幽☆遊☆白書 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
幽☆遊☆白書
監督 阿部紀之
脚本 大橋志吉
出演者 佐々木望
千葉繁
緒方恵美
檜山修之
音楽 本間勇輔
主題歌 馬渡松子
「微笑みの爆弾」
撮影 福島敏行
編集 厨川治彦
植松淳一
製作会社 スタジオぴえろ
配給 東映
公開 日本の旗 1993年7月10日
上映時間 25分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 幽☆遊☆白書 冥界死闘篇 炎の絆
テンプレートを表示

幽☆遊☆白書』(ゆうゆうはくしょ)は、1993年7月10日に公開された映画作品である。

東映アニメフェアで、『ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』『Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!ペンギン村より愛をこめて』との3本同時上映。

本編とは違い、完璧なまでに子供向けとなっており、戦闘描写を軸に話が進む。

ストーリー[編集]

夏休み、他校の不良たちと喧嘩に明け暮れていた幽助と桑原は、ぼたんの頼みで霊界を訪れた。バカンスを満喫していたコエンマが誘拐され、返してほしければ閻魔大王の金印を持ってくるように言われたのだ。幽助・桑原は蔵馬と飛影の協力により、取引の場所であるマグマ谷に向かう。

登場人物[編集]

ここでは映画オリジナルキャラクターのみ掲載する。

牙瑠餓(ガルガ)/椰嗄(ヤシャ)
声:青野武
コエンマ誘拐事件の黒幕の最重要指名手配中の妖怪。コアシュラを利用し、霊界から金印を奪おうと企んだ。当初は、地味な容姿の牙瑠餓の姿をしていたが、幽助との戦闘になった際は真の姿である椰嗄の正体を現した。胸にどんな攻撃をも跳ね返す反射鏡を持っており、霊丸を跳ね返し、幽助を苦戦させるが、幽助の機転によってマグマを浴びせられたことで反射鏡を開けなくなり、霊丸を受けて溶岩の中に消えた。その後の生死は不明。
コアシュラ
声:松本梨香
コエンマ誘拐事件の首謀者。過去、コエンマにコテンニョへの告白を邪魔されたことを根に持ち、復讐を計画したが、ヤシャに利用されていただけだった。事件後、コエンマと共に1万回の尻叩きの刑を受けた。コエンマを嫌っているが、命を奪う気まではなかった為、コエンマが本当にマグマに落ちそうになった時には牙瑠餓に助けるように指示する姿を見せた。
邪鬼一族
マグマ谷へ行く途中の一本道を支配している鬼の一族。幽助らが持つ金印を狙うが、返り討ちに遭う。
ジュガン
声:鈴木勝美
枯木を操ることが出来る妖怪。無限に再生する枯木の檻を作って幽助と桑原を閉じ込め、ショウビに叩き落されたぼたんを始末しようとするが、蔵馬飛影には敵わなかった。
ショウビ
声:荒川太郎
ジュガンと共に現れた、空を飛べる妖怪。ジュガンが幽助を転ばせてこぼれ出た金印を拾い、空に逃げるが、飛影に斬られた。
コテンニョ
声:白鳥由里
コエンマとコアシュラが霊界幼稚園に通っていたとき、好意を寄せていた女の子。

本作オリジナル用語[編集]

金印(きんいん)
霊界の統治者の証である金色の判子。エンマ大王の机の下にある隠しスイッチを入れることで、向かいの壁から現れるようになっている。
マグマ谷(-だに)
その名の通り、マグマが存在する谷。コアシュラがコエンマを拘束している場所であり、取引の場と最後の戦いの場にもなった。
霊界幼稚園(れいかいようちえん)
コエンマやコアシュラが通っていた幼稚園。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

「微笑みの爆弾」
作詞 - リーシャウロン / 作曲・編曲・歌 - 馬渡松子

エンディングテーマ[編集]

さよならbyebye
作詞 - リーシャウロン / 作曲・編曲・歌 - 馬渡松子

リリース[編集]

関連書籍[編集]

アニメコミックス『幽☆遊☆白書』
本作をフィルムコミック化したもの。ちなみに、蔵馬と飛影が背中合わせになっている見開きのシーンは版権イラストのものであり、本編映像のものではない。

関連項目[編集]