広平親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

広平親王(ひろひらしんのう、天暦4年(950年) - 天禄2年9月10日971年10月1日))は平安時代皇族村上天皇第一皇子。母は大納言藤原元方の娘の更衣藤原祐姫。同母妹に緝子内親王がいる。

誕生直後、同年生まれで右大臣藤原師輔の娘で中宮安子が生んだ異母弟で第二皇子の憲平親王東宮の地位を争ったが、外戚の力関係で憲平親王が立太子し、後の冷泉天皇となる。

外祖父元方は無念の思いで天暦7年(953年)に病死する。後ろ盾を失った広平親王は政界では蚊帳の外に置かれた。963年(応和3年)に元服し、三品に叙任され、のち兵部卿などを歴任したが、971年に22歳で没する。後代、元方と広平親王の恨みが冷泉天皇とその子である花山天皇の奇行や三条天皇の病となって現れたと噂された。

系図[編集]

 
(60)醍醐天皇
 
(61)朱雀天皇
 
 
広平親王
 
 
 
 
 
 
 
(62)村上天皇
 
 
(63)冷泉天皇
 
(65)花山天皇
 
 
 
 
 
 
 
兼明親王
 
 
致平親王
 
 
(67)三条天皇
 
敦明親王(小一条院)
 
 
 
 
 
 
 
(源)高明
 
 
為平親王
 
 
禎子内親王
(後三条母、陽明門院)
 
 
 
 
 
(64)円融天皇
 
(66)一条天皇
 
(68)後一条天皇
 
 
 
 
 
 
昭平親王
 
 
(69)後朱雀天皇
 
(70)後冷泉天皇
 
 
 
 
 
 
具平親王
 
(源)師房
村上源氏へ〕
 
 
(71)後三条天皇
 
 
 
 
 


関連項目[編集]