広島六大学野球連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
広島六大学野球連盟
創立 1967
参加チーム 6
日本の旗 日本
前回優勝 近畿大学工学部(49回目)
最多優勝 近畿大学工学部(49回)

広島六大学野球連盟(ひろしまろくだいがくやきゅうれんめい、英語表記はHIROSHIMA BIG-SIX6 UNIVERSITIES BASEBALL LEAGUE)とは、広島県内にある6校の大学で構成された大学野球リーグである。全日本大学野球連盟傘下である。

沿革[編集]

運営[編集]

所在地[編集]

〒731-3195 広島市安佐南区大塚東1-1-1 広島修道大学内

構成[編集]

固定した6校

理 事 長 葉佐井 博巳

事務局担当 西本 孝司

運営方法[編集]

対戦方法[編集]

春秋でそれぞれリーグ戦を行い、2戦先勝方式の総当たりによる勝ち点制。(引き分けは再試合)

2戦先勝方式[編集]

同一の対戦校に対して先に2勝したチームがその相手校との対戦に勝利したとして対戦を終了する。(1勝1敗の場合は第3戦を行い決着を付ける。)

順位決定方法[編集]

勝ち点制[編集]

同一対戦校に勝ち越した場合に勝ち点1を獲得し、勝ち点が多い方が上位。勝ち点が同じ場合は全体の勝率比較によって順位を決定。 勝ち点も勝率も同じ場合は、優勝決定に関わる場合に限り優勝決定戦(プレイオフ)1試合を行なう。 決定戦の成績はリーグ戦の成績に加算しない。

試合会場[編集]

多くが加盟校の所有野球場を使用するが、2007年秋から東広島運動公園野球場(アクアスタジアム)も使用している。MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島も使用する。

加盟大学[編集]

※大学選手権=全日本大学野球選手権大会出場回数、神宮大会=明治神宮大会出場回数。(大学選手権と神宮大会の実績はリーグ発足以前も含む)

学校 所在地 優勝回数 最終優勝 大学選手権 神宮大会 最終出場大会 備考
近畿大学工学部 東広島市 50 2018年秋 28 9 2017年
大学選手権
全日本大学野球選手権ベスト4:4回
明治神宮大会準優勝:1回
広島経済大学 広島市安佐南区 25 2016年春 13 4 2016年
大学選手権
広島大学 東広島市 12 2018年春 3 4 2018年
大学選手権
広島修道大学 広島市安佐南区 11 1983年秋 6 2 1972年
大学選手権
旧:広島商科大学
広島国際学院大学 広島市安芸区 4 2014年秋 1 0 2005年
大学選手権
旧:広島電機大学
広島工業大学 広島市佐伯区 2 1997年秋 0 0 -

歴代優勝校[編集]

平成以降の優勝校[1]

  • ◇:明治神宮野球大会出場権獲得(1992年までは西部地区と隔年出場)
  • ◎:代表決定戦に勝利し明治神宮野球大会出場権獲得
開催年 春季リーグ優勝 秋季リーグ優勝
1989年 近畿大学工学部 近畿大学工学部◇
1990年 近畿大学工学部 近畿大学工学部
1991年 近畿大学工学部 広島経済大学◇
1992年 広島経済大学 広島経済大学
1993年 近畿大学工学部 広島経済大学◎
1994年 近畿大学工学部 広島経済大学
1995年 広島経済大学 広島経済大学◎
1996年 広島経済大学 広島電機大学
1997年 近畿大学工学部 広島工業大学
1998年 広島経済大学 広島経済大学
1999年 広島経済大学 広島経済大学
2000年 近畿大学工学部 広島経済大学
2001年 広島経済大学 近畿大学工学部
2002年 近畿大学工学部 広島大学◎
2003年 近畿大学工学部 広島国際学院大学
2004年 広島経済大学 広島経済大学
2005年 広島国際学院大学 近畿大学工学部
2006年 広島経済大学 近畿大学工学部
2007年 近畿大学工学部 広島経済大学
2008年 広島経済大学 近畿大学工学部◎
2009年 広島経済大学 広島大学
2010年 広島経済大学 近畿大学工学部
2011年 近畿大学工学部 近畿大学工学部
2012年 広島経済大学 近畿大学工学部
2013年 近畿大学工学部 近畿大学工学部◎
2014年 広島経済大学 広島国際学院大学
2015年 近畿大学工学部 近畿大学工学部
2016年 広島経済大学 近畿大学工学部
2017年 近畿大学工学部 近畿大学工学部
2018年 広島大学 近畿大学工学部
2019年

脚注[編集]

  1. ^ それ以前の優勝校は下記を参照。
    広島六大学野球連盟 歴代優勝校(全国大学野球総合情報サイト大学野球~神宮への道~)

関連項目[編集]

全日本大学野球連盟