広島電鉄800形電車 (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
広島電鉄800形電車(初代)
Hiroden-800old.JPG
荒手車庫 2002年10月撮影
基本情報
製造所 ナニワ工機
主要諸元
軌間 1435 mm
車両定員 80(着席34)人(ワンマン改造車)
80(着席38)人(ワンマン未改造車)
車両重量 15.60t(ワンマン改造車)
15.30t(ワンマン未改造車)
全長 11,950 mm
全幅 2,430 mm
全高 3,465 mm
台車 ブリル77E形
主電動機 MB-245-L
主電動機出力 38kW×2
駆動方式 吊り掛け
制御装置 KR-8 直接式
制動装置 SM-3 直通制動
備考 半鋼製
スペックデータ、各車状況は『ローカル私鉄車両20年 路面電車・中私鉄編』P.157及び『私鉄の車両3 広島電鉄』、『いこま 16 広島電鉄』P.31に基づく
テンプレートを表示

広島電鉄800形電車(ひろしまでんてつ800かたでんしゃ)は、1951年広島電鉄で登場、以前在籍していた路面電車車両である。現在活躍中の800形については広島電鉄800形電車 (2代)を参照のこと。

概要[編集]

1951年にナニワ工機で10両製造された。

京都市電800形の基本設計をベースとしており、同じ形式となった。外観的には前後扉で、前面の中央上部には小型の行先表示器が、それを挟み込む様に両側に通風機が設けられた。

機構的にも全車共通で、直接制御・吊り掛け式が採用され、電動機はMB-245-L形(38kW×2)が、台車はブリル77E形が採用された。

前後扉でワンマン対応することが困難で、ほとんどの車両はワンマン化改造は行われずに、1972年3月には805-810号の5両が、1976年1月には801・802・804・805号の4両が廃車になった。

しかし、1975年千田車庫の火災で車両不足になったため、その不足を補うために803号のみは前中扉、以前の後扉部は締切窓になり、ワンマンカーに改造され801に改番された。

正面には黄色菱形の警戒塗装がされ、また塗り分け色のテストにも使われたが、不具合が多く長期休車になり、1983年9月に廃車された。

廃車後も、長い間荒手車庫で倉庫代わりに使われていたが、2003年10月に解体された。

各車状況[編集]

車番 竣工 ワンマン改造 廃車 備考
801 1951年3月 未実施 1976年1月31日 初代
802
803 1976年7月26日 1983年9月15日 ワンマン改造後
801(2代)に改番
804 未実施 1976年1月31日
805
806 1972年3月31日
807
808
809
810

参考文献[編集]

  • 寺田裕一『ローカル私鉄車両20年 路面電車・中私鉄編』、JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉ISBN 4-533-04718-1
  • 長船友則『広電が走る街今昔』、JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉 ISBN 4-533-05986-4
  • 飯島巌『私鉄の車両3 広島電鉄』、保育社 ISBN 4-586-53203-3
  • 大阪産業大学鉄道研究部『いこま 16 広島電鉄』非売品
  • 『広島の路面電車65年』(毎日新聞ニュースサービス社・広島電鉄)

etc