幸田町議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
幸田町議会
紋章もしくはロゴ
種類
種類
役職
議長
稲吉照夫(無所属)
副議長
丸山千代子(無所属)
構成
定数 16(欠員1)
院内勢力
  幸風会 (10)
  無所属 (5)
選挙
大選挙区制
前回選挙
2019年4月21日
議事堂
Kota town office 1.jpg
愛知県額田郡幸田町大字菱池字元林1-1
ウェブサイト
幸田町議会

幸田町議会(こうたちょうぎかい)は、愛知県幸田町に設置されている地方議会である。

2019年に行われた町議選は定員を1人割り、前回選に続いて無投票。欠員無投票となったのは、愛知県下では2003年の旧作手村議会議員選挙以来[1]

概要[編集]

  • 定数:16人
  • 任期:2019年4月30日 - 2023年4月29日[2]
  • 選挙区:市全体を1選挙区とする大選挙区制単記非移譲式
  • 議長:稲吉照夫(無所属)
  • 副議長:丸山千代子(無所属)

会派[編集]

会派名 議席数 議員名
幸風会 10 石原昇、都築幸夫、鈴木久夫、伊澤伸一、黒木一、
廣野房男、藤江徹、足立初雄、杉浦あきら、笹野康男
無所属 5 田境毅、都築一三、水野千代子、丸山千代子、稲吉照夫
計(欠員1) 15

選挙[編集]

2019年幸田町議会議員選挙[編集]

2019年4月16日告示、4月21日執行。この年の町議選は定数16に対し、15人(現職7人、新人8人)が立候補を届け出て、欠員無投票となった。

幸田町の人口は戦後しばらくは1万6000人程度だったが、平成になって3万人を超え、2019年4月現在は約4万2000人に達した。幸田町は工場が相次いで進出しており、過疎を免れた数少ない町村の例の一つ。しかしその一方で選挙については、古くからの「町内の地区ごとに候補者を擁立する習慣」が残るといわれている。これまでは公務員などを退職した町民が地区の後押しで1~3期議員を務めた後、後継の若い世代の候補者にバトンタッチするケースが一般的だった。欠員無投票でこうした習慣の限界が露呈した形となった[1][3]

届け出順
当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 肩書き
藤江徹 70 無所属 人権擁護委員
都築一三 75 無所属 仏壇店社長
足立初雄 71 無所属 農業
稲吉照夫 72 無所属 不動産業
田境毅 49 無所属 製造業社員
広野房男 69 無所属 元・六栗区長
鈴木久夫 66 無所属 元・市場区長
石原昇 60 無所属 会社会長
笹野康男 72 無所属 会社会長
都築幸夫 66 無所属 元・岩堀区長
水野千代子 67 公明党 党支部長
伊沢伸一 66 無所属 元・町総務部長
黒木一 68 無所属 元・横落区長
杉浦あきら 70 無所属 元・鷲田区長
丸山千代子 67 共産党 党町委員長
(欠員)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 亀井和真、川瀬慎一朗 (2019年4月16日). “愛知・幸田町議選 欠員1で全員が無投票当選 人口増も、新住民の関心低く”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190416/k00/00m/010/314000c 2019年4月17日閲覧。 
  2. ^ 市町村選挙情報(平成30年度)”. 愛知県庁. 2019年1月12日閲覧。
  3. ^ 鎌田旭昇「2回連続無投票当選 幸田町議選 欠員 地域衰退懸念も」 『中日新聞』2019年4月17日付朝刊、西三河版、14面。

関連項目[編集]