広島電気軌道100形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
広島電気軌道100形電車
広島瓦斯電軌A形電車・450形電車
Hiroshima Gas Denki Type 100A 129 in 1940.jpg
元A形の100形129号(1940年頃)
基本情報
製造所 100形:東京天野工場
450形:自社工場(車体新製)
主要諸元
軌間 1,435 mm(標準軌
電気方式 直流600 V架空電車線方式
車両定員 46 人
車両重量 100形:8.1 t
450形:10.0 t
全長 100形:8,534 mm
450形:8,460 mm
全幅 100形:2,286 mm
450形:2,360 mm
全高 100形:3,302 mm
450形:3,268 mm
車体 100形:木造
450形:普通鋼(半鋼製)
台車 ブリル21E
主電動機 直流直巻電動機
主電動機出力 15 kW
搭載数 2基 / 両
駆動方式 吊り掛け式
制御装置 直接制御
備考 スペックデータ・各車状況は『私鉄の車両3 広島電鉄』および『広島の路面電車65年』pp.180 - 181に基く
テンプレートを表示

広島電気軌道100形電車(ひろしまでんききどう100がたでんしゃ)は、広島電鉄の前身事業者である広島電気軌道が、同社路線の開業に際して1912年大正元年)に新製した電車路面電車車両)である。

本形式は101 - 150号車として落成し、後年社名を広島瓦斯電軌と改めたのちにA形の形式称号が付与された。本項では、A形の形式称号が付与される以前の101 - 150号車について、広島電鉄社史などの表記に従って「100形」として記述する。

また、本項では100形の主要機器を流用して半鋼製車体を新製した450形電車についても併せて記述する。

概要[編集]

広島電気軌道の路線開業に際して、1912年(大正元年)11月に101 - 150(101 - 130は初代)の50両が東京・天野工場において新製された。

屋根部の構造をダブルルーフ仕様とし、オープンデッキ構造を採用する木造車体を備える4輪単車で、側面に客用扉はなく、前後デッキと客室の間に開閉扉を備える。前面下部には救助網を備え、幕板部には行先表示幕を設置し、前照灯は前面窓下に取り付け式のものを1灯装備した。

集電装置はトロリーポールを採用、当初はダブルポール仕様であったが、1933年(昭和8年)にシングルポール仕様に改められた。

車体塗装は濃緑一色塗りとされ、前面腰板部の向かって右側に車番を表記し、側面腰板部には漢字の「広」を図案化した広島電気軌道の社章を設置した[1]

運用[編集]

戦前[編集]

450形454号(1940年頃)

101 - 150は1912年(大正元年)11月23日の市内線開業に際して運用を開始した。

その後、大阪市電気局より譲り受けた101 - 110(いずれも2代、後のB形電車)の導入に先立って、1920年(大正9年)に車番を1 - 50と改番した。翌1921年(大正10年)に宮島線の開業に際して新製されたC形電車の導入に伴って、車番はそのままに形式称号が「A形」とされ、1925年(大正14年)に車体側の車番表記に「A」の文字が付記された。また、同時期には車体塗装が濃褐色(マルーン)一色塗りに改められた[1]

1937年昭和12年)に発生した千田町車庫(現・千田車庫)の火災において、11・14・19・27・30 - 32・34・44 - 46の計11両[2]が被災焼失した。同11両は復旧に際してB形の鋼体化改造車である400形電車と酷似した張り上げ屋根・大型窓仕様の半鋼製車体を自社工場において新製し[2][注釈 1]450形450 - 460と形式区分されたが、450は落成後間もなく461へ改番され、車番を451 - 461と再編した。

残る39両は1939年(昭和14年)に101 - 139(101 - 130は3代)と改番され[3]、同時に形式称号もA形から100形へ改められた。

また、1941年(昭和16年)には100形・450形とも集電装置をトロリーポールからビューゲルへ換装した[1]。これは1940年(昭和15年)4月より100形4両・200形1両の集電装置をビューゲルに換装し、試験運用を繰り返した結果本採用に至ったものである。

戦中から戦後にかけて[編集]

1945年8月6日の広島市への原子爆弾投下によって、100形は電鉄前(現・広電本社前)付近を走行していた108、電車宮島駅(現・広電宮島口駅)に停泊していた106・130は被災を免れたが、その他は全車とも何らかの被害を受けた。また、450形は453・457・458・461の4両が大破し、その他7両も何らかの形で被災した。

