広島県立びんご運動公園球技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:球技場全体の画像提供をお願いします。2009年4月
広島県立びんご運動公園 > 広島県立びんご運動公園球技場
広島県立びんご運動公園球技場
広島県立びんご運動公園球技場の位置(広島県内)
広島県立びんご運動公園球技場
施設情報
所在地 広島県尾道市栗原町997
位置 北緯34度26分14.5秒
東経133度10分39.1秒
座標: 北緯34度26分14.5秒 東経133度10分39.1秒
開場 1993年10月
所有者 広島県
運用者 ポラーノグループびんご
グラウンド クレー
ピッチサイズ 154m×80m
照明 8機
使用チーム、大会
第51回国民体育大会ソフトボール競技
収容能力
2,000人
アクセス
JR新尾道駅から徒歩20分、JR尾道駅から車で20分、山陽自動車道尾道ICから5分および西瀬戸自動車道尾道ICから10分

広島県立びんご運動公園球技場(ひろしまけんりつ - うんどうこうえんきゅうぎじょう)は尾道市にある広島県立びんご運動公園に立地する球技場。施設は広島県が所有し、ポラーノグループびんごが指定管理者として運営に当たっている。

フィールドはクレーであり、サッカーラグビーの他にソフトボール(2面)やグラウンドゴルフなどの公式戦を開催できる設備を持っている。

概要[編集]

1993年10月開場。1996年ひろしま国体のソフトボール競技会場となった。

施設概要[編集]

ソフトボールも開催可能なため、コーナー部に対角線の位置でバックネットが2基設置されている。フィールドはクレー。スタンドは全席が芝生席だが傾斜角度があまりないため、前に人がいると、スタンドの後部からは試合が見難い。反面、造りとしてはソフトボール場というよりも、ほぼサッカーラグビー専用としての形でスタンドが設置されている。

  • クレー
  • サッカー1面、ラグビー1面、ソフトボール2面の使用が可能。そのほかにもグラウンドゴルフなどにも使用できる。
  • 収容人数 2000人(全席芝生席)
  • 照明:250ルクス
  • 得点板×2、得点板(ソフトボール用)×2

アクセス[編集]

バス[編集]

  • JR尾道駅新尾道駅よりおのみちバス中国バス「びんご運動公園北門」行で終点下車
    • 土・日・祝日に1往復のみで経由地の違う「びんご運動公園」行きもある
    • プロ野球・高校野球等開催時は臨時便を多数運行し「しまなみ球場前」バス停を経由する

[編集]

徒歩[編集]

  • JR新尾道駅から約30分

関連項目[編集]