広島県高等学校の廃校一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広島県高等学校の廃校一覧(ひろしまけんこうとうがっこうのはいこういちらん)は、広島県の廃校となった高等学校の一覧。対象となるのは学制改革(1948年)以降に廃校となった高等学校と分校である。名称は廃校当時のもの。廃校時に属していた自治体が合併により消滅している場合は現行の自治体に含める。また、現在休校中の学校は公式には存続していることとなっているが、休校中の学校は事実上廃校となっている場合が多いため、便宜上本項に記載する。

小学校中学校と異なり、生徒が在学中に在籍校が変更となることはほとんどなく、新設校が開校する年と旧校が閉校となる年は異なることが多い。また、統合した場合でも片方の高等学校が旧校の生徒が卒業するまで存続扱いとなる場合もある。

広島県の県立高校は1968年まで「広島県立○○高等学校」ではなく「広島県○○高等学校」と、立をつけていなかった。

広島市[編集]

呉市[編集]

  • 広島県音戸高等学校倉橋西分校(1956年倉橋東分校と統合し倉橋分校西分教場となり、1966年廃止)
  • 広島県音戸高等学校倉橋東分校(1956年倉橋西分校と統合し倉橋分校東分教場へ)
  • 芸南学園芸南高等学校(1975年)
  • 広島県立豊高等学校(1996年)
  • 広島県立倉橋高等学校(1975年音戸高校倉橋分校東分教場から改称し独立するも、2006年広島県立音戸高等学校へ統合)

三原市[編集]

尾道市[編集]

福山市[編集]

府中市[編集]

三次市[編集]

  • 広島県三次西高等学校(1949年広島県三次高等学校へ統合)
  • 広島県塩町高等学校(1961年広島県三次工業高等学校へ改編)
  • 広島県塩町高等学校布野分校(1962年広島県三次高等学校布野分校として移管)
  • 広島県立三次高等学校君田分校(1980年)
  • 広島県立三次高等学校布野分校(1980年)
  • 広島県立三次高等学校作木分校(1987年)
  • 広島県立三次工業高等学校(1996年広島県立三次青陵高等学校へ改編)

庄原市[編集]

東広島市[編集]

  • 広島県西条農業高等学校(旧)(1949年広島県西条高等学校(現:広島県立賀茂高等学校)へ統合され、1953年再独立)
  • 組合立乃美高等学校(1965年賀茂高校久芳分校と統合し広島県賀茂北高等学校へ)
  • 広島県賀茂高等学校久芳分校(1965年乃美高校と統合し広島県賀茂北高等学校へ)

安芸高田市[編集]

江田島市[編集]

安芸郡[編集]

  • 猪野学園聖徳中学校・高等学校(1954年)
  • 広島県立広高等学校蒲刈分校(2003年)

山県郡[編集]

  • 広島県立千代田高等学校大朝分校(1974年)
  • 広島県立千代田高等学校豊平分校(2005年)

豊田郡[編集]

  • 広島県木江工業高等学校(初代)(1948年9月芸陽高校と統合し甲陽高校へ)
  • 中野村立芸陽高等学校(1948年9月木江工業高校と統合し甲陽高校へ)
  • 広島県芸陽高等学校(1949年大崎高校へ統合)
  • 広島県立大崎高等学校(1998年木江工業高校と統合し広島県立大崎海星高等学校へ)
  • 広島県立木江工業高等学校(2代目)(1998年大崎高校と統合し大崎海星高校へ)
  • 国立広島商船高等学校(広島商船高等専門学校発足に伴い、1969年本科、1971年専攻科を閉科)

世羅郡[編集]

  • 広島県甲山高等学校(1949年広島県世羅高等学校(旧制中学校から改編)へ統合)
  • 広島県甲山高等学校小国分校(1949年黒川分校と統合し世羅高等学校吉川分校へ)
  • 広島県甲山高等学校黒川分校(1949年小国分校と統合し世羅高等学校吉川分校へ)
  • 広島県世羅高等学校吉川分校(1962年塩町高等学校三和分校と統合し世羅高等学校三和分校へ)
  • 広島県塩町高等学校三和分校(1962年世羅高等学校吉川分校と統合し世羅高等学校三和分校へ)
  • 広島県立三和高等学校(1973年世羅高等学校三和分校から改称し独立するも、2007年世羅高等学校へ統合)

関連項目[編集]