広澤克実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
広澤 克実 (広沢 克己)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県結城市[1]
生年月日 (1962-04-10) 1962年4月10日(57歳)
身長
体重
185 cm
99 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手外野手三塁手
プロ入り 1984年 ドラフト1位
初出場 1985年4月13日
最終出場 2003年10月27日(日本シリーズ第7戦)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
オリンピック
男子 野球
1984 野球

広澤 克実(ひろさわ かつみ、本名:[要出典] 広沢 克己〈読み同じ〉、1962年4月10日 - )は、茨城県結城市出身[1]の元プロ野球選手内野手外野手、右投右打)、元プロ野球コーチ、ナショナルチーム・コーチ、野球解説者登録名1996年から1998年までは「広沢克」、1999年以降は「広澤 克実」。愛称は「トラ」など。

現役時代は特に1988年から1994年にかけて、ヤクルトスワローズで、池山隆寛との「イケトラコンビ」で、中心打者として活躍した[2][注 1]読売ジャイアンツ阪神タイガースの両球団で4番打者を務めた唯一の選手でもある[3]

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

小山高校では1980年夏の栃木大会決勝に進出するが、黒磯高に完封を喫し甲子園出場を逸する[4]。野球以外では柔道も経験しており、有段者であるとのこと[5][6]

卒業後は明治大学に進学。同期には竹田光訓、善波達也(東京ガス-明大監督)がいる。下級生時代は監督の島岡吉郎からスパルタ教育を受け、練習の辛さや人間関係から、何度も辞めようと思ったことがあるというが、先輩の平田勝男が悩んでいる広澤を部屋に呼び、蕎麦などをごちそうし、「食べたら街にでも遊びに行って来い、夜まで帰ってこなくていいぞ」と気を遣ってくれて、広澤は涙が止まらなかったという。大活躍へのスタートを切ったきっかけは、紺白戦(明大では紅白戦のことをこう呼ぶ)に出られず島岡の横で焚き火と焼き芋(選手用ではなく、もちろん監督用)の当番をしていたところ、島岡から「お前打ってみろ」といきなり代打に指名されたことであった。ここで快打を飛ばし、即ベンチ入りが決まる。東京六大学リーグでは1983年春季リーグで2年ぶりの優勝に貢献。同年は史上2人目の2シーズン連続首位打者を獲得した他、4試合連続本塁打のリーグ新記録を達成した。翌1984年にはロサンゼルスオリンピックで野球日本代表チームの一員として出場[7]。決勝戦で本塁打を打ち、金メダル獲得に貢献。同年秋季リーグでも在学中3度目の優勝を飾る。リーグ通算69試合に出場し248打数87安打、打率.351、18本塁打、47打点。ベストナイン3回。1983年、1984年には日米大学野球選手権大会日本代表に選出されている。

ヤクルト時代[編集]

1984年ドラフト1位で日本ハム、西武、ヤクルトが競合し、抽選の結果ヤクルトスワローズに入団[8][9]。契約金8000万円[10]。その際、大杉勝男の引退後、有望な選手が入団するまでの保留欠番となっていた背番号8を与えられた[注 2]

1985年土橋正幸監督の下で入団1年目の4月13日の対中日戦でプロ初出場し[11]、6月から一塁手レギュラーを務めた。打率.250、本塁打18本、打点52とルーキーとしては上々の成績を残した。

1986年、シーズンを通して一塁手レギュラーとして起用され、打率.253、本塁打16本、打点45と、出場機会を増やして規定打席到達を果たした[12]が打撃成績は前年より若干落としている。

1987年関根潤三監督が就任し、一塁手にレオン・リーボブ・ホーナーが起用され、広澤は右翼手にコンバートされた。打率.284、本塁打19本、打点60と打撃成績は上々だった。