450形は被害が軽微であった455・456が1945年(昭和20年)10月に復旧し、その他の9両も1948年(昭和23年)8月までに順次復旧された。

100形のうち、15両は100形として復旧されたが、105・108の2両は復旧に際して450形462・463へ改造され、1949年(昭和24年)6月に竣功した[1]。462・463は戦前製の451 - 461とほぼ同一の車体を備えるが、客用扉が451 - 461の折扉から一枚引扉に改められた点が異なる[2]。また、一旦100形として復旧された119・120についても1950年(昭和25年)8月に450形へ再改造され[1]、462・463と同一の車体を新製して464・465と改番・編入された。

残る100形22両は復旧対象から外れ、1951年(昭和26年)1月19日付で一斉に除籍処分された。なお、前述した被災を免れた106も同日付で除籍された。

以上の変遷を経て、100形は101・102・107・121・126・129 - 131・133 - 135・138・139の計13両が残存したが、状態の悪かった121・133・135の3両が1951年(昭和26年)7月25日付で廃車となり、同年12月20日付で129・134・131・126・138・139・130を103 - 106・108 - 110(いずれも4代)と改番し、車番を101 - 110へ再編した[3]。その後、800形電車(初代)など大型ボギー車の導入に伴って、1953年(昭和28年)までに全車とも運用を離脱、工作車(事業用車)へ改造された101・107・108の3両を除いて廃車となり、その後工作車へ転用された3両についても解体処分された。

450形は4輪単車としては比較的晩年まで運用されたものの、1965年(昭和40年)12月に458・459が、1969年(昭和44年)10月に残る全車が廃車となり、形式消滅した。

100形・450形とも除籍後は全車とも解体処分され、現存する車両はない。

100形(2代)との関係[編集]

1984年(昭和59年)に、100形の外観を模したレプリカ車両100形電車(2代)が新製されたが、前述の通り100形・450形とも廃車後は全車解体処分されたため、現存車が皆無であった。そのため、主要機器は静態保存されていた150形157より流用し、車体は僅かに残る外部写真と単純な形式図を参考に、実車を知る広島電鉄OBからの聞き取り調査や他都市における復元車両の調査結果などを加味して設計・製造された。従って、100形(2代)は保安上の問題から車体を半鋼製とした以外は100形を忠実に再現した車両ではあるものの、100形と100形(2代)との間に技術的関連は存在しない。

車歴[編集]

100形[編集]

