広瀬咲楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
広瀬 咲楽
生誕 (1997-12-30) 1997年12月30日(23歳)
出身地 日本の旗 日本 宮城県の旗宮城県
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
作詞家作曲家
担当楽器 ボーカル
アコースティックギター
ドラムスカホン
活動期間 2012年 -
公式サイト 広瀬咲楽official
著名使用楽器
フェンダーSONORAN SCE V2 LPB
ヤイリギターK.Yairi K13-JY Custom

広瀬 咲楽(ひろせ さら、Sala Hirose1997年12月30日[1] - )は、日本女性シンガーソングライター

宮城県出身。劇団ハーベストの元メンバー。TOHOKU Roots Project所属。

来歴[編集]

2012年ソニー・ミュージックアーティスツ主催の女優発掘オーディション「アクトレース」から選抜されたグループ「劇団ハーベスト」に参加。

2015年、作曲を始める[2]

2017年1月、 1stシングル『明日の君とシャララララ』発売。

2017年3月、演劇と音楽を融合させた劇団ハーベスト 第11回公演『杜町ペッパージャム』のプロデュースと劇中曲を担当[3]

2019年2月、7年間在籍した劇団ハーベストを退団[4]

2019年5月、インターネットラジオRadiotalkにて自身がパーソナリティを務める『宮城の虜にしちゃうわよラジオ』配信開始[5]

2019年8月、CD制作と初ワンマンライブ開催に向けたクラウドファンディングを実施[6]

2019年12月、1stアルバム『輝き』発売。及び1stワンマンライブ『初ワンマンライブでも来てくれないつもり?』開催。

人物[編集]

ディスコグラフィー[編集]

以下、作詞・作曲:広瀬咲楽[注 1]

シングル[編集]

発売日 タイトル 品番 収録曲 備考
1 2017年1月14日 明日の君とシャラララ SLRL-90117 生産枚数限定[注 2](現在は販売終了)


アルバム[編集]

発売日 タイトル 品番 収録曲 備考
1 2019年12月16日 輝き SALA-0001 4曲入りのミニアルバム[注 3]


企画盤[編集]

発売日 タイトル 収録曲 備考
2017年9月15日 岩崎健一郎1stアルバム
『GOLDEN BLEND』
鍵盤奏者 岩崎健一郎のソロアルバム[注 4]
2018年3月11日 TOHOKU Roots Project
音楽の時間『道の途中』
「TOHOKU Roots Project音楽の時間(広瀬咲楽×立石一海)」
から誕生したアルバム


楽曲提供[編集]

以下、作詞・作曲:広瀬咲楽[注 5]

舞台[編集]

  • 劇団ハーベスト 第7回公演『明日の君とシャラララ』
    • 「桜の花に」「明日の君とシャラララ」
  • 劇団ハーベスト 第8回公演『MIRACLE8』
    • 「ピース」
  • 劇団ハーベスト 第9回公演『起死回生スウィングバイ』
    • 「輝き」「ブルーを放て」
  • 劇団ハーベスト 第10回公演『真っ向ガール』
    • 「一花繚乱真向乙女」
  • 劇団ハーベスト 第11回公演『杜町ペッパージャム』
    • 「ペッパージャム」「サイルイウ」「水仙」「大正タイタニック」「エレキギター」「ブラックチェリィアールグレイ」
  • 劇団ハーベスト 第13回公演『明日の君とシャラララ【再演】』
    • 「振り向けば青い春」
  • 劇団ハーベスト 第14回公演『DOLL』
    • 「今日も、スナップムーン」
  • 劇団ハーベスト 第15回公演『肉体改造倶楽部』
    • 「赤裸々」
  • TOHOKU Roots Project『イーハトーブの途中』
    • 「ながいながい宇宙(そら)の旅」「おさかなダンスホール」「ほのあかり」「三毛のあの娘とひげのあの人」「煌々」「遊覧電車」「ブルーを放て」「Reborn,one step at a time」(作詞)「オールライト」(作詞)
  • TOHOKU Roots Project『煙が目にしみる』主題歌「会いたい気持ちは」
  • TOHOKU Roots Project『十年後のミラーボール』主題歌「321」
  • 劇団レトロノート『黄昏バックオーライ』
    • 「煌々」
  • 劇団レトロノート『真新しい夜の下』[8] - 主題歌
    • 「も一度moonlight」
  • ぺてかん『スプリング、ハズ、カムTHE STAGE』
    • 「春愁」
  • 劇団時間制作『白紙の目次』 - 主題歌
    • 「明日の君とシャラララ」

