広島県立高陽高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
広島県立高陽高等学校
広島県立高陽高等学校正門より
国公私立の別 公立学校
設置者 広島県の旗 広島県
校訓 誠実・責任・努力
設立年月日 1977年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 34182H
所在地 739-1741
広島県広島市安佐北区真亀三丁目22番1号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

広島県立高陽高等学校(ひろしまけんりつ こうようこうとうがっこう)は広島県広島市安佐北区真亀三丁目にある公立の高等学校である。

概要[編集]

安佐郡高陽町1973年3月20日に広島市に編入)町域内にある。広島市に編入前の高陽町内には高等学校がまったく存在しなかったが、広島市に編入されたのち、広島市のベッドタウンとして著しい発展を遂げたことから1977年に本校が設置された。

高校のグラウンドを造成中に遺跡が発見された。この結果、グラウンドが小さくなってしまった。そのため、野球部が存在しない。(但し、クラスマッチなどでソフトボールは開催されている模様。)またこのためにプールも設けられていない(当然の事ながら水泳部も存在しない)。

校風は穏やかで,落ち着いた大規模学校である。 進学実績も国公立大学への進学も増え,中堅進学校と言える。 クラブ活動も盛んで,インターハイや中国大会へ行くクラブもある。

2009年度には教務事務システムe-教務を岐阜県外で初めて導入し,校務の情報化を進めている。 2010年度にはICT活用事業実践指定校となり,ICT活用事業を精力的に進めており,広島県高等学校の教育の情報化を牽引する学校となっている。

沿革[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]