広瀬佳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

広瀬 佳一 (ひろせ よしかず、1960年 - )は、日本国際政治学者防衛大学校人文社会科学群教授。専門は国際政治史、ヨーロッパ安全保障論。

筑波大学、同大学院社会科学研究科で学び、1989年法学博士の学位を取得。在オーストリア日本大使館専門調査員山梨学院大学法学部講師を経て、2004年から現職。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ポーランドをめぐる政治力学――冷戦への序章1939-1945』(勁草書房, 1993年)
  • 『ヨーロッパ分断1943――大国の思惑、小国の構想』(中央公論社[中公新書], 1994年)

編著[編集]

  • 『ヨーロッパ変革の国際関係――「冷たい平和」への危機』(勁草書房, 1995年)
  • 『ウィーン・オーストリアを知るための50章』(明石書店, 2002年)

共著[編集]

共編著[編集]

  • 松岡完竹中佳彦)『冷戦史――その起源・展開・終焉と日本』(同文舘出版, 2003年)
  • 小笠原高雪・上杉勇司)『ユーラシアの紛争と平和』(明石書店, 2008年)
  • 宮坂直史)『対テロ国際協力の構図――多国間連携の成果と課題』(ミネルヴァ書房. 2010年)
  • (今井顕)『ウィーン・オーストリアを知るための57章』(明石書店, 2011年)
  • 『冷戦後のNATO――“ハイブリッド”同盟への挑戦』、広瀬佳一・吉崎知典編、ミネルヴァ書房、2012年

訳書[編集]