アーティスト[編集]

  • KAREN[注 6]
    • シングル「wireless」(作詞・作曲を担当)
  • 日向坂46宮田愛萌個人PV「私たちの未来」(作曲・ギター・chorus・歌唱指導)

ライブ[編集]

  • 『モザイクの向こう側Vol.3』(2016年9月22日、下北沢MOSAiC) - 「Salario - 広瀬咲楽・橋詰遼()・岡本啓佑(黒猫チェルシー)」として出演
  • 『たちばな哲也 50歳記念 "Half Of Century"~STRANGE CIRCUS 3~』(2016年11月18日、下北沢CLUB251)
  • 平松愛理 produce『1.17 KOBE MEETING 2017 with ネスカフェアンバサダー』(2017年1月17日、ジーベックホール)
  • 『東北風土マラソン2018』ゲストステージ(2018年3月25日、長沼フートピア公園)
  • 森本×相澤瞬 presents『歌謡曲をもっと知ろう』(2018年6月25日、下北沢MOSAiC) - 「広瀬咲楽+橋詰遼(蜜)」として出演
  • 広瀬咲楽 presents『YOUR BEST X'MAS LIVE!!』(2018年12月25日、下北沢MOSAiC)
  • 音楽の時間KIDS『おんがくであそぼう』(2019年3月24日、女川復幸祭キッズエリア/3月27日、大船渡リアスホール/3月28日、山田町)
  • 山本あかり presents『Live with PV』(2019年5月31日、新宿HEAD POWER)
  • 『みたか商工会祭り』(2019年7月14日、三鷹市役所)
  • 1stワンマンライブ『初ワンマンライブでも来てくれないつもり?』[9](2019年12月22日、下北沢BREATH)
  • Melody Line応援企画 ツーマン無観客ライブ(2020年8月22日) - ツイキャスにて有料配信

他多数

出演[編集]

舞台[編集]

  • TOHOKU Roots Project vol.1『想稿・銀河鉄道の夜』[10](2016年3月6日 - 13日、あうるすぽっと/3月20日、いわきアリオス中劇場/3月24日、南相馬市民文化会館ゆめはっと/3月27日、東松島コミュニティーセンター/4月1日、仙台イズミティ21小ホール/4月3日、盛岡劇場)
  • RITROVO2 ピアノ朗読劇『セロ弾きのゴーシュ』(2016年6月10日 - 12日、赤坂区民ホール)
  • 劇団レトロノート『黄昏バックオーライ』[11](2016年10月5日 - 10日、中野ザ・ポケット)
  • RITROVO poco2『はじまりの星の音2』(2017年1月21日・25日、阿佐ヶ谷 Next Sunday)
  • RITROVO3 ピアノ朗読劇『霧のむこうの不思議なまち』(2017年7月7日 - 9日、赤坂区民ホール) - 主演
  • TOHOKU Roots Project 音楽の時間vol.1『イーハトーヴの途中』[12](2017年7月21日 - 22日、cafe Mozart Atelier/7月23日、女川町まちなか交流館ホール/10月28日 - 29日、阿佐ヶ谷 Next Sunday) - 主演
  • ペテカンvol.40『スプリング、ハズ、カム THE STAGE』[13](2017年10月13日 - 22日、浅草九劇)
  • TOHOKU Roots Project vol.2『星の祭に吹く風』[14](2018年3月17日、郡山市民文化センター中ホール/3月21日、南相馬ゆめはっと大ホール/3月24日、登米祝祭劇場大ホール/3月26日、イズミティ21小ホール/3月29日、一関文化センター中ホール/3月31日、大船渡市民文化会館リアスホール/4月4日~10日、東池袋あうるすぽっと)
  • TOHOKU Roots Project 音楽の時間vol.2『イーハトーヴの途中(再演)』[15](2018年8月24日・26日、cafe Mozart Atelier/8月25日、女川町まちなか交流館ホール/8月30日、ヒガシ・デ・アエル/9月6日 - 9日、下北沢アレイホール) - 主演
  • ロデオ★座★ヘヴン『幻書奇譚』[16](2018年9月28日 - 10月8日、新宿眼科画廊)
  • TOHOKU Roots Project 音楽の時間『イーハトーヴの途中2020~home~』(2020年9月22日 、ルフラン/ 9月28日 - 29日、四谷天窓Comfort) - 無観客有料配信公演

