広尾沖地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
広尾沖地震
広尾沖地震の位置(日本内)
広尾沖地震
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 1962年昭和37年)4月23日
発生時刻 14時58分13.9秒(JST
震央 日本の旗 日本 北海道広尾町北東沖約40km
北緯42度27.7分
東経143度46.0分(地図
震源の深さ 69km
規模    マグニチュード(M)7.1
最大震度    震度5:北海道帯広市 広尾町
出典:特に注記がない場合は気象庁による。
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

広尾沖地震(ひろおおきじしん)とは、1962年(昭和37年)4月23日北海道広尾町北東沖約40km(北緯42度27.7分、東経143度46.0分)を震源として発生した地震である[1]

概要[編集]

広尾町北東沖約40kmの北緯42度27.7分、東経143度46.0分、深さ69kmを震源として発生した。釧路で当時最大であった390ガル加速度を観測した[2]。地震による被害は十勝川流域の軟弱地盤地帯のほかに道路や上下水道、鉄道、電線に多かったが一般住宅の被害は少ない[1][注 1]最大加速度と被害が乖離する現象は宮城県北部地震でも起きており、原因として地震計の精度の向上や観測地点の増加などが挙げられ、地震動そのものが強くなっているわけではないと考えられる[2]。また、この地震によって十勝岳の噴火が誘発されたとみられる[3]。(後述)

震度[編集]

震度3以上を観測した地点は次の通り[4]:

震度 都道府県 市区町村
5 北海道 帯広市 広尾町
4 北海道 苫小牧市 浦河町 釧路市
青森県 青森市
3 北海道 札幌市中央区 函館市 森町 江差町 小樽市 倶知安町 岩見沢市 旭川市 羽幌町 網走市 紋別市 室蘭市 根室市
青森県 深浦町 八戸市 むつ市
岩手県 宮古市 盛岡市 水沢観測所(現:奥州市)
宮城県 宮城野区 石巻市
山形県 酒田市
福島県 福島市
茨城県 石岡市

震度5の強震域は十勝地方に限られているが有感域は約880km先の静岡県にまでわたっており、これは1952年の十勝沖地震(M8.2)に匹敵する。相対的に規模が小さい割に有感域が広いのは震源の位置が深かったからだとされる[1]

被害[編集]

震源の位置が深かったために津波は発生せず、津波による被害はなかった。地震動による被害は池田町豊頃村にかけて顕著で、池田・利別間の道路では幅10〜220cmの亀裂が30mにわたって発生し、顕著な崩落が2か所あった。池田町の下川合では畑地で幅10cm、深さ56cm、長さ33cmにわたる地割れと湧水や砂の流出による直径5m、深さ40cmの地盤沈下が発生した。豊頃村幌岡では十勝川の築堤が長さ10kmにわたり地割れが発生し、幅90㎝に達するところもあった。これにより付近一帯では泥地状態となった[1]

帯広市周辺や幕別町忠類村などではモルタル造の建物の被害が多く、サイロや煙突の壁に亀裂が生じたり、地震時に時計の振り子が外れて落ちることもあった。大樹町では地盤の比較的丈夫なところでの被害が多かった[1]

十勝岳の噴火[編集]

十勝岳の火山活動は1952年頃から始まっていたが[3][注 2]、広尾沖地震の後その活動は特に活発になった。

有感地震の増加[編集]

1952年に始まった火山活動は主に噴気孔の形成や硫黄の生産量の増加、微小地震の発生であったが、広尾沖地震の発生後には大正火口における落石、噴気温度の上昇、有感地震の発生などがみられるようになった。1か月後の5月31日には有感地震を5回観測し[5]、5月末から6月末までの約1カ月の間に火山性の有感地震を10回観測した。これは2006年までの約60年間の十勝岳の観測記録の中では最多である[3]。旭川地方気象台により発表された有感地震は次の通り[6]:

日付 時刻 規模 震度 備考
1962年04月23日 14時58分 M 7.1 広尾沖地震
1962年05月31日 02時23分 M 3.3 震度2
1962年05月31日 02時29分 震度1
1962年05月31日 02時32分 震度1
1962年05月31日 04時30分 M 3.6 震度2
1962年06月04日 04時20分 震度1
1962年06月09日 04時20分 震度1
1962年06月09日 19時00分ごろ 不明 火口付近のみ
1962年06月28日 14時23分 震度2

これらの火山活動を経て、1962年6月29日に十勝岳は噴火した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 地震による被害の指標としてはガルのほかにカインがあり、こちらの方が実際の建物の損傷と比例するとされる。最大速度(カイン)の大きさの方が建物の被害状況とよく一致する 一般社団法人日本建築構造技術者協会
  2. ^ 1952年の十勝沖地震に誘発されたとみられる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 広尾沖地震調査報告 (PDF) 札幌管区気象台・帯広測候所 験震時報第27巻 pp.69-77
  2. ^ a b 佐野元彦、「最近の地震被害の特徴」 『地学雑誌』 2006年 115巻 4号 p.466-469, doi:10.5026/jgeography.115.4_466
  3. ^ a b c 1926 十勝岳噴火 中央防災会議:1926 十勝岳噴火 第4章 1962年、1988-89年の噴火
  4. ^ 震度データベース検索”. 気象庁. 2012年12月9日閲覧。
  5. ^ 横山泉、「大地震によって誘発された噴火 北海道大学地球物理学研究報告 1971年 3月25日 25巻 p.129-139 doi:10.14943/gbhu.25.129, hdl:2115/13994
  6. ^ 磯部清、「昭和37年6月29日の十勝岳噴火について」 地学雑誌 1963年 72巻 5号 p.244-256, doi:10.5026/jgeography.72.244

関連項目[編集]