廣岡義隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

廣岡 義隆(ひろおか よしたか、1947年1月18日 - )は、国文学者、三重大学名誉教授。

福井県(現おおい町)生まれ。1969年三重大学教育学部中学校教員養成課程卒、1973年大阪大学大学院文学研究科修士課程修了、追手門学院高等学校教諭。1975年園田学園女子大学講師、1977年4月三重大学教育学部助手、10月講師、1978年助教授、1983年同人文学部助教授、1989年教授、[1]2010年定年退任、名誉教授。[2]2004年「上代の言語に関する動態論的考察」で大阪大学文学博士。『万葉集』など上代文学が専門。

著書[編集]

  • 『万葉の歌 人と風土 8 滋賀』保育社 1986
  • 『上代言語動態論』塙書房 2005
  • 『萬葉のこみち』塙書房 はなわ新書 美夫君志リブレ 2005
  • 『萬葉の散歩みち』新典社新書 2008
  • 『行幸宴歌論』和泉書院 2010
  • 『続・萬葉の散歩みち』新典社新書 2013
  • 『佛足石記佛足跡歌碑歌研究』和泉書院 2015

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 『続・万葉の散歩みち』著者紹介