広島逓信病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 広島逓信病院
Hiroshima Teishin Hospital 01.JPG
情報
英語名称 JAPANPOST HIROSHIMA-TEISHIN HOSPITAL
標榜診療科 内科、外科、産婦人科、小児科、眼科、整形外科
許可病床数

110床


一般病床:110床
機能評価 一般100床以上200床未満:Ver4.0
開設者 日本郵政株式会社
管理者 井上純一(院長)
開設年月日 1922年(大正11年)5月5日
所在地
730-8798
広島県広島市中区東白島町19-16
位置 北緯34度24分11秒
東経132度27分52秒
二次医療圏 広島
PJ 医療機関
テンプレートを表示

広島逓信病院(ひろしまていしんびょういん)は、広島県広島市中区白島にある病院である。

沿革[編集]

1922年(大正11年)、逓信省の職域病院として開設。

1945年(昭和20年)、被爆するも倒壊を免れている。1995年(平成7年)本館新築に伴い旧外来棟を被爆資料室として公開している(当時の被災状況詳細などはリンク先参照)。

2007年(平成19年)10月1日、郵政民営化にともない日本郵政公社から日本郵政株式会社企業立病院となっている。

年表[編集]

  • 1922年(大正11年)5月5日 - 逓信省の職域病院として開設される。
  • 1945年(昭和20年)8月6日 - 原爆被災。
  • 1949年(昭和24年)6月1日 - 逓信省が廃止され郵政省が新設される。
1955年頃。全体が中国電気通信局本館で、左が逓信病院、
  • 1995年(平成7年)5月30日 - 現本館にて業務開始。
  • 2001年(平成13年)1月6日 - 郵政省は郵政事業庁に再編される。
  • 2003年(平成15年)4月1日 - 日本郵政公社が発足。
  • 2007年(平成19年)10月1日 - 郵政民営化にともない日本郵政公社から日本郵政株式会社の企業立病院となる。

併設施設[編集]

  • 日本郵政株式会社中四国郵政健康管理センター

関連病院[編集]

関連項目[編集]