1988年、開幕は6番右翼手、4月後半から5番打者、8月以降は4番打者に抜擢された。このシーズン以後、池山隆寛と共に「イケトラコンビ」、または「HI砲」(H=広沢、I=池山)とも呼ばれるヤクルトの主軸を形成するようになった。打率.288、本塁打30本、打点80と4番打者に相応しい成績を残した。この年初めて外野手としてベストナインに選ばれた。

1989年、シーズンを通してほぼ5番右翼手で起用されたが、打撃成績は打率.270、本塁打17本、打点59と、前年より落としている。池山、ラリー・パリッシュと共に三振を量産し、100三振トリオと呼ばれた。

1990年広沢好輝が入団したため、1994年まではスコアボード・新聞上の表記が「広沢克」に変更。後年、これが登録名となる。

1990年のシーズンから野村克也が監督に就任。この年の5月からは、ほぼ「不動の4番打者」を務めるようになった。中軸打者を務めた時期の間、打順が変わることはあったものの、連続試合出場をし続けた(広沢は1986年10月12日から1995年10月8日まで1180試合連続出場の記録を作っている)。なお、野村の自宅を訪ねた時、広澤が打点王タイトル獲得記念でプレゼントした空気清浄機が古くなっても活用されているのを見てとても嬉しかったエピソードを、後年にスポーツニッポンの引退記念コラムで語っている。

開幕は3番三塁手、5月から4番一塁手、6月末から4番右翼手でシーズンを通して起用された。打率.317の大台に乗せ、本塁打25本、打点72と完全にヤクルトの主軸打者に成長した。外野手として2度目のベストナインに選ばれた。

1991年、シーズンを通して4番一塁手で起用され、打率.278、本塁打27本、打点99の大活躍だった。この年、初のタイトルとなる打点王を獲得している。2年連続で外野手としてベストナインに選ばれた。

1992年、前年に引き続きシーズンを通して4番一塁手で起用され、打率.276、本塁打25本、打点85を記録した。広澤は入団からこの年までシーズン100三振以上を繰り返したが、打率は.250以上を維持している。この年チームはリーグ優勝を果たし、広澤は初めて日本シリーズに出場した[13]。この西武ライオンズとの日本シリーズ第7戦では広澤の本塁スライディングが流れを変えたとされ、今なお様々な意見がある[14][15][16][17]。契約更改では古田敦也に年俸を抜かれそうになるが、相馬和夫社長の計らいでほぼ同額で契約している[18]

1993年、この年も4番一塁手でほぼフルシーズン起用され、打率.288、本塁打25本、打点94で、二度目の打点王を獲得した。日本シリーズで前年に引き続き西武ライオンズと対戦し、初の日本一を達成した。一塁手としてベストナインに選ばれた。

1994年、この年も4番一塁手として打率.271、本塁打26本、打点73と安定した成績を残した。一方でヤクルト球団社長と待遇を巡って対立があり、これがオフのFA移籍に繋がった[19]

巨人時代[編集]

1994年オフにFA宣言し、同年12月5日に5年契約で読売ジャイアンツに移籍[20]。野村は、この移籍には巨人の体質ゆえに反対しており、広澤が巨人を戦力外後に阪神に移籍した時には、広澤は野村が正しかったと認めたことを野村が後のインタビューで明かしている[21]

1995年、本職は一塁手だが、巨人では落合博満が不動の4番一塁手であったため、広澤は5番左翼手で起用された[22]。 本塁打20本、打点72と長打力は健在だったが、打率を.240に落としている。広澤が打率.250を割ったのはプロ入り以来初めてのことであった。移籍初年度の1995年は、開幕から極度の不振も、連続試合出場のため全試合出場した。

1996年のオープン戦で死球を受けて骨折したため、開幕に間に合わず、連続試合出場は止まった。この年は、回復後も出場機会が少なく、スタメン復帰は7月以降であった。 日本シリーズでもベンチ入りできなかったため、自由契約を希望したが、フロントに説得される。

