広島商船高等専門学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
広島商船高等専門学校
広島商船高専本館
広島商船高専本館
略称 広島商船高専、広島高専、商船、広船
英称 National Institute of Technology, Hiroshima College (NIT, Hiroshima College)
設置者 国立高等専門学校機構
種別 国立商船高等専門学校
設立年 1967年
学科 商船学科
電子制御工学科
流通情報工学科
専攻科 海事システム工学専攻
産業システム工学専攻
所在地 725-0231
ウェブサイト http://www.hiroshima-cmt.ac.jp/
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

広島商船高等専門学校(ひろしましょうせんこうとうせんもんがっこう、英称:National Institute of Technology, Hiroshima College)は、広島県豊田郡大崎上島町にある日本の国立高等専門学校。1967年に設置された。略称は広島商船高専広島高専商船広船

全国に5校設置されている商船高専の1つである。

組織[編集]

沿革[編集]

  • 1898年5月10日 豊田郡東野村外12か町村組合立芸陽海員学校として長谷多嘉助豊田郡長(吉名村村長兼任)が創立
  • 1899年5月17日 実業学校令に基づき学則を改正し、校名を芸陽商船学校と改称
  • 1901年4月1日 広島県に移管,広島県商船学校と改称
  • 1901年6月1日 広島県立商船学校と改称
  • 1940年7月1日 文部省直轄となり、広島商船学校と改称
  • 1942年1月1日 逓信省に移管
  • 1943年11月1日 官制改正により、運輸通信省所管となる
  • 1945年5月18日 官制改正により、運輸省所管となる
  • 1951年4月1日 文部省に移管され、広島商船高等学校と改称
  • 1967年6月1日 広島商船高等専門学校となる(入学定員:航海学科1学級40人、機関学科1学級40人)
  • 1969年6月1日 航海学科1学級(定員40人)増設
  • 1971年6月1日 広島商船高等学校廃止
  • 1985年4月1日 航海学科1学級(定員40人)を流通情報工学科1学級(定員40人)に改組
  • 1988年4月1日 航海学科(定員40人)、機関学科(定員40人)を商船学科1学級(定員40人)、電子制御工学科1学級(定員40人)に改組
  • 1991年3月26日 電子制御工学科校舎竣工
  • 2004年4月1日 独立行政法人国立高等専門学校機構広島商船高等専門学校となる。

設置学科[編集]

学科(準学士課程)[編集]

  • 商船学科 航海コース(定員20名)と機関コース(定員20名)の2コースである。
  • 電子制御工学科
  • 流通情報工学科

専攻科(学士課程)[編集]

  • 海事システム工学専攻
  • 産業システム工学専攻

出身者[編集]

関連項目[編集]