広島銀行ブルーフレイムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
広島銀行ブルーフレイムズ
広島銀行女子バスケットボール部 [1]
愛称 ブルーフレイムズ
所属リーグ W1リーグ(最高時)
創設年 1990年
解散年 2003年
本拠地 広島県広島市
チームカラー
企業 広島銀行
テンプレートを表示

広島銀行ブルーフレイムズ(ひろしまぎんこうブルーフレイムズ)は、かつてバスケットボール女子日本リーグ機構(Wリーグ)に所属していた女子バスケットボールチームである。現在は廃部。

概要[編集]

本拠地は広島県広島市、母体は広島銀行、ホームは広島市西区のひろぎんの森体育館[2]。当時選手全員が広報文化部に所属し各支店で勤務した[3]

「ブルーフレイムズ」の名は母体の企業カラーである「青(ブルー、Blue)」と「炎(フレイム、Flame)」を合わせた造語で、「青い炎」という女性の内に秘めた強さを表現している[1]

1990年、同好会「ひろぎんクラブ」として発足し[4]、中国クラブバスケットボール選手権大会では1990年・1992年と優勝し、全日本クラブバスケットボール選手権大会に出場した[5]。1993年4月、実業団チームとして正式に創部した[1][4]。西日本でも有数の女子バスケットボールチームに成長し、全日本実業団バスケットボール競技大会へは4回の出場を果たす[4]。 1999年3月、中国・四国地方では初めてW1リーグ(日本リーグ2部)に昇格し、その後は西日本唯一のチームとしてリーグ戦に参加する[1]。 2000年4月、異競技連携組織「トップス広島」に初期メンバーとして加入。

2002年9月、母体の経営効率化に伴い突然廃部を発表する[2][4]。2003年、第4回W1リーグを7勝5敗のリーグ第2位と過去最高の成績で終えた[4]。選手の何人かは他チームへ移籍した。

主な戦績[編集]

  • 全日本実業団競技大会
    • 1994年
    • 1995年 3位
    • 1998年 3位
    • 1999年 4位

スタッフと選手[編集]

活動休止となった2002-03シーズンでの登録

スタッフ[編集]

選手[編集]

No. 名前 P 生年 身長 体重 出身 前所属
3 廣田裕美 G/F 1982 164 cm 56 kg 山口県 三田尻女子高
6 柏原瞳 C/F 1979 176 cm 70 kg 愛媛県 富士通
7 中山千尋 G/F 1980 170 cm 58 kg 千葉県 第一勧銀
8 半田愛 C/F 1981 177 cm 80 kg 北海道 札幌山の手高
10 生駒由美 G/F 1976 170 cm 60 kg 岡山県 立命館大
11 日吉くるみCaptain sports.svg C/F 1977 176 cm 69 kg 愛媛県 大阪薫英女子短大
13 石堀里美 G 1982 164 cm 62 kg 茨城県 桜花学園高
14 早川美代子 G/F 1979 170 cm 59 kg 岡山県 立命館大
21 本間京子 C 1979 180 cm 70 kg 山形県 JOMO
23 牧草初枝 C 1979 180 cm 70 kg 福岡県 第一勧銀
32 加治屋文 C/F 1983 177 cm 70 kg 鹿児島県 鹿児島純心女子高
33 山内もえ F 1983 175 cm 60 kg 北海道 札幌山の手高
51 森松直美 F 1977 175 cm 67 kg 愛媛県 大阪薫英女子短大
53 長藤朋子 C/F 1983 178 cm 66 kg 山口県 三田尻女子高
55 市川かおり C/F 1983 175 cm 65 kg 北海道 デンソー

元所属[編集]

上記以外のW1リーグ時代のロースター
  • 古橋裕子 F
  • 溝口さちこ C
  • 石堀里美 G
  • 高橋彩 G
  • 谷口加津 C/F
  • 丹生谷香 F
  • 斉藤智代 C/F
  • 加藤弓佳 G/F
  • 杠梨絵 C
  • 西本祐子 G/F
  • 清水奈穂子 G/F
  • 松尾朋子 G
スタッフ
  • 歴代HD
  • 1994年 - 2000年 : 伊藤修一
    • 2000年 - 2003年 : 白石和男

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 広島銀行女子バスケットボール部”. 広島銀行. 2001年7月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月31日閲覧。
  2. ^ a b 「ラストシーズンV」誓う 来春廃部の広銀女子バスケ”. 中国新聞 (2002年10月1日). 2002年10月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月31日閲覧。
  3. ^ 仕事との両立に苦労”. 中国新聞 (2000年8月27日). 2013年8月31日閲覧。
  4. ^ a b c d e 広島銀、10年の活動に幕/バスケ女子”. 中国新聞 (2003年2月22日). 2003年4月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月31日閲覧。
  5. ^ 中国クラブバスケットボール選手権・全日本クラブバスケットボール選手権(女子) (PDF)”. 山口県バスケットボール協会. 2013年8月31日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]