1997年松井秀喜中堅手にコンバートされ、広澤は右翼手にコンバートされた。一塁手はFA移籍の清原和博が起用された。9月26日の対中日ドラゴンズ戦でサイクル安打を達成。打率.280、本塁打22本、打点67と、ヤクルト時代の安定した打撃が復活した。翌年からレギュラーを失ったため、シーズン100試合出場はこの年が最後になった。

1998年、外野は左翼手清水隆行、中堅手松井秀喜、右翼手に新人高橋由伸がレギュラー起用され、広澤は左翼手、一塁手、右翼手、三塁手とポジションが固定されなかった。少ない出番の中で打率.301、本塁打9本、打点25と控え選手として存在感を示した。

1999年はスタメン出場無し。4月29日の対ヤクルト戦(大阪ドーム)で川崎憲次郎から中前安打を記録、二塁への盗塁を試みて右肩を脱臼。これがきっかけでシーズンを棒に振ってしまった。

広澤は後年巨人での5年間を、マスコミの批判記事が気になり自分を見失っていたと振り返っている[23]

阪神時代[編集]

1999年11月5日に巨人を自由契約となり、同年12月3日に阪神タイガースへ移籍することが発表された。2000年からはかつての恩師である野村のもとで再びプレーすることとなった。野村は大豊泰昭と揉めていたこともあり前年の肩脱臼が完治しておらずボールが投げられない広澤を4番、一塁手で起用したこともあった[24]。入団後初のお立ち台で「早く六甲おぼし…おろしを覚えますんで、よろしくお願いします」とコメントした。2000年序盤は大豊と一塁手のポジション争いを続けたが、広澤の調子が悪かったこともあって6月半ば以降は代打中心の起用になった。打率.217、本塁打5本、打点16と、シーズン終了まで復調出来ずに終わった。

2001年序盤は一塁手に主にイバン・クルーズが起用され、広澤は左投手先発の試合で一塁手、右翼手で起用された。2001年6月21日、阪神甲子園球場で行われた巨人戦で代打サヨナラタイムリーヒットを放った後、お立ち台で「次にサヨナラヒットを打ったら、ここで『六甲おろし』歌います」と公約し、井川慶が完封勝利を挙げた8月29日の対巨人戦で6回裏に高橋尚成から唯一の得点となるソロ本塁打を放ち、お立ち台で『六甲おろし』を歌ってその公約を達成した[25]。クルーズが負傷離脱した7月28日以降は一塁手レギュラーで起用され、打率.284、本塁打12本、打点46と安定した打撃が復活した。

2002年星野仙一監督が就任し、一塁手はジョージ・アリアスでほぼ固定されて広澤はシーズンを通して代打起用が中心であった。少ない出場機会で、打率.288、本塁打1本、打点11と存在感を見せた。

2003年、ほぼ代打中心の起用だったが、チームが不振に陥った8月16日以降に数試合一塁手で先発出場している。阪神はこの年1985年以来のリーグ優勝を果たし、広澤も少ない出場機会を確実にモノにして打率.306、本塁打4本、打点15と貢献している。この年限りでの現役引退を決意していた広澤は、福岡ダイエーホークスとの日本シリーズに臨む。このシリーズでは、5打席連続三振というシリーズタイ記録をつくってしまったが、第7戦、9回表2アウトから矢野輝弘の代打で登場して、和田毅から左翼席へ本塁打を放ち、日本シリーズ歴代最年長(当時41歳6ヶ月)の本塁打を記録(日本シリーズでは1992年と1993年に1本ずつ記録しているので、自身通算3本目である。しかし試合に負けたことで、この打席が現役としての最終打席になった)[2]。日本シリーズ終了後、正式に現役引退を表明[26]

