幻十郎必殺剣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
幻十郎必殺剣
ジャンル テレビドラマ
原作 黒崎裕一郎「冥府の刺客」
脚本 ちゃき克彰
藤井邦夫
いずみ玲
監督 山下智彦
森本浩史
出演者 北大路欣也
戸田菜穂
キャストを参照
製作
プロデューサー 中川順平(テレビ東京)
加藤貢,榎本美華(東映)
制作 テレビ東京東映
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2008年1月18日 -2008年3月14日
2009年1月5日 - 2009年3月16日(再放送)
2009年4月10日(スペシャル版)
放送時間 毎週金曜 20:00 - 20:54
放送枠 テレビ東京金曜夜8時枠時代劇
放送分 54分
幻十郎必殺剣|テレビ東京金曜夜8時枠時代劇

特記事項:
初回(2008年): 20:00 - 21:54(114分)
初回(2009年)と2009年春スペシャル: 19:00 - 20:54(114分)

幻十郎必殺剣(げんじゅうろうひっさつけん)は、江戸を舞台に、死から蘇った「幻の刺客」が、正義を貫き悪に立ち向かっていく姿を描いた痛快娯楽時代劇。 テレビ東京金曜時代劇枠で2008年1月18日から3月14日まで放送された。月曜時代劇枠で再放送が2009年1月5日から3月16日まで放送され、続編となるスペシャル版が2009年4月10日に放送された。字幕放送と地上デジタル放送では連動データ放送を実施。

あらすじ[編集]

元南町奉行所定町廻り同心・神山源十郎は、妻を暴行し自害に追い込んだ朋輩・吉見伝四郎を斬り殺した罪で5年間投獄されたが、まともな処分が下らないまま、斬首刑に処せられた。ところが、処刑執行から3日後、深い眠りから覚めた源十郎は、自分が生きていることに気付く。そこへ、市田孫兵衛という男が現れ、源十郎の身代わりを立てて、命を救ったことを告げられる。さらに孫兵衛は、すでにこの世に存在しない源十郎に、まぼろしの“幻十郎”として生き、5年前の事件の真相を探るよう促すのだった。

闇の陰謀に巻き込まれた幻十郎が、5年前の真相を探るため、再び生かされ“まぼろし”となって悪を成敗する。

スタッフ[編集]

  • 原作:黒崎裕一郎「冥府の刺客」
  • プロデューサー:加藤貢 /中川順平(テレビ東京)、榎本美華
  • 監督:山下智彦(第1,4,5話,2009年スペシャル版)
    森本浩史(第2,3,6,7,8話)
  • 脚本:ちゃき克彰(第1,3,4,7,8話,2009年スペシャル版)
    藤井邦夫(第2話),いずみ玲(第5,6話)
  • 音楽:栗山和樹
  • 制作:テレビ東京東映

主な登場人物[編集]

死神幻十郎(神山源十郎)
演:北大路欣也
幻の刺客。妻を守れなかった悔恨の思いを胸に、過去の事件の真相を探る。元南町奉行所同心。
志乃
演:戸田菜穂
幻十郎が殺した仇・吉見の妻。夫の借金のため娼婦に。後に幻十郎を慕うように。
市田孫兵衛
演:笹野高史
楽翁の従順な部下。幻十郎の動きを監察する一方、楽翁の命を受け、仕事の依頼や金の用意等、幻十郎の世話をする。
伊佐次
演:尾美としのり
元盗人。幻十郎の身の回りの世話や密偵的役割を任されている。仕事として孫兵衛の命に従っていたが、やがて幻十郎の人柄を慕うようになる。
織絵
演:奥貫薫
幻十郎の妻。吉見に暴行されて懐刀で自害して死ぬ。
田沼意正
演:中原丈雄
若年寄
一橋治済
演:鶴田忍
楽翁と敵対する様々な事件の黒幕。最終回で幻十郎に斬殺され、道楽者の影武者が後を引き継いだ。
鷹森兵部
演:三浦浩一
幕閣の命を受けて動く殺戮集団・黒鍬者の頭。手段を選ばず証拠隠滅を図る。最終的には大御所を裏切り天下を我が物にせんと目論んだ。
楽翁
演:中村敦夫
ある陰謀のため幻十郎を蘇らせた。幕閣につながる権力者の悪を成敗するよう幻十郎に求める。だが、その実、将軍・一橋治斉、若年寄・田沼意正に対する個人的怨念を晴らそうという思惑も。正体は元白河藩主・松平定信

ゲスト[編集]

第1話

第2話

第3話

第4話

第5話

第6話

第7話

最終話

スペシャル版(2009年)

エピソード [編集]

  • 原作の黒崎裕一郎は、楽翁役を演じる中村敦夫の実にあたる。しかし、衣装合わせまで兄である中村敦夫は全く知らなかったという[1]
  • 北大路の着用している衣装(ちゃんちゃんこ)は、製。牛2頭分を贅沢に使った特注である[2]
  • 幻十郎のように別の人格を生きるとしたら、どういう人生がいいですか?とのマスコミからの問いに、「父(市川右太衛門)が俳優でない家庭だったらと考えると、ドキドキしますね」と話した[3]

サブタイトル[編集]

各話 放送日
(2008年)
放映日
(2009年)
サブタイトル 視聴率
(2008年)
視聴率
(2009年)
第1話 1/18 1/5 死神誕生~一度死んだ男が闇を斬る! 11.6% 8.6%
第2話 1/25 1/19 赤馬が飛んだ夜 9.9% 5.6%
第3話 2/1 1/26 大奥から消えた女 10.5% 6.0%
第4話 2/8 2/2 ふたつの顔の女 10.4% 5.6%
第5話 2/22 2/9 白い数珠の殺人者 11.2% 5.0%
第6話 2/29 2/23 消えた逃亡者 11.6% 6.2%
第7話 3/7 3/2 皆殺しの銃弾 9.6% 4.7%
最終話 3/14 3/16 梅の花の約束 12.4% 6.3%
<2008年>平均視聴率10.9%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

※初回のみ2時間スペシャル(2008年:20:00~21:54、2009年:19:00~20:54)

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
2009年SP 4/10 死神復活~あの豪剣が再び悪を斬る! 6.8%
(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 北大路欣也、世の悪を斬る…時代劇「幻十郎必殺剣」制作発表(2008年01月18日 スポーツ報知)
  2. ^ “北大路欣也が革のちゃんちゃんこを自慢”. nikkansports.com. (2008年1月18日). オリジナル2008年1月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080122011029/http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20080118-308544.html 2014年2月22日閲覧。 
  3. ^ 北大路 立ち回りキラリ テレビ愛知「幻十郎必殺剣」きょうスタート(2007年1月18日,中日スポーツ)

遅れネット局[編集]

CS放送[編集]

テレビ東京 金曜日 20時台
前番組 番組名 次番組
お江戸吉原事件帖
(2007.10.26 - 2007.12.21)
幻十郎必殺剣
(2008.1.18 - 2008.3.14)
密命 寒月霞斬り
(2008.4.18 - 2008.6.13)
テレビ東京 月曜日 19時台
幻十郎必殺剣
(再放送)
(2009.1.5 - 3.16)
リロ・アンド・スティッチ ザ・シリーズ
※19:00 - 19:28
【ここからアニメ枠
ヒカルの碁セレクション
※19:28 - 19:54
【ここからアニメ枠】