幻覚的リアリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

幻覚的リアリズム(Hallucinatory realism)(げんかくてきりありずむ)は、幻想文学の一ジャンルの呼称である。特に夢の世界を描写しているのが特徴で、作品の内部に矛盾を孕みながら物語が進展していく。

1975年、ドイツの詩人アネッテ・フォン・ドロステ=ヒュルスホフに対する批評に使われた[1]のが、恐らく最初の幻覚的リアリズムの例である。当時は作品が矛盾した内容を孕むものとして批判されたが、のちに好意的に使われるようになった[2]。ヒュルスホフの詩は、フェミニズムの潮流により再評価が進み、現代では幻覚的リアリズムの創始者とされている。

2012年にノーベル文学賞を受賞した莫言の受賞理由には、幻覚的リアリズムが挙げられている。

脚注[編集]

  1. ^ Larry D. Wells (January 1975). "Annette von Droste-Hülshoff: Werk und Leben by Clemens Heselhaus. Review by: Larry D. Wells". The German Quarterly. 48 (1): 101–103. doi:10.2307/403458. JSTOR 403458.
  2. ^ Elisabeth Krimmer (2001). "A Perfect Intimacy with Death: Death, Imagination, and Femininity in the works of Annette von Droste-Hülshoff". Women in German Yearbook. 17: 132. doi:10.1353/wgy.2001.0006. JSTOR 20688927.