広島電鉄600形電車 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西鉄500形電車 (軌道) > 広島電鉄600形電車 (2代)
広島電鉄600形電車
601号(2代目)同車は2001年に廃車となっている。(江波車庫 1999年1月22日)
601号(2代目)
同車は2001年に廃車となっている。
(江波車庫 1999年1月22日)
基本情報
製造所 汽車製造
主要諸元
軌間 1435 mm
車両定員 80(着席40)人
車両重量 16.40t(冷改前)
17.90t(冷改後)
全長 13,620 mm
全幅 2,400 mm
全高 3,950 mm
台車 K-10型(601-603冷改前)
大阪市電型(601,602冷改後)
主電動機 TDK-524/2
主電動機出力 45kW×2
駆動方式 吊り掛け
制御装置 KR-8 直接式
制動装置 SM-3 直通制動
備考 半鋼製
両数:3両
スペックデータ、各車状況は『ローカル私鉄車両20年 路面電車・中私鉄編』P.155及び『私鉄の車両3 広島電鉄』、『いこま 16 広島電鉄』P.31に基づく
テンプレートを表示
現役で残る602(2007年2月14日)

広島電鉄600形電車(ひろしまでんてつ600かたでんしゃ)は、1977年西鉄北九州線から移籍、在籍中の広島電鉄路面電車車両である。西鉄北九州市内線時代は、北九州線500形電車を、初代600形については広島電鉄600形電車 (初代)を参照のこと。

概要[編集]

1976年西鉄福岡市内線路線縮小に伴うワンマンカーの移籍、また車長が長い関係でワンマンカーへの改造対象から外れていた500形のうち、3両が広電に移籍された。本形式が導入された事情として、1975年千田車庫の火災で廃車になった車両が発生し、その不足分を補う目的、ワンマンカー化の推進の目的で導入された[1]

移籍の際の改造点は、西鉄時代の折戸両端扉を引戸前中扉に変更した上でワンマンカー化。細部は正面中央窓の固定、ライト取替えなど行われている。改造内容は他の形式と比較して相当多い。塗装は西鉄北九州線色と一般には言われているが、入線時はむしろ旧大阪市電色に近いような色で、明らかに西鉄色とは異なっていた。

1983年に601(初代)が交通事故に巻き込まれ、同年の10月に廃車され603が601(2代目)に改番。それ以外の車両は1984年4月に三菱電機の直流交流変換駆動方式(三菱MDA方式)CU77A集中型(21,000kcal/h×1)による冷房改造、方向幕の大型・電動化、台車を入線時に着けていたK-10型を大阪市電型に交換が行われた。

その後も運用されたが、601(2代目)は不具合が多く乗務員から不評で、2001年に廃車。現在は602のみが朝のラッシュ時に活躍しているが稼働率が極めて低い。一説には車体前後が絞られているため、他形式に比べ後方監視に支障があるといわれている。旧型各形式の淘汰が進む中、残る1両についても動向が注目されている。

各車状況[編集]

広電時代車番 西鉄時代車番 西鉄での竣工 広電での竣工 冷房改造 所属車庫 備考
601(初代[注 1] 501 1948年10月 1977年2月15日 未実施 1983年10月31日廃車 事故で廃車
602 502 1948年10月 1977年2月15日 1984年4月24日 江波車庫所属
603→
601(2代目[注 2]
504 1948年10月 1977年2月15日 1984年4月24日 2001年2月24日廃車 1983年に改番

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2代目における代数。初代からの通算では2代目。
  2. ^ 2代目における代数。初代からの通算では3代目。

出典[編集]

  1. ^ 『私鉄の車両3 広島電鉄』P.40,41

参考文献[編集]

  • 寺田裕一『ローカル私鉄車両20年 路面電車・中私鉄編』、JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉 ISBN 4-533-04718-1
  • 長船友則『広電が走る街今昔』、JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉 ISBN 4-533-05986-4
  • 飯島巌『私鉄の車両3 広島電鉄』、保育社 ISBN 4-586-53203-3
  • 大阪産業大学鉄道研究部『いこま 16 広島電鉄』非売品
  • 『広島の路面電車65年』(毎日新聞ニュースサービス社・広島電鉄)