広島市立幟町小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
広島市立幟町小学校

NOBORICHO ElementarySchool in Hiroshima.JPG

過去の名称 由興舎
弘道小学校
幟町尋常小学校
幟町尋常高等小学校
幟町国民学校
国公私立の別 公立学校
設置者 広島市
設立年月日 1873年(明治6年)1月7日
共学・別学 男女共学
所在地 730-0036
広島県広島市中区幟町6-36
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示
被爆前。
被爆後。
米軍が撮影した八丁堀周辺の被爆前後。横断する道路が相生通りで写真中央やや右上が幟町国民学校。その上、つまり写真上部にある建物が当時のNHK広島放送局

広島市立幟町小学校(ひろしましりつ のぼりちょうしょうがっこう)は、広島県広島市中区幟町にある市立小学校

広島平和記念公園内にある原爆の子の像のモデルになった佐々木禎子およびB&B島田洋七が在籍していたことでも有名。

概要[編集]

1873年明治6年)開校。1872年(明治5年)の学制公布後、広島市内で最初に開校した小学校である。

北東部に広島市の玄関であるJR広島駅、駅前商店街がある。また、南部は福屋三越等の百貨店映画館飲食店等が集中し、市最大の繁華街となっている。一方、北部には、縮景園広島県立美術館広島女学院幟町中学校、さらにはエリザベト音楽大学が隣接するなど文教地区に位置している。そのため、市の中心部にあって周辺を高層のビルに取り囲まれている学校ではあるが、閑静な環境をもっている。

1965年(昭和40年)4月1日の広島市内の町名変更に伴い、町名の読みが「のぼりまち」から現在の「のぼりちょう」に改称されたため、これ以前の卒業生などにはのぼりまちと旧称で呼ばれることもある。

1945年(昭和20年)8月6日、広島市への原子爆弾投下により被爆、校舎は全焼した。なお、校内にあってその時被爆したクロガネモチの木は、2002年平成14年)に枯死するまで生存していた。過去に在学していた佐々木禎子にちなみ、毎年禎子の命日前後に全児童が集い、命と平和について考え合うコスモス集会が行われている。

以前、毎朝の始業前、朝のかけ足と呼ばれるランニングを全児童が裸足で行っていた。当時は、児童のケガ防止のため、定期的にグランドの石拾いを全児童で行った。運動会も裸足で行っていた。現在では、週2日昼に靴を履いてランニングをしている。

沿革[編集]

詳しくは、幟町小学校の沿革を参照。

学区[編集]

学区は、広島市中区東区南区の三行政学区に属し、34町内会に分かれている。

進路[編集]

卒業生は主に近隣の広島市立幟町中学校に進学する。広島女学院中学校・高等学校も近い。

著名な関係者[編集]

出身者

交通[編集]

関連項目[編集]