ヤクルト時代の1992年1993年、巨人時代の1996年、そして阪神時代の2003年と、所属した3球団全てで優勝を経験した(ただし巨人では日本シリーズには出場していない)。現役19年間で退場処分を受けたことは一度もない。また、前述の日本シリーズの代打本塁打は2018年時点では阪神の選手が日本シリーズで放った最後の本塁打となっている[注 3]

引退後[編集]

引退後はNHKスポーツニッポンの野球解説者に就任した。関西では朝日放送虎バン』(毎月1回程度)と関西テレビ放送ぶったま!』(レギュラー)にもコメンテーターとして出演した。その後、2006年10月17日に阪神の一軍打撃コーチ就任が発表され、4年ぶりの現場復帰を果たした。

2007年はチーム打率・得点・打点・安打・本塁打がリーグ最下位に低迷し、2008年は13ゲーム差をつけながら巨人に追い抜かれるという記録的なV逸の責任を取り、監督の岡田彰布、コーチの吉竹春樹と共に辞任。2009年からは再びスポーツニッポンの評論家を務めているが、前回と違い放送局との専属での契約は行わず、フリーの立場(主にサンテレビなど関西の放送局でのゲスト解説が多かったが、2012年からサンテレビ・仙台放送解説者となった)で出演している。

2011年11月に野球カンボジア代表のコーチに就任した[27][28]

2014年に自身のブログで引退後にメニエール病を患っていることが明かされた。2015年には、テレビ出演した時にその詳細を語っている[29][30]

所属事務所は株式会社ビッグベンを経て[31]2019年現在はジャパン・スポーツ・マーケティングがマネージメントを請け負っている[32]。AbemaTV「六大学野球中継」解説者に就任[33]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1985 ヤクルト 110 368 336 36 84 11 1 18 151 52 1 0 1 1 26 2 4 102 9 .250 .311 .449 .760
1986 116 414 379 38 96 14 1 16 160 45 5 0 5 1 24 2 5 103 12 .253 .306 .422 .728
1987 130 512 461 61 131 21 3 19 215 60 9 2 1 4 41 1 5 105 16 .284 .346 .466 .813
1988 130 544 496 71 143 26 0 30 259 80 13 7 1 3 43 2 1 111 12 .288 .344 .522 .867
1989 130 529 470 63 127 16 0 17 194 59 11 5 1 2 49 1 7 125 11 .270 .347 .413 .759
1990 130 566 496 81 157 23 1 25 257 72 4 1 0 3 64 3 3 128 11 .317 .396 .518 .914
1991 132 550 492 71 137 24 2 27 246 99 8 3 0 2 53 5 3 129 11 .278 .351 .500 .851
1992 131 577 503 84 139 18 0 25 232 85 3 0 1 2 70 0 1 130 16 .276 .365 .461 .826
1993 132 584 524 87 151 22 0 25 248 94 7 1 0 5 55 2 0 96 17 .288 .353 .473 .826
1994 130 552 501 63 136 27 3 26 247 73 6 1 0 5 45 3 1 78 21 .271 .330 .493 .823
1995 巨人 131 512 446 55 107 18 3 20 191 72 6 1 0 4 58 1 4 88 14 .240 .330 .428 .758
1996 38 103 91 9 18 3 0 4 33 13 0 0 0 1 11 0 0 29 4 .198 .282 .363 .644
1997 126 477 428 56 120 13 1 22 201 67 2 1 1 2 43 2 3 115 19 .280 .349 .470 .818
1998 73 192 163 25 49 7 1 9 85 25 1 2 1 2 25 1 1 48 1 .301 .393 .521 .914
1999 16 16 14 2 2 0 0 1 5 1 0 1 0 0 2 0 0 6 1 .143 .250 .357 .607
2000 阪神 48 125 115 10 25 1 0 5 41 16 1 0 0 0 10 0 0 37 2 .217 .280 .357 .637
2001 95 296 268 21 76 7 2 12 123 46 1 0 1 3 23 0 1 66 8 .284 .339 .459 .798
2002 58 80 66 2 19 1 0 1 23 11 0 1 0 1 12 0 1 15 4 .288 .400 .348 .748
2003 37 68 62 8 19 3 0 4 34 15 0 0 0 0 6 0 0 18 3 .306 .368 .548 .916
通算:19年 1893 7065 6311 843 1736 255 18 306 2945 985 78 26 13 41 660 25 40 1529 192 .275 .345 .467 .812
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:1989年9月27日、対中日ドラゴンズ22回戦(明治神宮野球場)、7回裏に鹿島忠からソロ ※史上156人目
  • 150本塁打:1991年9月12日、対横浜大洋ホエールズ26回戦(明治神宮野球場)、1回裏に石井忠徳から左越3ラン ※史上93人目
  • 1000安打:1992年9月22日、対広島東洋カープ20回戦(明治神宮野球場)、4回裏に長冨浩志から ※史上168人目
  • 1000試合出場:1992年9月27日、対阪神タイガース23回戦(明治神宮野球場)、4番・一塁手で先発出場 ※史上308人目
  • 1000三振:1993年8月22日、対阪神タイガース18回戦(明治神宮野球場)、1回裏に中西清起から ※史上16人目
  • 200本塁打:1993年9月25日、対中日ドラゴンズ24回戦(明治神宮野球場)、10回裏に郭源治からサヨナラソロ ※史上64人目
  • 250本塁打:1996年7月17日、対中日ドラゴンズ12回戦(東京ドーム)、6回裏に平沼定晴から2ラン ※史上36人目
  • 1500試合出場:1997年6月28日、対中日ドラゴンズ13回戦(ナゴヤドーム)、5番・右翼手で先発出場 ※史上119人目
  • 1500安打:1997年8月10日、対中日ドラゴンズ21回戦(東京ドーム)、4回裏に山本昌から中前安打 ※史上72人目
  • 300本塁打:2001年9月12日、対ヤクルトスワローズ24回戦(阪神甲子園球場)、5回裏に入来智から左中間越2ラン ※史上26人目
  • 1500三振:2002年7月31日、対横浜ベイスターズ20回戦(阪神甲子園球場)、1回裏に吉見祐治から ※史上5人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 8 (1985年 - 1994年)
  • 80 (1995年 - 1996年)
  • 10 (1997年 - 1999年)
  • 31 (2000年 - 2003年)
  • 85 (2007年 - 2008年)