車番 竣功年月 改番
(1920年)
改番
(1939年)
原爆投下による被害 廃車 備考
被災場所 状態 復旧年月
101 I 1912年11月 1 101 III 千田町車庫 小破 1946年4月 1953年10月23日 除籍後工作車転用
102 I 2 102 III 広陵前付近 小破 1947年12月  
103 I 3 103 III 紙屋町付近 全焼 1951年1月19日  
104 I 4 104 III 千田町車庫 中破  
105 I 5 105 III 紙屋町 - 電鉄前間 半焼 450形463として1949年6月復旧
106 I 6 106 III 電車宮島駅にて停泊中 無被災 1951年1月19日  
107 I 7 107 III 千田町車庫 中破 1947年8月 1953年10月23日 除籍後工作車転用
108 I 8 108 III 電鉄前付近 無被災 450形462として1949年6月復旧
109 I 9 109 III 土橋 - 江波間 全焼 1951年1月19日  
110 I 10 110 III 的場 - 専売局前間 中破  
111 I 11 千田町車庫火災被災車。450形450として復旧
112 I 12 112 III 広陵前 - 宇品間 小破 1951年1月19日  
113 I 13 113 III 土橋 - 江波間 全焼  
114 I 14 千田町車庫火災被災車。450形451として復旧
115 I 15 115 III 横川付近 全焼 1951年1月19日  
116 I 16 116 III 千田町車庫 小破  
117 I 17 117 III 土橋 - 己斐間 中破  
118 I 18 118 III 千田町車庫 大破  
119 I 19 千田町車庫火災被災車。450形452として復旧
120 I 20 120 III 己斐車庫 小破 1947年4月 1950年8月450形465へ改造
121 I 21 121 III 土橋 - 己斐間 小破 1947年7月 1951年7月25日  
122 I 22 122 III 紙屋町 - 電鉄前間 半焼 1951年1月19日  
123 I 23 123 III 紙屋町付近 全焼  
124 I 24 124 III 十日市付近 全焼  
125 I 25 125 III 土橋 - 己斐間 中破  
126 I 26 126 III 広島駅前付近 中破 1948年3月 1953年10月23日 最終車番は106 IV
127 I 27 千田町車庫火災被災車。450形453として復旧
128 I 28 128 III 紙屋町付近 全焼 1951年1月19日  
129 I 29 129 III 桜土手引込線 小破 1946年11月 1953年10月23日 最終車番は103 IV
130 I 30 千田町車庫火災被災車。450形454として復旧
131 I 31 千田町車庫火災被災車。450形455として復旧
132 I 32 千田町車庫火災被災車。450形456として復旧
133 I 33 133 II 千田町車庫 中破 1947年7月 1951年7月25日  
134 I 34 千田町車庫火災被災車。450形457として復旧
135 I 35 135 II 電車宮島駅にて停泊中 小破 1947年7月 1951年7月25日  
136 I 36 136 II 十日市 - 江波間 全焼 1951年1月19日  
137 I 37 137 II 千田町車庫 大破  
138 I 38 138 II 広陵前 - 宇品間 中破 1948年10月 1953年10月23日 最終車番は108 IV、除籍後工作車転用
139 I 39 139 II 江波付近 中破 1946年8月 1952年6月17日 最終車番は109 IV
140 40 111 III 紙屋町付近 全焼 1951年1月19日  
141 41 114 III 千田町車庫 小破  
142 42 119 III 桜土手引込線 小破 1946年8月 1950年8月450形464へ改造
143 43 127 III 十日市付近 全焼 1951年1月19日  
144 44 千田町車庫火災被災車。450形458として復旧
145 45 千田町車庫火災被災車。450形459として復旧
146 46 千田町車庫火災被災車。450形460として復旧
147 47 130 III 電車宮島駅にて停泊中 無被災 1947年8月 1952年6月17日 最終車番は110 IV
148 48 131 II 電鉄前付近 中破 1948年8月 1953年10月23日 最終車番は105 IV
149 49 132 II 土橋 - 己斐間 大破 1951年1月19日  
150 50 134 II 千田町車庫 小破 1947年8月 1953年10月23日 最終車番は104 IV

450形[編集]

車番 種車車番 竣功 原爆投下による被害 廃車 備考
被災場所 状態 復旧年月
451 14 1938年 千田町車庫 中破 1946年12月 1969年10月31日  
452 19 桜土手引込線 小破 1946年9月  
453 27 江波付近 大破 1946年1月  
454 30 宇品付近 小破 1947年3月  
455 31 広陵前 - 宇品間 小破 1945年10月  
456 32 広陵前 - 宇品間 中破 1945年10月  
457 34 千田町車庫 大破 1947年4月  
458 44 広島駅前付近 大破 1946年2月 1965年12月15日  
459 45 十日市 - 横川間 小破 1948年8月  
460 46 専売局 - 広陵前間 小破 1945年11月 1969年10月31日  
461 11 千田町車庫 大破 1946年10月 竣功時車番は450
462 108 1949年6月 原爆被災復旧車
463 105 原爆被災復旧車
464 119 1950年8月  
465 120  

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 400形との相違点は、装着する台車の車輪径が両形式で異なることによって床面高さが異なる程度で、車体外観はほぼ同一であった。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 「広島鉄道市内線」(1962) p.67
  2. ^ a b c 「広島鉄道市内線」(1962) p.68
  3. ^ a b 「広島鉄道市内線」(1962) p.70

参考文献[編集]

  • 『広電が走る街今昔』(JTBパブリッシング・長船友則) ISBN 4533059864
  • 『ヒロシマと路面電車』(広島市子供文化科学館) 配付資料
  • 『私鉄の車両3 広島電鉄』(保育社・飯島巌) ISBN 4586532033
  • 『広島の路面電車65年』(毎日新聞ニュースサービス社・広島電鉄)
  • 鉄道ピクトリアル鉄道図書刊行会
    • 窪田正実 「広島鉄道市内線」 私鉄車両めぐり第3分冊 1962年8月臨時増刊号(通巻135号) pp.66 - 71