広徳寺 (練馬区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
広徳寺
Koutokuji02.JPG
境内
所在地 東京都練馬区桜台六丁目20番19号
位置 北緯35度44分51.42秒
東経139度39分22.3秒
山号 円満山
宗派 臨済宗大徳寺派
創建年 元亀天正
開基 明叟和尚
正式名 円満山 広徳禅寺
法人番号 1011605000052
テンプレートを表示

広徳寺(こうとくじ) は、東京都練馬区桜台六丁目にある、臨済宗大徳寺派寺院。山号は円満山。

歴史[編集]

戦国時代、関東一円に勢力を扶植していた北条氏当主・北条氏政の三男で、岩槻城主であった太田源五郎小田原に明叟和尚を招き、早雲寺の子院として開山したことが由来とされている。なお、太田源五郎は、かつては太田氏房と同一人物であるとされていたが、近年の研究で、氏房の早世した実兄が先に太田氏を継承して「源五郎」と名乗っていた事実が判明している。

天正18年(1590年)に豊臣秀吉の遠征により小田原城は開城し、北条氏が滅亡した際に広徳寺も炎上、焼失したとされている。その後、秀吉の命により関東を所領とした徳川家康は、天正19年(1591年)に広徳寺の2世となる希叟和尚を招き、江戸の神田に広徳寺を再興した。そして寛永12年(1635年)には下谷に移り、加賀前田氏をはじめ、九州の立花氏織田氏など多くの大名が檀家とする大寺院となった。その広さは大田南畝狂歌で「びっくり下谷の広徳寺」と詠まれたほどである。これは現在でも知られている地口の一つで、「恐れ入谷鬼子母神」などと並んで知られている。

大正12年(1923年)の関東大震災により寺域はほぼ焼失。内務省復興局は、帝都復興土地区画整理事業において上野駅前の民有地の減歩率を抑えるため、公官署を駅前から広徳寺境内へ移転させることとした。1925年広徳寺は墓地と境内塔頭の円照院を北豊島郡下練馬村へ移転する決断をしたが、移転先となった下練馬村は強い反対運動を行った。結局1927年から1929年にかけて移転が行われ、跡地は下谷区役所(現・台東区役所)、下谷小学校(1990年廃校)および上野警察署などとなった[1]。その後昭和46年(1971年)には台東区役所の拡張計画に応じる形で本坊も練馬に移転し、現在の形となった。

境内[編集]

正面より門を眺める

墓地も含めた境内はおよそ2万m2で、加賀前田氏や久邇宮家より譲り受けた建物や立派な庭園などがある。紅葉が美しく、その静寂に包まれた寺域は東京都内とは思えないほどの静けさである。境内も墓地も基本的には拝観謝絶となっている。

旧塔頭[編集]

  • 桂香院(明治初年に広徳寺本坊に合併)[1]
  • 長春院(同、徳雲院に合併)[1]
  • 仙真院
  • 慈眼院
  • 徳雲院
    広徳寺の移転後に上野別院として残る。
  • 泰寿院(同、桂徳院に合併)[1]
  • 梅雲院(同、桂徳院に合併)[1]
  • 鏡智院(同、宋雲院に合併)[1]
  • 桂徳院
    滝川雄親の香華所として建立[2]。関東大震災で焼失後に復興したが、1945年建物疎開により徐々に練馬の現在地(桜台6-20-18)へ移転した。
  • 宋雲院
    立花宗茂が実母(1611年没)の香華所として建立。関東大震災後に敷地を上野警察署に譲り現在地(東上野4-1-12)に移転、1945年建物疎開により破却されたが、再建された。
  • 円照院
    小笠原忠脩の正室亀姫の菩提所として建立され[2]、以来小笠原家の宿院であったが、明治維新後に広徳寺住職の隠棲地となる[1]。関東大震災後に広徳寺練馬別院として移転したが、1971年に本坊が練馬へ移転したため埼玉県小鹿野町両神薄2728へ移転した。

墓地[編集]

江戸時代に諸大名の帰依を受けて栄えたため、下谷の墓地に葬られたと伝えられる著名人も多い。関東大震災の後に墓地を移転するにあたり、国元へ改葬した前田氏や蜂須賀氏を除けばほとんどが練馬へ移っている。しかし震災で破損しなかった一部の墓石を刻み直し「何々家の墓」としたものも多く、そうしたものでは現在の被葬者を明らかにすることは難しい。[3]

加賀前田氏の墓石などは明治期に汽車で金沢まで運んだそうである。現在残されている前田氏の墓石のほとんどは女性であり、前田氏は経済的理由もあり、男性の墓石を優先して運び去った。[要出典]

広徳寺に眠る著名人[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g 田中 傑「関東大震災後の寺院の経営と再建」 (pdf) 、『関東都市学会年報』第13号、2011年、 79-93頁、 NAID 40019164653
  2. ^ a b 「寺院」『練馬区史 歴史編』 練馬区史編さん協議会、1982年、948-949頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j 「名墓」『練馬区史 歴史編』 練馬区史編さん協議会、1982年、968-977頁。

関連項目[編集]