幾世橋村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
幾世橋村
廃止日 1953年10月10日
廃止理由 新設合併
幾世橋村、浪江町、請戸村浪江町
現在の自治体 浪江町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
双葉郡
総人口 2,620
(1950年10月1日)
隣接自治体 双葉郡浪江町請戸村苅野村
相馬郡福浦村
幾世橋村役場
所在地 福島県双葉郡幾世橋村北幾世橋字羽場3
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

幾世橋村(きよはしむら)は、1953年まで福島県浜通りに存在していた村。1896年以前は標葉郡、1896年以後は双葉郡に属した。現在の浪江町北東部にあたる。

地理[編集]

  • 河川:請戸川

歴史[編集]

もとは泉田村と称していたが、宝永7年(1710年)に村内の北原御殿にて隠居していた中村藩第5代藩主・相馬昌胤が、和歌の師である中院通茂から贈られた「跡たえし ながらもあるを 幾世橋 いくよかわらず ふり残るらむ」という歌にちなんで幾世橋村へと改名した。

沿革[編集]

  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制施行にともない、北幾世橋村・南幾世橋村・棚塩村の計3か村が合併して新制の標葉郡幾世橋村が発足。
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 標葉郡と楢葉郡が合併して双葉郡が発足。双葉郡幾世橋村となる。
  • 昭和28年(1953年)10月10日 - 浪江町・請戸村と合併し、新制の浪江町となる。

行政[編集]

  • 歴代村長
氏名 就任 退任 備考
1 紺野芳綱 明治22年(1889年)7月6日 明治26年(1893年)7月5日
2 渡辺長綱 明治26年(1893年)7月6日 明治42年(1909年)7月5日
3 志賀孝蔵 明治42年(1909年)7月22日 大正2年(1913年)7月21日
4 佐藤清蔵 大正2年(1913年)8月28日 大正8年(1919年)8月30日
5 紺野芳綱 大正8年(1919年)10月30日 大正11年(1922年)1月18日 再任
6 高木久五郎 大正11年(1912年)12月27日 昭和元年(1926年)12月28日
7 志賀一郎 昭和2年(1927年)5月18日 昭和21年(1946年)11月29日
8 坂本亀治 昭和22年(1947年)4月5日 昭和26年(1951年)4月5日
9 横山仁作 昭和26年(1951年)4月23日 昭和28年(1953年)10月9日

教育[編集]

  • 幾世橋村立幾世橋小学校
  • 幾世橋村立幾世橋中学校

参考文献[編集]

  • 『浪江町史』(福島県双葉郡浪江町、1974)
  • 『浪江町近代百年史』第一集(浪江町郷土史研究会、1984)

関連項目[編集]