広島瓦斯電軌E形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
広島瓦斯電軌E形電車
150形電車
Hiroden-150.JPG
156号。江波車庫(許可を得て撮影)
基本情報
製造所 梅鉢鉄工所
主要諸元
軌間 1,435 mm
車両定員 42(着席18)人(更新後)
58(着席 不明)人(更新前)
車両重量 10.3t(更新後)
9.5t(更新前)
全長 9,069(更新後)mm
9,068(更新前) mm
全幅 2,400(更新後)mm
2,438(更新前) mm
全高 3,888(更新後)mm
3,656(更新前) mm
車体 普通鋼(半鋼製)
台車 S-12
主電動機 MB-82-L
主電動機出力 25kW
搭載数 2基 / 両
駆動方式 吊り掛け式
制御装置 直接制御
備考 両数:10両
テンプレートを表示

広島瓦斯電軌E形電車(ひろしまがすでんきEがたでんしゃ)は、1925年に広島瓦斯電軌(後の広島電鉄)が新製して在籍中の路面電車車両である。後年150形と形式を改めている。現存する156は、車体は戦後に載せ替えたものの、台車など一部の部品は新製当時のままであり、650形と同様に原爆に遭った被爆電車である。

概要[編集]

梅鉢鐵工所(後の帝國車輛工業)において151 - 160の計10両が新製された。車番は落成当初より151 - 160であるが、形式称号は宮島線向けに新製されたD形電車に次ぐ「E形」とされた。1939年に車番はそのままに形式称号を150形と改められた。

1945年8月6日の広島市への原子爆弾投下で、電車宮島駅(現在の広電宮島口駅)に停泊していた157以外は被災し、特に広島駅近くにいた152と、紙屋町近くにいた153号は全焼の被害を受けたが、1948年4月までに全車復旧された。

1952年に152・153・160を除く7両が車体新造により更新された。更新前の車体は、横浜市の市電保存館に保存されている横浜市電500形に似た一段下降窓を持つ鋼製初期の典型スタイルであった。

車体更新を受けなかった152・153・160は1965年に廃車。他の7両については、広島電鉄の営業運転に使われる単車としては最後まで残存したが、1971年までに全車廃車された。

最後まで運用された156・157は解体処分を免れて静態保存措置が取られた。156が江波車庫の庫内において保管され、157は市内の交通公園に展示保存されたが、157については1984年に市内線開業当時の車両(A形電車)を模したレプリカ車両である100形電車(2代)を新製するに当たって台車および主要機器を供出し、車体は解体処分された。

その後、広島電鉄が主催した電車内被爆者や女性乗務員の集う場で、150形をはじめ400形・450形などの戦時中多く活躍した半鋼製単車が話題となったことが契機となり、1987年にこれら単車中唯一残存した156が奇跡的に復籍して、現在に至っている。この際、ビューゲルのZパンタ化やドアエンジンの設置等が行われた。

復籍して1週間は江波線で運用されたが、その後は内部が木造で不燃・難燃化対策未施工であり、運行の都度監督官庁の許可が要る事などから使用されていないが、洗車等は定期的に行われている。二軸車(鉄道)の車体復元車両は各地に存在するが、その多くは木造ないしは木造を模したオープンデッキ構造である。よって、車体が半鋼製で扉のついた大正末期から昭和20年代頃のスタイルを留める自走可能な二軸車としては156が全国唯一のものとなった。

車体の復元車ではなく昭和20年代頃の原型を留めていて目立った改造も行われず、営業運転に供することが可能な状態にある二軸車は全国的にも非常に珍しい。

原子爆弾による被害[編集]

車番 被災場所・状況 状態 復旧 備考
151 千田町車庫で被爆 中破 1947年2月
152 広島駅付近で被爆 全焼 1948年3月
153 紙屋町付近で被爆 全焼 1948年4月
154 千田町車庫で被爆 小破 1945年12月
155 広陵前付近で被爆 小破 1945年9月
156 江波付近で被爆 中破 1946年3月
157 電車宮島駅に停泊 無被災
158 十日市と横川の間で被爆 大破 1946年1月
159 江波付近で被爆 大破 1946年1月
160 千田町車庫で被爆 小破 1945年12月

各車状況[編集]

車番 竣工 車体更新 所属車庫 備考
151 1925年4月 1952年9月-1953年4月 1969年10月31日廃車
152 1925年4月 未実施 1965年11月15日廃車
153 1925年4月 未実施 1965年11月15日廃車
154 1925年4月 1952年9月-1953年4月 1969年10月31日廃車
155 1925年4月 1952年9月-1953年4月 1969年10月31日廃車
156 1925年4月 1952年9月-1953年4月 江波車庫所属 1971年5月20日廃車、1987年7月31日復籍
157 1925年4月 1952年9月-1953年4月 1971年5月20日廃車 交通公園に保存後、台車を100形に流用
158 1925年4月 1952年9月-1953年4月 1969年10月31日廃車
159 1925年4月 1952年9月-1953年4月 1969年10月31日廃車
160 1925年4月 未実施 1965年12月15日廃車

参考文献[編集]

  • 『ローカル私鉄車両20年 路面電車・中私鉄編』(JTBパブリッシング・寺田裕一) ISBN 4533047181
  • 『広電が走る街今昔』(JTBパブリッシング・長船友則) ISBN 4533059864
  • 『私鉄の車両3 広島電鉄』( 保育社・飯島巌) ISBN 4586532033
  • 『広島の路面電車65年』(毎日新聞ニュースサービス社・広島電鉄)