広島県立びんご運動公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
広島県立びんご運動公園
Bingoriku2.jpg
広島県立びんご運動公園の位置(広島県内)
広島県立びんご運動公園
分類 運動公園
所在地
広島県尾道市栗原町997
座標 北緯34度26分0.5秒 東経133度10分39秒 / 北緯34.433472度 東経133.17750度 / 34.433472; 133.17750座標: 北緯34度26分0.5秒 東経133度10分39秒 / 北緯34.433472度 東経133.17750度 / 34.433472; 133.17750
面積 8,760,000 m2
告示 1993年
テンプレートを表示

広島県立びんご運動公園(ひろしまけんりつ びんごうんどうこうえん)は、広島県尾道市にある運動公園。広島県が施設を保有し、イズミテクノ・RCC文化センター・シンコースポーツ共同企業体が指定管理者として管理運営している。

概要[編集]

1994年アジア競技大会広島大会を機に建設され、1993年平成5年)に正式に開場したが、その前年1992年(平成4年)のアジアカップから使われている。アジア大会ではサッカー1996年(平成8年)のひろしま国体ではテニスとソフトボール会場として使用された。1997年(平成9年)からサンフレッチェ広島の提携スクール・サンフレッチェびんごサッカースクールの練習場として利用されている。 また、2002年(平成14年)には尾道しまなみ球場が開場した。

2004年(平成16年)10月11日午前7時ごろ、公園内の大型滑り台(ジャイアントスロープ)を利用時間外に持参したそりで利用していた主婦とその二女が斜面下の滑り止めマット(高さ60cm)を乗り越え、約4m下の管理道路に転落した。主婦は死亡、二女は意識不明の重体となった。この事故でおよそ半年の間スロープの利用が中止され、安全対策が打たれた。

2008年(平成20年)から指定管理者としてポラーノグループびんご(特定非営利活動法人ポラーノ・三栄産業・地域パートナーズ広島による共同企業体)と契約、期間は2008年4月1日から3年。

2016年(平成28年)4月より指定管理者としてイズミテクノ・RCC文化センター・シンコースポーツ共同企業体と契約。

施設概要[編集]

陸上競技場
野球場
テニスコート

など

アクセス[編集]

バス[編集]

  • JR尾道駅新尾道駅よりおのみちバス中国バス「びんご運動公園北門」行で終点下車
    • 土・日・祝日に1往復のみで経由地の違う「びんご運動公園」行きもある
    • プロ野球・高校野球等開催時は臨時便を多数運行し「しまなみ球場前」バス停を経由する

[編集]

徒歩[編集]

  • JR新尾道駅から約30分

関連項目[編集]