広島県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗広島県第1区
衆議院小選挙区 広島県2.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 広島市中区東区南区
(2017年7月16日現在)
比例区 中国ブロック
設置年 1994年
選出議員 岸田文雄
有権者数 330,966人
1.41 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2019年9月登録日)
テンプレートを表示

広島県第1区(ひろしまけんだい1く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

歴史[編集]

第1次安倍改造内閣福田康夫内閣内閣府特命担当大臣[1]を歴任し、第2次安倍内閣外務大臣防衛大臣を歴任した岸田文雄が祖父の代から3代続く強固な地盤を背景に連続8選している。このため、民主党など自民党以外の党が議席を獲得する傾向が多い1区であり、なおかつ都市型選挙区であるにも関わらず、これまで自民党以外は小選挙区の議席を獲得したことがない選挙区である。

2009年第45回衆議院議員総選挙では自民党に猛烈な逆風が吹き荒れ、民主党の菅川洋が岸田を猛追したが、約8千票差で岸田が菅川を下し、広島県の小選挙区で唯一、自民党が議席を獲得した(菅川は比例復活)。広島1区では比例復活を含め、自民党以外の政党に所属する議員が議席を獲得したのは第45回が初めてである。

2012年の第46回衆議院議員総選挙を巡り、一票の格差が問われた訴訟で、2013年3月25日広島2区と共に国政選挙に関して戦後初の選挙無効判決が広島高等裁判所から下された[2]。同月29日に最高裁に上告した[3]。その後同年11月20日に最高裁判所の大法廷は、一票の格差が是正されない状態で選挙が行われた問題については「違憲状態」としながらも、選挙自体は有効であるとする判決を下し無効判決が下った広島2区岡山2区とともに選挙無効は免れた。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 岸田文雄 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年
第46回衆議院議員総選挙 2012年
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年

選挙結果[編集]

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:328,214人 最終投票率:45.73%(前回比:-1.57ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岸田文雄60自由民主党113,239票
78.0%
――公明党推薦
大西理51日本共産党32,011票
22.0%
28.3%

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:317,223人 最終投票率:47.30%(前回比:-6.23ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岸田文雄57自由民主党96,236票
65.7%
――公明党推薦
白坂理香48維新の党25,452票
17.4%
26.4%
大西理48日本共産党18,737票
12.8%
19.5%
伊藤真二47次世代の党5,986票
4.1%
6.2%

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日
当日有権者数:314,600人 最終投票率:53.53%(前回比:-12.1ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岸田文雄55自由民主党103,689票
63.5%
――公明党推薦
野中幸市49民主党25,429票
15.6%
24.5%
菅川洋44日本未来の党21,698票
13.3%
20.9%
大西理46日本共産党12,444票
7.6%
12.0%

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日
当日有権者数:311,170人 最終投票率:65.63%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岸田文雄52自由民主党95,475票
47.3%
――
比当菅川洋40民主党87,557票
43.4%
91.7%
藤本聡志54日本共産党8,945票
4.4%
9.4%
上村好輝49社会民主党5,438票
2.7%
5.7%
中村文則57無所属2,889票
1.4%
3.0%×
山本浩徳47幸福実現党1,393票
0.7%
1.5%

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岸田文雄48自由民主党107,239票
57.3%
――
菅川洋36民主党58,946票
31.5%
55.0%
長妻亮28日本共産党10,698票
5.7%
10.0%
上村好輝45社会民主党10,313票
5.5%
9.6%

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岸田文雄46自由民主党84,292票
55.5%
――
柿沼正明38民主党56,072票
36.9%
66.5%
次石曜子47日本共産党11,463票
7.6%
13.6%
  • 柿沼は第44回以降、群馬3区に国替えし第45回で初当選。

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岸田文雄42自由民主党85,482票
55.1%
――
西尾政英39民主党49,765票
32.1%
58.2%
二階堂洋史50日本共産党19,778票
12.8%
23.1%

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岸田文雄39自由民主党64,709票
44.1%
――
中原好治33新進党42,108票
28.7%
65.1%
松坂知恒37社会民主党12,301票
8.4%
19.0%
平野光徳44日本共産党11,128票
7.6%
17.2%
堀間禎子51民主党9,746票
6.6%
15.1%
信井裕子30新社会党5,930票
4.0%
9.2%
新本均46無所属939票
0.6%
1.5%×

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 沖縄及び北方対策、規制改革、国民生活、再チャレンジ、科学技術政策担当
  2. ^ 昨年の衆院選「広島1、2区は無効」 広島高裁判決 国政選挙やり直しは戦後初 。 - 日本経済新聞 2013年3月25日
  3. ^ 1票の格差:広島県選管が最高裁に上告へ - 毎日新聞 2013年3月29日

関連項目[編集]