69勝21敗。
2017(平成29)年 (受賞者なし) 年間最多勝は白鵬翔の56勝9敗25休。史上初の受賞者なし[1]
2018(平成30)年 とちのしん/栃ノ心剛史 初受賞 59勝23敗8休 7月場所を途中休場(5勝)。
2019(令和元)年 はくほう/白鵬翔 4年ぶり10度目 51勝10敗29休 1月・5月・9月場所を休場(10勝・全休・0勝)。歴代最少勝ち星での受賞。年間最多勝は朝乃山英樹の55勝35敗。
2020(令和2)年 たかけいしよう/貴景勝光信 初受賞 51勝21敗3休 日本出身力士として22年ぶりの受賞。新型コロナウイルス感染拡大で5月場所は中止。

選考委員[編集]

  • 選考委員 (下記の他、報知新聞社社長、編集局長も選考委員)
回数 歴代選考委員
1回 昭和33年 (1958) 酒井忠正  石井鶴三  尾崎士郎  御手洗辰雄
2回 34年 (1959) 酒井忠正  石井鶴三  尾崎士郎  御手洗辰雄
3回 35年 (1960) 酒井忠正  石井鶴三  尾崎士郎  御手洗辰雄
4回 36年 (1961) 酒井忠正  石井鶴三  尾崎士郎  御手洗辰雄
5回 37年 (1962) 酒井忠正  石井鶴三(欠)  尾崎士郎  御手洗辰雄
6回 38年 (1963) 酒井忠正  石井鶴三  尾崎士郎(欠)  御手洗辰雄
7回 39年 (1964) 酒井忠正  石井鶴三  御手洗辰雄(欠)  高橋義孝
8回 40年 (1965) 酒井忠正(欠)  石井鶴三  御手洗辰雄  高橋義孝
9回 41年 (1966) 酒井忠正(欠)  石井鶴三  御手洗辰雄  高橋義孝
10回 42年 (1967) 酒井忠正(欠)  石井鶴三  御手洗辰雄  高橋義孝
11回 43年 (1968) 酒井忠正(欠)  石井鶴三  御手洗辰雄  高橋義孝(欠)
12回 44年 (1969) 酒井忠正(欠)  石井鶴三  御手洗辰雄  高橋義孝
13回 45年 (1970) 酒井忠正(欠)  石井鶴三  御手洗辰雄  高橋義孝
14回 46年 (1971) 石井鶴三(欠)  御手洗辰雄  高橋義孝  
15回 47年 (1972) 御手洗辰雄  高橋義孝  安西浩
16回 48年 (1973) 御手洗辰雄  高橋義孝  安西浩(欠)
17回 49年 (1974) 高橋義孝(欠)  安西浩
18回 50年 (1975) 高橋義孝  安西浩  山口瞳  池田弥三郎
19回 51年 (1976) 高橋義孝  安西浩  山口瞳  池田弥三郎
20回 52年 (1977) 高橋義孝  安西浩  山口瞳  池田弥三郎
21回 53年 (1978) 高橋義孝  安西浩  山口瞳  池田弥三郎
22回 54年 (1979) 安西浩  山口瞳  上田英雄
23回 55年 (1980) 安西浩  山口瞳  上田英雄
24回 56年 (1981) 安西浩  山口瞳  上田英雄
25回 57年 (1982) 安西浩  山口瞳  上田英雄
26回 58年 (1983) 安西浩  山口瞳  上田英雄
27回 59年 (1984) 安西浩  山口瞳  上田英雄
28回 60年 (1985) 安西浩  山口瞳  上田英雄
29回 61年 (1986) 安西浩  山口瞳  上田英雄
30回 62年 (1987) 安西浩  山口瞳  上田英雄
31回 63年 (1988) 安西浩  山口瞳  上田英雄
32回 平成元年 (1989) 安西浩(欠)  山口瞳  上田英雄
33回 2年 (1990) 山口瞳  上田英雄  平山郁夫 
34回 3年 (1991) 山口瞳  上田英雄  平山郁夫 
35回 4年 (1992) 山口瞳  上田英雄  平山郁夫 
36回 5年 (1993) 山口瞳  平山郁夫  安西邦夫
37回 6年 (1994) 山口瞳  平山郁夫  安西邦夫
38回 7年 (1995) 平山郁夫  安西邦夫  有馬朗人
39回 8年 (1996) 平山郁夫  安西邦夫  有馬朗人
40回 9年 (1997) 平山郁夫(欠)  安西邦夫  有馬朗人
41回 10年 (1998) 平山郁夫(欠)  安西邦夫  有馬朗人
42回 11年 (1999) 平山郁夫  安西邦夫  有馬朗人
43回 12年 (2000) 平山郁夫(欠)  安西邦夫  有馬朗人
44回 13年 (2001) 平山郁夫(欠)  安西邦夫  有馬朗人
45回 14年 (2002) 安西邦夫    有馬朗人 (欠)    境川  尚
46回 15年 (2003) 安西邦夫     有馬朗人       佐田の山晋松
47回 16年 (2004) 安西邦夫     有馬朗人       佐田の山晋松
48回 17年 (2005) 安西邦夫     有馬朗人       佐田の山晋松
49回 18年 (2006) 安西邦夫     有馬朗人       佐田の山晋松
50回 19年 (2007) 安西邦夫     有馬朗人       佐田の山晋松
51回 20年 (2008) 安西邦夫     有馬朗人       佐田の山晋松
52回 21年 (2009) 安西邦夫     有馬朗人       佐田の山晋松
53回 22年 (2010) 安西邦夫 (欠)    有馬朗人      
54回 23年 (2011) 安西邦夫   有馬朗人   奥島孝康
55回 24年 (2012) 安西邦夫   有馬朗人   奥島孝康
56回 25年 (2013) 有馬朗人   奥島孝康
57回 26年 (2014) 有馬朗人   奥島孝康
58回 27年 (2015) 有馬朗人   奥島孝康
59回 28年 (2016) 有馬朗人   奥島孝康   能町みね子
60回 29年 (2017) 有馬朗人   奥島孝康   能町みね子
61回 30年 (2018) 有馬朗人   奥島孝康   能町みね子
62回 令和元年 (2019) 有馬朗人   奥島孝康   能町みね子
63回 令和2年 (2020) 有馬朗人(欠)   奥島孝康   能町みね子

脚注[編集]

  1. ^ 報知年間最優秀力士賞、史上初「受賞者なし」 2017年12月26日6時0分 スポーツ報知