幻想文学 (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

幻想文学』(げんそうぶんがく)は、日本の幻想文学雑誌。1982年に編集人東雅夫により、幻想文学出版局から季刊誌として創刊。1994年からは、発行元を幻想文学出版局よりアトリエOCTAに、責任編集を幻想文学企画室に変更改組し、2003年7月に通巻67号で終刊。この時期の唯一の幻想文学専門誌として、研究進展に多大な寄与を果たした。

1980年から同人誌『金羊毛』を編集発行していた東雅夫が、幻想文学研究誌として、早稲田大学の文学サークル「幻想文学会」を母体とする幻想文学会出版局を発行所、川島徳絵(石堂藍)を発行人として、1982年4月に季刊誌『幻想文学』を発刊。創刊号は「幻想文学研究の現在」特集、128ページ(980円)であった。創刊号から終刊までの表紙画は一部の号を除き建石修志、41号以降の表紙デザインは伊勢功治。評論・研究、書評、インタビュー、創作・翻訳作品、エッセイ、ブックガイドなどを掲載。1989年26号から発行所を幻想文学出版局に改名。

「幻想ブックレビュー」は編集メンバーの他、読者投稿も掲載し、国内外の文学作品、研究書、哲学民俗学書、美術音楽児童文学漫画映画までを幅広くカバー。1990年幻想文学出版局『ブックガイドマガジン』創刊により、1991年31号からは「新刊展望」コーナーに改編。常連寄稿者には倉阪鬼一郎南條竹則長山靖生森村進らがいた。

新人賞[編集]

1985年から短篇小説賞である「幻想文学新人賞」を公募。選者は澁澤龍彦中井英夫。しかし1987年に澁澤が死去したため、2回までで終了。第1回の入選作は『幻視の文学1985』(1985年)に収録、第2回の入選作は『小説幻妖』2号(1986年)に掲載された。第1回の入選者に牧野みちこ(牧野修)、加藤幹也(高原英理)、第2回入選者に小畠逸介(芦辺拓)、土井喜和(土井喜和子)がいる。

特集一覧[編集]

  • 1号(1982年4月) 幻想文学研究の現在
  • 2号(1982年11月) ケルト幻想
  • 3号(1983年4月) 幻想純文学
  • 4号(1983年7月) アーサー・マッケン+英米恐怖文学事始
  • 5号(1983年11月) 伝奇ロマン
  • 6号(1984年3月) ラヴクラフト症候群
  • 7号(1984年6月) 幻想児童文学
  • 8号(1984年9月) ロストワールド文学館
  • 9号(1984年12月) 怪奇幻想ミステリー
  • 10号(1985年3月) の夢・石の花
  • 11号(1985年6月) 幻想SF
  • 12号(1985年9月) インクリングズ
  • 13号(1985年12月) フランス幻想文学必携
  • 14号(1986年3月) モダンホラー
  • 15号(1986年7月) 大江戸ファンタスティック
  • 16号(1986年10月) ハイ・ファンタジー最前線
  • 17号(1987年1月) ドイツ幻想文学必携
  • 18号(1987年5月) 魔界とユートピア - 日本幻想文学誌1明治
  • 19号(1987年7月) ヒロイック・ファンタジー
  • 20号(1987年10月) 幻想ベストブック1982-87、付録小冊子「追悼・澁澤龍彦
  • 21号(1988年1月) ロシア東欧幻想文学必携
  • 22号(1988年4月) 大正デカダンス - 耽美と怪異 日本幻想文学誌2
  • 23号(1988年7月) ホラー読本
  • 24号(1988年10月) 夢みる二〇年代 - 日本幻想文学誌3大正昭和
  • 25号(1989年3月) ファンタスティック・マガジン
  • 26号(1989年6月) イギリス幻想文学必携
  • 27号(1989年9月) 猟奇と哄笑 - 日本幻想文学誌4昭和篇
  • 28号(1990年1月) 吸血鬼文学館
  • 29号(1990年5月) 幻視の文学1930-40 - 昭和文学の幻視者たち - 日本幻想文学誌5
  • 30号(1990年9月) 異端文学マニュアル - 日本幻想文学誌6昭和篇
  • 31号(1991年2月) アンドロギュヌス - 両性具有の妖しい夢
  • 32号(1991年10月) 人形綺譚 - ヒトガタの魅惑と恐怖
  • 33号(1992年1月) 日本幻想文学必携 - 美と幻妖の系譜
  • 34号(1992年4月) ケルト幻想文学誌 - 妖精の幸ふ古代へ
  • 35号(1992年7月) 鏡花夢幻帖
  • 36号(1992年11月) 悪魔のいる文学誌
  • 37号(1993年3月) 英国幽霊物語
  • 38号(1993年6月) 幻魔妖怪時代劇
  • 39号(1993年9月) 大怪獣文学館
  • 40号(1994年1月) 幻想ベストブック1987-1993、書評特集「ドラコニアの新地平」、「眠れ、黒鳥 追悼・中井英夫
  • 41号(1994年7月) ホラー・ジャパネスク
  • 42号(1994年10月) RAMPOMANIA
  • 43号(1995年2月) 死後の文学
  • 44号(1995年6月) 中国幻想文学必携
  • 45号(1995年9月) アメリカ幻想文学必携
  • 46号(1996年2月) 文学大全、小特集「野中ユリの夢宇宙」
  • 47号(1996年6月) 怪談ニッポン!
  • 48号(1996年10月) 幻想建築文学館
  • 49号(1997年3月) シネマと文學!
  • 50号(1997年7月) 澁澤龍彦1987-1997
  • 51号(1997年11月) アンソロジーの愉楽
  • 52号(1998年3月) の妖、猫の幻
  • 53号(1998年9月) 音楽+幻想+文学
  • 54号(1999年2月) 世の終りのための幻想曲、小特集「山尾悠子の世界」
  • 55号(1999年5月) ミステリVS幻想文学、小特集「京極夏彦考」
  • 56号(1999年10月) くだんミノタウロス、牛妖伝説
  • 57号(2000年2月) 伝綺燦爛 - 赤江瀑の世界
  • 58号(2000年6月) 女性ファンタジスト2000
  • 59号(2000年11月) ボルヘス&ラテンアメリカ幻想
  • 60号(2001年3月) 幻想ベストブック1993-2000
  • 61号(2001年8月) 百物語文学誌 - めぐりめぐる物語の魔
  • 62号(2001年11月) 魔都物語 - 都市が紡ぐ幻想と怪奇
  • 63号(2002年3月) M・R・ジェイムズと英国怪談の伝統
  • 64号(2002年7月) 幻獣ファンタスティック - 幻想動植物の世界
  • 65号(2002年11月) 神秘文学への誘い、小特集「日影丈吉小特集」
  • 66号(2003年3月) 幻想文学研究のキイワード
  • 67号(2003年7月) 東方幻想 - 異国への憧憬と恐怖

