広島県道344号大草三原線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
広島県道344号標識
広島県道344号大草三原線
路線延長 km
制定年 1960年
起点 広島県三原市大和町大草
終点 広島県三原市新倉1丁目
接続する
主な道路
(記法)
広島県道50号本郷久井線バイパス
Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号
広島県道75号三原竹原線
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

広島県道344号大草三原線(ひろしまけんどう344ごう おおぐさみはらせん)は三原市大和町大草と三原市新倉1丁目を結ぶ一般県道である。

概要[編集]

路線データ[編集]

沿革[編集]

  • 1960年昭和35年)10月10日 広島県告示第682号により広島県道230号大草三原線として認定される。
  • 1972年(昭和47年)11月1日 都道府県道番号標識導入に伴う広島県の県道番号再編により現行の路線番号に変更される。
  • 2005年平成17年)3月22日 三原市と賀茂郡大和町豊田郡本郷町御調郡久井町が対等合併して改めて三原市が発足したことに伴い全線が三原市域のみを通る路線になり、併せて起点の地名表記が変更される(賀茂郡大和町大草→三原市大和町大草)。
  • 2016年(平成28年)1月14日 - 広島県告示第15号により三原市における区間の路線延伸[1]三原バイパスに並行する国道2号現道区間の管理が国土交通省中国地方整備局福山河川国道事務所から広島県東部建設事務所三原支所へ移管されることが決まったことに伴い、本路線の終点が三原市長谷3丁目(国道2号交点)から現在地に変更される[2][3]
  • 2016年(平成28年)4月1日 - 三原バイパスに並行する国道2号現道区間の管理が広島県東部建設事務所三原支所へ移管され、三原市新倉2丁目・新倉交差点 - 三原市新倉1丁目・定屋大橋北詰交差点が本路線の単独区間となる。

路線状況[編集]

  • 狭隘箇所が多く、大型車は通行困難な箇所が多い。
  • 三原市長谷4丁目にあるJR山陽本線との踏切(小坂沖踏切)はいわゆるかまぼこ型踏切になっている。
  • 広島県道50号本郷久井線バイパス全通後の本路線の処遇は現在のところはっきりしていない。

重用区間[編集]

  • 広島県道50号本郷久井線バイパス(三原市久井町土取)
  • 広島県道50号本郷久井線バイパス(三原市高坂町真良)
  • 広島県道50号本郷久井線現道(三原市高坂町真良)
  • 広島県道50号本郷久井線(三原市高坂町真良)
  • 広島県道155号三原本郷線(三原市小坂町)※重用距離わずか14m。将来は広島県道155号三原本郷線の改良により解消される予定。
  • 国道2号(三原市長谷3丁目 - 三原市新倉2丁目・新倉交差点)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

  • 三原市

接続道路[編集]

  • 広島県道343号下徳良本郷線(三原市大和町大草〔起点〕)
  • 広島県道50号本郷久井線バイパス(三原市久井町土取)
  • 広島県道50号本郷久井線バイパス(三原市久井町土取)
  • 広島県道50号本郷久井線バイパス(三原市高坂町真良〔しんら〕)
  • 広島県道50号本郷久井線バイパス(建設中、三原市高坂町真良)
  • 広島県道50号本郷久井線現道(三原市高坂町真良)
  • 広島県道50号本郷久井線バイパス(三原市高坂町真良)
  • 広島県道50号本郷久井線(三原市高坂町真良)
  • 広島県道155号三原本郷線(三原市小坂町)
  • 広島県道155号三原本郷線(三原市小坂町)
  • 国道2号(三原市長谷3丁目)
  • 国道2号(三原市新倉2丁目・新倉交差点)
  • 広島県道75号三原竹原線(三原市新倉1丁目・定屋大橋北詰交差点〔終点〕)

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成28年定期第4号(告示第15号) (PDF)”. 広島県報. 広島県庁 (2016年1月14日). 2016年4月2日閲覧。
  2. ^ 広島県三原市内における一般国道2号の路線名称が変わります”. 国土交通省中国地方整備局福山河川国道事務所 (2016年3月30日). 2016年4月2日閲覧。
  3. ^ 一般国道2号三原バイパスの現道区間を移管します”. 広島県東部建設事務所三原支所 (2016年3月1日). 2016年4月2日閲覧。

関連項目[編集]