広川純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
広川純
誕生 (1946-08-26) 1946年8月26日(71歳)
日本の旗 日本京都府京都市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
教育 学士法学
最終学歴 名城大学法学部
活動期間 2006年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 第13回松本清張賞
デビュー作 一応の推定(2006年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

広川 純(ひろかわ じゅん、1946年8月26日 - )は、日本の小説家京都府京都市出身。名城大学法学部卒。会社勤務を経て、1986年に保険調査会社へ転職し、1988年に独立する。[1][2][3]

2006年、『一応の推定』で第13回松本清張賞受賞[4]。選考委員会全会一致での受賞であった。2013年、『回廊の陰翳』が第1回京都本大賞で最終ノミネートされ、一般投票数で第3位となる[5][6]

著書[編集]

映像化作品[編集]

テレビドラマ

脚注[編集]

関連項目[編集]