主な連載[編集]

  • 渋谷章「ハガード、ハガード!」1-67号 - ヘンリー・ライダー・ハガードの評伝
  • 「一書一会」1-11回、「新・一書一会]44-67号 - 作家インタビュー
  • 菊地秀行「シネマ幻想館」3-30号
  • 田中浩一「サイキックミュージック講座」「サイキックミュージック最前線」9-30号
  • 稲生平太郎「不思議な物語」10-67号
  • 笠井潔「日本幻想作家論」12-19号
  • 井辻朱美「ファンタジーの森から」21-33号
  • 山下武「ドッペルゲンガー文学考」37-67号
  • 篠田真由美「ARCHITECTURA PHANTASTICA 幻想建築術」50-60号 - 連載小説

別冊幻想文学[編集]

以下が、不定期で刊行。

  • 1. 中井英夫スペシャル(1986年)
  • 2. クトゥルー倶楽部(1987年)
  • 3. タルホ・スペシャル(1987年)
  • 4. 澁澤龍彦スペシャルI シブサワ・クロニクル(1988年)
  • 5. 澁澤龍彦スペシャルII ドラコニア・ガイドブック(1989年)
  • 6. 日本幻想作家名鑑 (1991年)
  • 7. ドラキュラ文学館 吸血鬼小説大全(1993年)
  • 8. 中井英夫スペシャルI 反世界の手帖(別冊1号の増補改訂版、1993年)
  • 9. 中井英夫スペシャルII 虚無へ捧ぐる(1993年)
  • 10 ラヴクラフト・シンドローム(1993年)
  • 11. アンドロギュニス! 両性具有文学館(第31号の増補改訂版、1995年)
  • 12. モダンホラー・スペシャル(1998年)
  • 13. 怪人タネラムネラ 種村季弘の箱(2002年)

関連書籍[編集]

※いずれも東雅夫編

  • 『幻想文学 1500ブックガイド』(国書刊行会、1997年)、石堂藍との編著
  • 『日本幻想作家事典』(国書刊行会、2009年)、同上
    • 『日本幻想文学事典 日本幻想文学大全』ちくま文庫、2013年12月、他2冊刊
  • 『幻想文学講義 「幻想文学」インタビュー集成』(国書刊行会、2012年)、74名へのインタビュー
  • 『世界幻想文学大全』ちくま文庫(全3巻)、2012年11月-12月
    • 1 幻想文学入門、2 怪奇小説精華、3 幻想文学神髄