広島電鉄500形電車 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
広島電鉄500形電車
基本情報
製造所 ナニワ工機
主要諸元
軌間 1435 mm
車両定員 80(着席34)人
車両重量 15.40t(冷房改造後)
14.53t(冷房改造前)
全長 12,000 mm
全幅 2,430 mm
全高 3,875(冷房改造後)mm
3,880(冷房改造前) mm
台車 KS-7E形
主電動機 SS-50
主電動機出力 38kW×2
駆動方式 吊り掛け
制御装置 KR-8 直接式
制動装置 SM-3 直通制動
備考 半鋼製
スペックデータ、各車状況は『ローカル私鉄車両20年 路面電車・中私鉄編』P.157及び『私鉄の車両3 広島電鉄』、『いこま 16 広島電鉄』P.31、『鉄道ファン』1989年3月号に基づく
テンプレートを表示

広島電鉄500形電車(ひろしまでんてつ500かたでんしゃ)は、1953年広島電鉄で登場、以前在籍していた路面電車車両である。初代の500形については広島電鉄700形電車 (初代)を参照のこと。

概要[編集]

1953年9月に5両がナニワ工機で完成。翌年の1月に竣工した。

1951年に製造された、800形を元に前中扉に変更。側部の上部窓はHゴムで固定される形式に変更された。800形に引き続き、正面上部中央部の小型の行先表示器、それを挟み込む様に両側に通風機が設けられた。

機構的には全車共通で、直接制御・吊り掛け式が採用され、電動機はSS-50形(38kW×2)が、台車は新型のKS-7E形が採用された。

側窓の、Hゴムに関しては、後に抑え金に交換された。1974年に全車ワンマン車両になり、正面右部の通風機がワンマン表示に改められた。

その後全車、方向幕の電動・大型化が行われ、1984年3月に三菱電機の直流交流変換駆動方式(三菱MDA方式)CU77A集中型(21,000kcal/h×1)で冷房改造された。床下スペースの関係で、350形550形と同様に補助電源の静止形インバータ装置を屋根上に設置した。

1980年代は、標準色車正面に菱形黄色の警戒塗装がされたが、後に消されている。また、広告電車としても広く使われている。

長い間、各系統で活躍していたが、市内線に3000形等の連接車の移籍で余剰となり、2001年に502が廃車、残った車両も2003年に全て廃車、解体された。

各車状況[編集]

車番 竣工 ワンマン化竣工 冷房改造 廃車
501 1954年1月25日 1974年1月 1984年3月30日 2003年3月
502 1984年3月25日 2001年3月9日
503 1984年3月20日 2003年3月
504 1984年3月10日
505 1984年3月5日

参考文献[編集]

  • 寺田裕一『ローカル私鉄車両20年 路面電車・中私鉄編』、JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉ISBN 4-533-04718-1
  • 長船友則『広電が走る街今昔』、JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉 ISBN 4-533-05986-4
  • 飯島巌『私鉄の車両3 広島電鉄』、保育社 ISBN 4-586-53203-3
  • 大阪産業大学鉄道研究部『いこま 16 広島電鉄』非売品
  • 『鉄道ファン』1989年3月号
  • 『広島の路面電車65年』(毎日新聞ニュースサービス社・広島電鉄)