ナレーション[編集]

テレビ[編集]

  • 『シャキーン!』(2015年1月20日、NHK Eテレ) - コーナー「忘れてください」
  • 『とおのタイム』(2018年3月23日、遠野テレビ)
  • 『おはよう東北』(2018年4月2日、NHK) - コーナー「演劇通して故郷を思う」

ラジオ[編集]

【レギュラー】

  • 『宮城の虜にしちゃうわよラジオ』(2019年5月1日 - 、Radiotalk

【ゲスト】

  • 『すっぴん!』(2015年1月20日、NHK)
  • 『HOPE for MIYAGI』『Morning Brush』(2015年1月20日、Date FM
  • 『なとらじWIDE』(2015年1月20日、なとらじ)
  • 『ほっとすてーしょん』(2015年1月20日、エフエムたいはく
  • 『復興へ!午後もやっぱり764』(2018年8月10日、ラジオ石巻)
  • 『name.の洋楽島(アイランド)』(2019年7月27日、かわさきFM
  • 『ミドラン』(2019年12月16日、K-mix

他多数

CM[編集]

MV[編集]

デジタル写真集[編集]

  • 『PROTO STAR 広瀬咲楽 vol.1』(2016年8月19日、JUPIMAR)
  • 小岩井ハナ×広瀬咲楽デジタル写真集『胸の中で鳴って、いつまでも止まない』(2020年2月) - 1stワンマンライブを撮り下ろしたデジタル写真集

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 記載のある曲を除く
  2. ^ 2017年1月14日開催「1.17 KOBE MEETING 2017」より販売開始
  3. ^ 制作に伴い2019年8月からクラウドファンディングが実施された
  4. ^ ゲスト参加
  5. ^ 記載のある曲を除く
  6. ^ 実姉

出典[編集]

  1. ^ 公式サイト (2020年6月3日閲覧)
  2. ^ 公式サイト (2020年6月3日閲覧)
  3. ^ 杜町とかペッパージャムとか(2020年6月3日閲覧)
  4. ^ 劇団員 広瀬咲楽から皆さまへ(2020年6月3日閲覧)
  5. ^ 広瀬咲楽『宮城の虜にしちゃうわよラジオ』(2020年6月3日閲覧)
  6. ^ 広瀬咲楽 CD制作+レコ発ワンマンライブがしたい!(2020年6月3日閲覧)
  7. ^ 公式サイト (2020年6月3日閲覧)
  8. ^ 『真新しい夜の下』(2020年6月3日閲覧)
  9. ^ 下北沢BREATH『初ワンマンライブでも来てくれないつもり?』(2020年6月3日閲覧)
  10. ^ 『想稿・銀河鉄道の夜』(2020年6月3日閲覧)
  11. ^ 『黄昏バックオーライ』(2020年6月3日閲覧)
  12. ^ 『イーハトーヴの途中』(2020年6月3日閲覧)
  13. ^ 『スプリング、ハズ、カム THE STAGE』(2020年6月3日閲覧)
  14. ^ 『星の祭に吹く風』(2020年6月3日閲覧)
  15. ^ 『イーハトーヴの途中(再演)』(2020年6月3日閲覧)
  16. ^ 『幻書奇譚』(2020年6月3日閲覧)
  17. ^ NHKオーディオドラマ(2020年6月3日閲覧)