登録名[編集]

  • 広沢 克己 (ひろさわ かつみ、1985年 - 1995年)
  • 広沢 克 (ひろさわ かつみ、1996年 - 1998年)
  • 広澤 克実 (ひろさわ かつみ、1999年 - )

登場曲[編集]

関連情報[編集]

出演[編集]

現在の出演番組
過去の出演番組

書籍[編集]

  • インパクトから考える新しいバッティング論―弱点を克服!より確実に、より遠くに飛ばせ!」(2012年8月、ベースボールマガジン社)ISBN 4583104588

DVD[編集]

  • 広澤克実のフォーカスゾーン打撃理論」(2014年12月、ベースボールドットコム)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 広澤はプロ1年目の1985年から、池山は1987年からレギュラーに定着したが、広澤と池山が共に中軸を務めるようになったのが1988年のシーズン中盤からであるため。
  2. ^ 後年の文献では永久欠番と記述している物が見受けられるが(ベースボール・マガジン社『週刊プロ野球データファイル』等)、引退表明を1面で大きく扱ったサンケイスポーツ(東京版・1983年11月10日付)では、「球団は「背番号8」を保留欠番とし、来春3月下旬に引退試合を行うことを決めた。」とあり、明らかに誤りである。
  3. ^ 2005年2014年にも阪神は日本シリーズに出場しているが、阪神の選手は1人も本塁打を放った選手がいなかった。生え抜きに限定すると同じ第7戦の関本賢太郎である。
  4. ^ 本塁打・単打・三塁打・二塁打の順。この年は三塁打を1本しか打っていない。
  5. ^ 一部BS-TBSでも放送。

出典[編集]

  1. ^ a b 結城紬大使”. 結城市. 2015年4月21日閲覧。
  2. ^ a b 大学からプロへと神宮に見事なアーチを描き続け、 引退後もファンに愛される好漢スラッガー・広沢克己”. Baseball Crix. 2018年5月1日閲覧。
  3. ^ 広澤克実 プロフィール”. 週刊ベースボールONLINE. 2018年5月1日閲覧。
  4. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  5. ^ https://be-power.jp/lecturer/829/
  6. ^ https://www.gaora.co.jp/baseball/1531900.analyst.php
  7. ^ この時にアメリカ代表チームだったシェーン・マックとは、後に巨人でチームメイトとなっている
  8. ^ 過去のドラフト 第20回(1984年)
  9. ^ 【11月19日】1984年(昭59) 竹田光訓は巨人?、広沢克己は西武?…希望通りにならなかった
  10. ^ プロ野球選手が陥る税金の罠 広澤克実氏は契約金消えた
  11. ^ 広澤克実が語る「忘れられない2試合」
  12. ^ 広沢克己 若きヤクルト大砲の“三振理論”?/プロ野球1980年代の名選手
  13. ^ 西武と戦って広澤克実が得た自信。「巨人も広島もたいしたことない」
  14. ^ 西武×ヤクルト “伝説”となった日本シリーズの記憶(28)
  15. ^ 常勝西武vs野村ID「1993年ヤクルト日本一」を語ろう あの奇襲はすごかった!
  16. ^ 「そんなものに負けてたまるか」西武の石毛宏典はID野球に反発した
  17. ^ 西武と戦って広澤克実が得た自信。「巨人も広島もたいしたことない」
  18. ^ 高年俸いつまで…プロ野球、危うい"楽観体質"
  19. ^ FAは失敗が9割 行使後にキャリアハイ達成は86分の7
  20. ^ [1]
  21. ^ https://www.asagei.com/excerpt/101272
  22. ^ プロ野球失敗学 巨人のFA移籍に特有な困難とは
  23. ^ 5年25億円契約「丸佳浩」に“2つの不安”、かつて巨人にFA移籍した広澤克実氏が指摘
  24. ^ 2014年3月29日スポーツニッポン11版「広澤克実の我が道29」より
  25. ^ 【プロ野球仰天伝説118】お立ち台で宣言どおり『六甲おろし』を歌った広澤克実【爆笑&小ネタスペシャル】”. 週刊ベースボールONLINE. 2018年5月1日閲覧。
  26. ^ 【2月19日】2000年(平12)  広沢、新天地で復活誓う右翼への連続アーチ
  27. ^ “広沢氏「子供たちに夢を」=カンボジアコーチ就任を発表-野球”. 時事通信. (2011年11月28日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2011112800706 [リンク切れ]
  28. ^ “広澤克実氏がカンボジア代表コーチ就任「五輪で野球復活を」”. スポーツニッポン. (2011年11月29日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/11/29/kiji/K20111129002133040.html 2013年8月23日閲覧。 
  29. ^ http://news.livedoor.com/article/detail/9684661/
  30. ^ https://datazoo.jp/tv/%E7%88%86%E5%A0%B1%EF%BC%81THE+%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%BC/822503
  31. ^ 広澤克実:株式会社ビッグベン
  32. ^ 広澤克実:ジャパンスポーツマーケティング
  33. ^ 野球選手のサングラスの効果は? 広澤克実氏、プロ選手に取材「打つ時だけしないと周りがまぶしい」” (日本語). AbemaTIMES (2019年5月27日). 2019年6月1日閲覧。
  34. ^ 月刊タイガース2000年5月号45p

関連項目[編集]